« 「危ない」ところで鳴るサイレンと「精霊の声」 | トップページ | 「オープンダイアローグ」に関する2冊の本と展望 »

2021年7月20日 (火)

現代にみる「コロス」

前回、ギリシャ悲劇の起源は、「コロス」と呼ばれる合唱隊にあり、それは、大衆の集合的な情念や精霊の声など、「個的な人間」を超えた、混沌たる「ディオニソス的なもの」を現していることを明らかにしました。(「ディオニソス的なもの」は、理性や形象を象徴する「アポロン的なもの」に対置される原理)

この「コロス」的なものは、現代においても、前回みた、救急車両のサイレンの他にも、さまざまにみることができます

シェイクスピアの戯曲は、ギリシャ悲劇をモチーフにしたものでしょうから、当然とも言えますが、やはり、コロスやコロス的なものが出てきます。

『ヘンリー五世』では、説明役として、「コロス」が出てきますが、ギリシャ悲劇と違って、複数ではなく、1人であるところが、近代的な個の幕開けを反映していると言えます。

『ハムレット』では、暗殺された王が「亡霊」として出て来て、ハムレットに暗殺の真実を告げ、復讐を迫る重要な役をなしますが、この亡霊も「コロス的」です。ただ、「集合的な大衆」や「精霊の声」と異なり、具体的な個としての人間の亡霊であるところが、やはり、近代的な改変を受けていると感じさせます。

「コロス」は、「コーラス」の語源ともなっています。現代のグループの歌手やバンドの「コーラス」にも、やはり「コロス的なもの」がみられます。

内山田洋とクールファイブなど、昔懐かしい昭和のコーラスの、単純な「ワワワワ♪」なども、メインボーカルの歌を盛り上げ、あるいは同意を与える「コロス」とみれます。

最近のコーラスは、メインボーカルの歌を様々な形で補充したり、掛け合ったりして、より膨らみを与えていますが、やはり「コロス」的です。

記事『ブログを読むときのBGM 推奨曲』でとりあげた、人間椅子というバンドの「虚無の声」という曲(タイトル自体、既に「コロス」的ですが)では、ギターのボーカルに対して、ベースとドラムのコーラスで唱えられる「般若心経」が、まさに「コロス」そのものです。

これは、単にメインボーカルを補助するというよりも、こちらこそが、背後で真実を告げるものであり、精霊ではないですが、観自在菩薩が舎利子に説いたものであることも、その感を強めます。

宮澤賢治の詩や童話も、「コロス的なもの」に満ちているとみると、少しは分かり易くなるでしょう。

たとえば、詩集『春と修羅』の序では、「わたくしという現象は仮定された有機交流電灯のひとつの青い照明です(あらゆる透明な幽霊の複合体)」という風に、途中でカッコで補われている言葉が、「コロス」のような役をなしているとみれます。

あるいは、逆に、「わたくしという現象は仮定された有機交流電灯のひとつの青い照明です」が「コロス」の言葉で、カッコの中の言葉が、賢治がそれに対してつけた注釈という風にみた方がいい気もします。

「やなまし」という童話では、二匹の蟹の子供らのセリフ、「クラムボンはわらったよ」とか「クラムボンはかぷかぷわらったよ」などのセリフが「コロス」的です。

蟹の会話というところが、既に「コロス的」な設定なのですが、こういう「意味」のとりにくい、訳の分からないセリフは、まさに「精霊の声」の特徴なのです。「かぷかぷわらったよ」などという表現も「コロス」的です。()

その他、賢治の童話に出てくる、特徴的なオノマトペも、「コロス」的と言えます。

『注文の多い料理店』の序では、これらの物語は、賢治が、「虹や月明かりからもらってきた」のだと述べていますが、まさに、賢治は、「コロスの声」を現代に伝える役をなしていたように感じます。

そして、前回も触れましたが、統合失調の者の聴く「声」もまた、「コロスの声」そのものと言えます。それは、大衆の集合的情念を反映することもありますが、まさに「精霊の声」そのものなのです。だから、個を超えたもので、リアルであるとともに、人を強くひき込みます。

「個を超えたもの」を理解できず、怖れる人は、それを、この世的に、「組織的」とか「グルになっている」とか解釈して、妄想の世界に入り込んでしまうことにもなります。

そろそろ、人間も、この広大な世界ないし宇宙における、我々の設定した閉じられた世界の根底、または背後には、人間以外のさまざまな生命が満ちているという当然のことと、それを古代人は、「コロスの声」として聴いていたということに、改めて目覚めるべきときでしょう。

 

※ この物語も、「虹や月明かりからもらった」もので、賢治にも「よく分からない」ものだとしたら、「クラムボン」とは何かを問うのは野暮なことかもしれません。ただ、あえて私が考えるとすれば、これはやはり、他に出てくる、明確に表現されている生き物や物とは異なるものだからこそ、あえて「クラムボン」と表現されているのだと思います。つまり、川底に住む、蟹の子供らにははっきりと見えて、名前もついているが、人間には知られていない、「何らかの(精霊的)存在」なのだと思います。「笑ったり」「死んだり」するものですから、生きた存在です。しかし、蟹の子供らにとっても、理由は「分からない」、どこか距離のある存在です。

人間の小さな子供が、大人には見えないが、お互いに共通認識のある何者か見て、何かを言い合っているシーンを想像すると、それに近いものだと思います。

この「クラムボン」が、川底の世界の、幻想的でありつつ、生と死のはかない無常なあり様を象徴するものとして、初めに出てくるのですから、とても重要なものであることに違いありません。

« 「危ない」ところで鳴るサイレンと「精霊の声」 | トップページ | 「オープンダイアローグ」に関する2冊の本と展望 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「危ない」ところで鳴るサイレンと「精霊の声」 | トップページ | 「オープンダイアローグ」に関する2冊の本と展望 »

新設ページ

ブログパーツ

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントの投稿について

質問の募集について

無料ブログはココログ