その他

2016年12月10日 (土)

最近のコメントの掲載

最近の、私の2つのコメントは、重要なものと思うので、ここに再び掲げておきます。

○記事『ブログ記事の更新とコメントについて』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-22cd.html)より

門真の事件等、犯罪の背後に統合失調症が絡むとみられることが多いが、実際には、病気だから、あるいは幻聴等の影響によって、そのような行動を起こすのではなく、それにはそれ相応の理由があることについて述べたもの。

前のコメントで、「幻聴をもつから、犯罪的または逸脱的な行動を起こすのではなく、そのようなことになるには、様々な内的、外的な要素が絡み合う」と述べました。が、そのような行動をもたらす、強力な外的要素を2つあげておきます。いずれも、動機そのものは、もともとの統合失調状況によって生まれたかもしれないが、それを実行するについての抑制を外してしまう方向に作用するものです。

1つは、強力な「憑依」を受けた場合。継続的というより、一時的な場合が多いでしょうが、その瞬間、意識を眠らされるので、抑制が利かないことが起こります。周りには、人格が豹変したような印象を与えます。本人も、その間の記憶がないことが多いはずです。その行動は本人のものではないともいえますが、動機そのものは、本人がもったはずで、また、そのような憑依を呼び寄せるのは、本人の側に事由もあるので、責任がないとはいえないはずです。

2つは、精神薬によって、脳が酷く撹乱された場合。精神薬は、麻薬、覚醒剤と同様、脳の働きを撹乱し、抑制を外して、危険な行動を起こさせることがあります。最近の、危険ドラッグ絡みの事件にもみられたとおりです。この場合にも、動機そのものは、本人がもった可能性がありますが、実行するについては、精神薬による影響が強く働いた可能性があります。また、その強力な作用により、「心神喪失」に陥るということもあるでしょう。本人が、「病気」によって、「心神喪失」に陥ったのではなく、精神薬によって、「心神喪失」に陥らされたということです。

しかし、こういった行動は、一般に、「病気」そのものから起こされるとみなされて、疑われないのが問題です。「統合失調」そのものに、そのようなイメージがつきまとっているからです。統合失調者の行為が、「心神喪失」にあるということで、責任が問われないのも、そのような「危険な者」を、いわば犯罪者からすら隔離して、病院に収容するためです。そのような処置は、統合失調者は、人格がなく(崩壊していて)、何をするか分からないというイメージを、強めることになるだけです。

さらに、精神薬が厄介なのは、アルコールの場合と同様、1つ目の「憑依」をもたらす契機ともなることです。両者の影響が加重することになるのです。そして、この場合にも、そのような結果として起こったことは、「病気」によるものとみなされてしまうことになります。

このテーマについては、またいずれ、プログ記事か、ホームぺージにまとめるときに、もっと詳しくとりあげたいと思います。

○『「ふと見た」瞬間に遭遇する現象』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-4588.html)より

「集団ストーカー」について、まとめを兼ねて、本質をついた標語3部作を作ったので、掲げておきます。

1 「集団で 仄めかしする ストーカー 無理でなくとも 無意味です」
2 「集団で 仄めかしする ストーカー あるとみせれば しめたもの」
3 「集団で 仄めかしする ストーカー オバケの類で 演出し」

これは、『「集団ストーカー」という厄介な問題』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-9e9f.html)以降の「集団ストーカー」に関する記事を読んでもらえば、真をついたものであることが、分かるはずのものなので、あえて解説はしていません。で、是非そうしてほしいのですが、3部作にしたこと、その順序にも理由があることには、簡単な説明をつけておいた方がいいでしょう。

1では、「集団ストーカーの被害者」と称する人たちが主張するような、特定の者の、「一挙手一投足」を徹底的に監視し、執拗なまでに「つきまとう」ような、「集団ストーカー」なるものは、人間の集団や組織による行いとしては、「あり得ない」ことを端的に示しています。「無理でなくとも」とは、実際には、「無理に限りなく近いが、たとえ無理とまではいえなくとも」ぐらいのニュアンスです。「無意味」である以前に、ほとんど「無理」なのです。何しろ、「人間による行為としては、あり得ない」のです。

しかし、2では、にも拘わらず、人間の集団や組織による、「集団ストーカー」なる行為があると思わせたい、一定の勢力があることを示しています。その勢力には、人間の支配層も含むが、人間を実質支配する存在も含みます。それによって、実際に、一定の人たちが、人間の集団による「集団ストーカー」を受けていると信じて、恐怖と混乱に陥ることになるからです。また、それがもとで、人と人の間に軋轢と確執を深めることができるからです。

しかし、「集団ストーカー」の「リアリティ」とは、単に、上のようなことだけで生じているわけではありません。「集団ストーカー」とは、自分に起こっていることに対する、一つの「解釈」ですが、その解釈にリアリティをもたせるような、「感覚」というものは、実際に生じているのです。

3では、そのような感覚は、人間ではなく、「オバケの類」が「演出」していることを明らかにしています。「オバケの類」という言い方は、多少、それに振り回されることの「滑稽さ」を強調していう狙いもありますが、要するに、低級な「自然霊」のことであり、昔「狐や狸に化かされる」といわれたときの「狐」や「狸」と同じことです。ただし、現代的には「宇宙人」も含みます。決して、侮れる存在ということではありません。

「演出」の方法は、多くありますが、要するに、それらの存在から、何らかの「示唆」や「攻撃」は実際に受けており、その何か攻撃めいたことを「受けている」という「感覚」は実際にあるということです。それが、「被害」を受けていること全般の基礎として作用しますが、問題は、それを人間の行動と「解釈」して、少しも疑わないことです。(人間を「使う」場合もありますが、その場合でも、背後で演出しているのは、やはりそれらの存在です。)

昔の人は、「狐や狸に化かされた」と気づいて、それ以上深みにハマらなかったのは、一種の「知恵」でした。現代人は、これらのことを「迷信」として捨て去ったつもりで、実際には、それにいいように振り回されるほど、「滑稽」なことになってしまったのです。

2015年9月 5日 (土)

二つのちょっとした出来事

1  「虐待をみかけたら、児童相談所へ。電話番号は、189(いち早く)」というポスターをみかけた。が、これってよくみたら、背後に医薬業界の姿があからさまに見えてませんか。

189(イ・ヤ・ク=医薬)…ですから!  (※)

「捕食者」またはその息のかかった組織のやり方として、お得意の「自己顕示を示唆的にも紛れ込ませずにはいられない症候群」が、とうとうここにも表れ始めた?

2  前のときは、バツ印一つだった(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-35eb.html )が、今度は同じ場所に、二重のバツ印が…。

103351

これは二重のダメ出し?

ちなみに、私は、バツ1でも、バツ2でもありません。

※ 9月10日  

あと、189 = 1+8+9 = 18 = 666 (6+6+6) なんて、カパラ的遊びもできますが…。

2015年2月28日 (土)

3度のメシ

どうでもよいことですが、また、サンドウィッチマンにやってほしい「ネタ」が浮かんだので、披露しておきます。

タイトルは、 「3度のメシ」

伊達  「それにしても良く食うなあ。お前」
冨澤  「そうですか? 実は私、3度のエッチよりメシが好きなもので…」

伊達  「なんだよ、それ! 普通逆だろ。それに、なに、3度のエッチが標準みたいになってんだよ。」
冨澤  「いや。私、メシは3度とは限らないんですよ」

伊達  「それじゃ、エッチは3度と限るみたいだろ」
冨澤  「最近は、メシが3度じゃない人も増えてますよ」

伊達  「それは、健康のこと考えて減らしてんだよ。お前は、どうみても3度より増えてるだろう」
冨澤  「いやあ。分かりますか? でも、エッチは本当に3度ですよ。」

伊達  「知らねえよ! ていうか、どんだけ標準なんだよ、それ」
冨澤  「誰が決めたかは、私も知りませんけどね」

伊達  「お前以外いねえだろ! 誰も、決めてねえんだよ。そんなの」

おあとは…、よろしいですか?
「3度のメシ」というのも、こんな感じで決まったのかもしれないですね。

2014年8月 7日 (木)

内海医師の「アホ」論 

内海医師の、このブログの記事(http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-324.html)は、傑作でした。これだけ、「アホ」連発してウケるのは、アホの坂田以来のことではないでしょうか♪もちろん、面白いだけでなくて、ちゃんと、一級の「アホ」論になっています。

私も、「フーミン」は嫌いではないですが、「グーミン」は嫌いだし、「ユーミン」もあまり好きではありません。フーミンのバスロマンのCMはよくても、あの色はあまりに毒々しいと思っています。そんなこんな(?)で、「自分はアホではない」と思っている「アホ」は嫌いですが、「同じアホなら踊らにゃそんそん」的なノリで踊っちゃう人は、憎めません。

統合失調状況というのは、「愚かさの集大成」であるということを、かつて私は述べました。それはこれ以上ないというほど、人間が「アホ」になる状況ということです。むしろ、追い詰められて、本性の「アホさ加減」が、いやというほど出てしまう状況ともいえます。それは、単なる「アホ」というより、「ドアホウ」と言ってもよく、普通の「アホ」には、とても理解できない、輪をかけた「アホさ加減」です。

この「ドアホウ」には、内海医師のいう「大アホ」にみるような、反転した意味合いは、ほとんどなく、本当にただの「ドアホウ」なのです。が、もし、その「ドアホウ」が、その「底」から、「くぐり抜け」られた場合には、それは「大アホ」へと、さらには「大大アホ」へと反転し得るような、要素は秘めていますやはり、「アホ」は「死ななきゃ治らない」のです。

しかし、人は、統合失調状況にまでいたらなければ、「アホ」にならないのでは、決してありません。それは、現に多くの人が、証明してくれています。「アホではない」と思っている「アホ」が多い状況では、人びとのあいさつは、こうするのがいいでしょう。「あんたかてアホやろ、うちかてアホや、ほなさいなら !」

※もちろん、分かる人には分かると思うが、自分自身の「アホ」さ加減と、総体としての人間の「アホさ」加減を肌身にしみて理解していないと、「変わる」などということはあり得ないということです。

統合失調状況は、この「アホさ」加減をいやというほど思い知るいい機会ですが、必ずしも、誰もが通らなければならないということではありません。それは、気質にもよりますので。しかし、何かしら、類似の状況を通らずして、本当に「アホさ」加減を知るということもまた、あり得ないことのばすです。ある意味で、統合失調状況こそ、「アホにとっての最後の希望」とも言えるわけです。

2013年7月19日 (金)

もう一句

「人は死なない」などと言うが、

「私」はもちろん死ねるし、「自己」も死ぬ。

「魂」だって、死ねる。

本当に死なないのは、「空なるもの」

すなわち「虚無」だけ。

2013年7月14日 (日)

「ちょっと一句」的な話

「心の病に薬はいらない」 ←そのとおり、まちがいない。
                    しかし、薬を飲んでしまったら、

「薬の病に心はいる」     ←その「薬の病」は、やはり「心」でなおすしかない。

「病の薬に心はない」      ←結局、これが結論。

2010年8月11日 (水)

「ルシファー的」な「中国」

これは、実際に中国(北京)に行ってみて、「分かった」のだが、私の「魂のルーツ」の一つは、中国にあるようだ。実際に行ってみるまでは、そんなことを意識したこともなかったが、今や、非常に強い実感として、意識される。

子供の頃、ラジオなどを聞いて中国語に興味を持ったり、その後、老荘や禅などの思想面で興味を持ったことはあったが、現代中国のイメージが悪過ぎて、それ以上に中国に興味をもつことはなかった。しかし、5年ほど前、ひょんなことから、実際に中国に旅行することになったのだが、飛行機に乗って北京空港に降り立った瞬間、いきなり、ちょっと傲慢に言えば、「ここは自分の庭だ」ぐらいの「確信」めいた感覚が、襲って来たのである。

その後も、初めての海外旅行ということでテンションが上がっていたこともあるが、いろいろと思いがけずも、楽しいことが多く、予想に反して、見ること聞くことが、何かと自分との「親しさ」を感じることの連続となった。ツアーという限られた行動範囲だったが、「縁」があることが、はっきりするような出会いもいくらかあった。「霊的」なレベルの感覚も、しばらくぶりに活性化していたようで、通常はなかなか知れないことも、そのレベルで、いろいろと、「知る」こともできた。(「リアルタイム」で分かるというよりも、後で「思い出し」て分かることが多かったが)それで、ほんの一回の、ただの観光旅行に過ぎないながらも、私的には、中国や中国人について、かなり「突っ込んだ」理解を得ることができたという思いがある。

ともあれ、初めに感じたのは、同じ東アジアの隣国でありながら、こんなにも日本人と違うのかという、純粋な驚きだった。実際、面白いほど、「日本人」とは、「対照的」なところが多いのである。中国人は、一人一人が、個性的で、個人主義的である。魅力のある人が多いし、また、自己表現、アピール力にも優れている。特に、女性は、どこに行っても、一人は、はっと目を見張るような人に出会う。(容姿自体が、個性的というのもある)

また、人々が、せかせかせず、「自然」で、「落ち着いた」態度をしている。店の店員などもそうで、日本のように、ていねいでもなく、客に媚びてもいないが、このような自然で落着いた態度は、むしろ、こちらも、落ち着いていられるので、私などは、有り難い。(逆に、困惑する人も多いようだが)

私は、改めて、「タオ」(道)の感覚が自然と身についているのだな、などと思った。もちろん、現代においては、そのようなものが、意識して伝わっている訳ではないにしても、なんとなく、伝統的、文化的に、身についてしまう部分があると思われるのだ。あるいは、それは、長い歴史の中で、何度も王朝の転覆を経験してきた国の、「国破れて 山河あり」といった、悠然たる感覚なのでもあろう。まあ、これは、あくまで、日本との比較のうえで感じたことである。逆に、日本という、狭いところに、多くの人がひしめき合っていて、異常に発達した文明が行き渡っている、今のような状況の中には、あるはずもないものだ。(もっとも、中国も、徐々に、そのような方向に変わって来ているのは疑いないが)

しかし、このように個人主義的な分、互いの「自己主張」は激しい。道などで、自転車や車が鉢合わせても、日本なら、さっと引き下がったり、譲り合ったりするところを、必ず、「言い合い」がある。バスが、狭い路地を通り抜ける寸前に車に鉢合わせて、当然、車が「あっ、いけね」と下がるのかと思ったら、何か言ってきて、バスの運転手もそれを予期していたようで、言い返して、やっとその車が引き下がるということもあった。これには、さすがに驚いたが、まあ、一応、結果として、「道理」からして引き下がる方が引き下がるということに落ち着くのではあろう。それにしても、「自己主張」しない限り、どんな「道理」も通りそうにないというのは、いかにも、面倒なことだ。(私は、北京に住めたらいいなあ、などとも思ったのだが、「おとなしい」私には、こればかりは、ちょっときつそうだ)

社会主義体制というのは、全体主義的、集団主義的なイメージが強いので、私は、まさにそのようなイメージを持っていたのだが、この、はっきりとした、個人主義的なあり様には、本当に驚かされた。むしろ、個々人があまりに個人主義的なので、このような強力な「抑制」原理でもないと、とても国全体としてまとまることはできないのではないか、と思わせたほどだ。かつては、強力な王朝の権力が、そのような役目を果たしたのだろうが、それに変わるものとして、「社会主義」は機能しているようなのだ。と言っても、今は、それも思いきり緩んでいるので、そのような、抑制の利かない、個人主義的な欲望や主張が、歯止めもなく現れてくることの方が、危惧される状況とも言える。

何しろ、中国人の、こういった面は、私にも、「引く」ところも多かったが、基本的に、好ましく、自分にも「近しい」と思われた。行く前の「イメージ」が悪かった分、それが覆って、余計、その思いが強くなったのもある。しかし、そのような「親近感」は、本当に「魂のレベル」からの感覚であるのが、自分でも分かる。向こうでは、しばらくぶりに、「故郷」に帰ってきたという、「郷愁」のような感覚も、感じていた。

まあ、個人的な感情はおくとして、中国のこのような特徴を、私風に一言で言えば、「ルシファー」的なのだといえる。それに対して、前に、「日本は現代でも有数の<捕食者>的な社会を築き上げた」と言ったが、日本は、「アーリマン」的なのだといえる。(「ルシファー」的と「アーリマン」的の対比は、前に主題として取り上げたことがあるので、参照して下さい。http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=503535&log=200611)このように、隣国でありながら、全く「真逆」であるのは、 驚くと同時に、面白いことでもある。特に、上にみたように、「個人主義的」と「集団主義的」の違いは、本当に、際立っている。

近くにありながら、この「違い」が、お互いに、「誤解」したり、「嫌悪」感を持ったりすることの、大きな原因であることは、明らかと思う。日本人は、中国人を、信用できなく思い、マナーや礼儀を知らないかのように思ったりするが、中国人は、むしろ、個々の日本人をよく分からず、信用できないと思う。そして、集団になったら、何をしでかすか分からない、恐ろしい人達という潜在的恐怖を抱いている。

互いの違いを、「悪く」みれば、そのとおりで、それはこの先も、そう簡単には、解消されることはないだろう。しかし、シュタイナーも、「ルシファー」的なものと「アーリマン」的なものの「均衡」こそが、とりあえず「自己」の「進化」、「成長」であるとみているが、日本と中国で、こんなに近くに、互いの逆の面を、補い合える関係があるというのは、むしろ、望ましいことだ。互いに、逆の面を、「いい面」として、捉えることができて、学ぶこと、成長につなげることができれば、日本と中国は、世界でも、「最強」、「最善」の隣国同士となることができると思うのだが、どうだろうか。

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ