« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月22日 (土)

オミクロン株は低年令層と圧倒的感染者数の増加狙い

記事『衆院選とコロナの今後』で見込んでいたとおり、新型コロナの感染者数が、日々飛躍的に増加する状況になって来た。

オミクロン株は、感染力は強力だが、重症化する割合が低いとされ、無症状の者も多いとされる。また、感染者は、低年令層の若者や子供に多いのが特徴とされる。

デルタ株が、重症化率が高く、それまでの高齢者や持病のある者以外にも、その脅威を広めたことと比べると、かなり弱小な感はある。

しかし、オミクロン株の狙いは、これまであまり脅威の対象とできなかった、低年令層と、感染者の全体に占める割合を飛躍的に高めること(圧倒的な感染者数)にあると思われるのだ。

これらを達するためには、対象のかなり絞られる、重症化することよりも、症状はどうあれ、とにかく「感染者」を広めることが必要である。そのためには、あまり特定の症状に限定せず、無症状の者を含めて、広く感染の疑いを持たせることが必要だ。そして、広く検査を受けることを促し、検査数を大幅に増やすことが前提となる。

日本では、衆院選前に、一旦、検査数は相当減らされたので、その分を穴埋めしなければならないし、この方法は特に効果を発揮する。

コロナについては、重症化すると結構怖いということ、若者にも広く感染するということは、デルタ株で十分示せたので、重症化しにくいとされるオミクロン株にも、そのような潜在的な脅威は十分与えられるのだ。

ワクチンとの関係でも、オミクロン株のこのような性質には、意味がある

もし、オミクロン株がデルタ株以上に、症状的にも強力だった場合、もはやワクチンの意義は崩壊するだろう。ワクチンを打っても、そのような強力な株に感染するというのなら、ワクチンには何の意味もないのが明らかだからだ。

ところが、重症化しにくいオミクロン株なら、感染という点はともかく、ワクチンで重症化は抑えられるという点は、何とかみかけ上維持し得る。

そもそも、新型コロナ騒動を長い間継続し、ワクチンを何度も打たせようとする場合、ワクチンで感染症が防げるという「神話」が、ある程度崩れることは見込まざるを得ない。ワクチンの効果が強力にあって、一回のワクチン接種で感染症が収まるとするなら、コロナ騒動を長引かせることなど到底できない。

だから、「ワクチン神話」はある程度犠牲にしつつも、ワクチンの効果に頼らざるを得ないという程度には、ワクチンの効果を残存させつつ、巧みに騒動を長引かせているのだ。つまり。ワクチンを生かしつつ、騒動を長引かせるには、今回のオミクロン株のようなものである必然性があるということである。

実際、日本政府は、ワクチンの三回目接種ばかりか、ファイザー製のワクチンを511才の子供へ接種することをも承認した。ワクチンの効果を認め、半強制的な接種を促すことは、少しも緩めようとしていないのだ。

一方、日本政府は、ワクチン二回接種の者にも感染が相次いでいるとして、ワクチン接種証明、陰性証明による制限緩和の措置は当面停止した。ただ、全員の陰性証明提出で、5人以上の会食を認めることは継続するという。ワクチンの効果をある程度犠牲にしてまで、陰性証明の方を重視する構えなのだ。

つまりは、現在は、検査を増やす=感染者を増やす方向を強く後押ししているということである。これには、衆院選の時期、検査数を減らしていたことの、挽回の意味もあろうし、実際、支配層から強く促されているのに違いない()。そして、実際にも、特に若者が、検査に行列をなしている状況だという。

支配層は、衆院選の時期はともかく、総体として、日本の感染者数が世界に比べてかなり少ないことを快く思っておらず、今度のオミクロン株には、特にそのような日本を意識して感染者数を増大させることも、狙われているという気がする。

実際、今後飛躍的に感染者が増えていき、様々な混乱をもたらすだろうが、やはり症状的にたいしたことがなければ、それほど恐怖をもたらすということにはならないだろう。今回は、とりあえず、それをも見越して、感染者数を圧倒的に増やすことが優先されているのである。

しかし、このオミクロン株の次に来るものとなれば、話は別である。もはや新型コロナとは限らないが、より強力な症状をもたらす、新しい株またはウイルスが、既に用意されている可能性がある。他のウイルスなら当然だが、新しい株でも、ワクチン接種から相当な期間が過ぎたからということで、何とか言い分けが立つ。

もっとも、今年は、新年あけて早々、紛争関係、人工の関与した疑いもあるトンガ沖海底火山の噴火など、「なんでもやるよ」の宣言をされているごとくなので、感染症騒動に拘るわけではないようだが。

 

※ 述べ忘れていましたが、日本が衆院選前、検査数=感染者数を大幅に減らすことを許されたのは、ワクチンについては高い接種率を実現し、「優等生」だったからというのもあるでしょう。しかし、何の見返りもなく、そういうことがなされるわけもなく、そこには、一種の「取引」があったとみるべきです。つまり、政権を確保した衆院選後には、大幅に検査数=感染者数を増やすことと、支配層の言うことを聞くことが約束されていたはずなのです。

 

2022年1月 7日 (金)

ページビュー数ベスト5、新ブログの予定等

本年はじめの投稿になります。

本年も、一昨年、昨年の継続であるのは間違いなく、何が起こっても不思議でない年になるでしょう。コロナだけでなく、新しい感染症、自然、人工の異常気象、地震、地域的な紛争、あるいは本格的な戦争などです。宇宙、宇宙人関係でも、新たな展開があるかもしれません。

ただ、本年は、変化に向けたはっきりとした兆しも現れる、というより、本年にそれが現れないようだと、もはや変化の望みは薄く、このままの状況がずっと続くということになるのでしょう。

 

恒例の昨年度ページビュー数ベスト5をあげておきます。

『魂の体外旅行』-「ルーシュ」の生産  

「例外」としての「回復」の意味  

「妄想」に振り回されること  

バシャールのウイルスと免疫に関する言葉  

「神示」が語る「悪の仕組み」  

 

1は前年と変わりませんが、2,3,は統合失調症、精神医学関係の記事にも拘わらず、新しく上位に入ったものです。

検索サイトに、たまたまこの記事がのっているということもあるのかもしれませんが、いすれも、私的にも、重要な記事ではあります。

2は、現代の社会の中で精神医療の果たす役割を示した図をとりあげて、改めてそこで、「例外としての回復」ということが、どのような意味をもつかを明らかにしたものです。

精神医療は、「例外」として、確かに見かけ上患者を「回復」させて社会に復帰させる場合があります。しかし、それは「治療のシステム」という「見かけ」の生命線ではあるし、支配層の支配する社会から逸脱する者を、一応なりとも社会に順応するように引き戻したのだから、支配層の利益のためのシステムとして何の不都合もないということが趣意となります。

図の端的な分かり易さと相まって、「回復」ということの意味を逆説的に明らかにしたことが、大きかったと思います。

3は、私の体験を綴った一連の記事の一つで、それまでの流れが変わり、新たな展開の始まる重要な場面です。それは、それまで無意識下に聞いていた「幻聴」を意識し始めることになったということで、その「声」を意識することから、それをもとにさまざまな「妄想」も膨らみ、それに振り回されるようになったのです。

しかし、同時に、この幻聴が意識され始めたことにより、起こっていることが、少しずつでも「見え」始め、対処のとっかかりもできて来たということができます。

統合失調状況での「幻聴」の影響力の大きさと、「妄想」との関係という点からも、重要な記事です。

 

これまでにも、何度か触れて来たように、統合失調についての、端的で分かりやすいまとめ的な記事を書いておきたいと思っていました。本年は、シーサーブログの方で、新たなブログとして、これをしたいと思っています。

オカルトの関わることですし、短絡的にとられたくもないので、あまりに端的で分かり易い表現は望ましくない面もあるのですが、こちらのブログでは、ある程度そういうことも考慮して、様々な観点から丁寧に、総合的に述べていますので、そのような欠点も、こちらのブログと合わせて読むことで、補えると思います。

まず、冒頭に一つの質問を設定し、次にそれに対する端的な回答を示し、最後に簡単な解説を付するというスタイルを考えています。統合失調は、近代の発想では理解の難しい問題ですが、どこまで分かり易くできるか、チャレンジしたいと思います。

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

新設ページ

ブログパーツ

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントの投稿について

質問の募集について

無料ブログはココログ