« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月29日 (土)

「MIB」/「集スト」と「想念形態」

前に、記事『要は「非-人間的なもの」/「MIB」』及び『「MIB」のその後と「集団ストーカー」』で、「MIB」(黒服の男)と呼ばれる存在は、オリオン星人の物質化したもので、現在は、「集団ストーカー」的な仕掛けを行っている可能性があることを述べました。

また、記事『「ハイブリッド」と「集団ストーカー」』では、ネガティブな宇宙人と地球人のハイブリッドが、「集団ストーカー」的な仕掛けに利用されるという可能性について述べました。

これに関連して、最近読んだ『ラー文書』(ドン・エルキンズ他著 ナチュラルスピリット )というチャネリングものの本に、「黒服の男」について、興味深いことが述べられており、それに、より説得力を感じたので、これを紹介しつつ、「集団ストーカー」的な仕掛けについても、改めて考察してみたいと思います。

「ラー」という存在は、名前のとおり、地球の古代エジプト文明にも多くの影響を与えた、宇宙の集合意識体ですが、このチャネリングセッションはかなり古くて、1960年代から80年代のものです。

全体の内容は、他のチャネリングものと比較しても、十分頷ける内容であり、年代的に近いこともあってか、ジーナ・レイクのチャネルする存在とも近いものがあります。ただ、これも時代的な制約もあるのでしょうが、説明が、抽象的で、簡潔に過ぎるものも多くあります。

「黒服の男」ついても、簡明、簡潔に述べられているだけですが、次のように言われています。

「オリオンの活動家たちは、いわゆる彼らの命令を実行する二種類の存在を使っています。ひとつは想念形態的な存在で、もう一つはある種のロボットです。

「黒服の男」は想念形態タイプの存在ですが、実在するかのような性質をいくつか持ち合わせています。彼らには付与された特定の物質的特徴がありますが、彼らの本当の波動的性質の中に第三密度の波動的特徴はありません。それで彼らは必要に応じて物質化や非物質化ができるのです。」

「黒服の男」は、(ネガティブな)オリオン星人が直接物質化した存在ではなく、オリオン星人が使用する、「想念形態的な存在」ということですが、こちらの方が正しいと思います。

宇宙人が、直接物質化すること自体はありますが、「黒服の男」という、人間をからかう「ゲーム感覚」の行いに、わざわざ直接物質化するのは、不必要なことであり、リスクが高過ぎることでもあるでしょう。

「想念形態」(「エレメンタル」)については、私も、記事で何度か述べています(たとえば『「分裂病」と「エレメンタル」(生き霊)』、あるいは『オカルトの基本を学ぶ』の『「生き霊」と「想念形態(エレメンタル)」 』)が、要は、霊的な領域に存在せしめられた、想念の実体化した存在です。

「黒服の男」も、本来、この第三密度的(物質的)な現実に実体を有するものではなく、ただ、創出された「想念形態」が、物質的な領域に、投影され、物質化されたものに過ぎないということです。それが、背後で、創出した、オリオン星人自身に操られているのです。

私は、記事『「ハイブリッド」と「集団ストーカー」で、宇宙人とのハイブリッドと思わしき存在と遭遇したことを述べましたが、この存在も、むしろ、「黒服の男」と同様、「想念形態的な存在」と解した方がピッタリ来ます。

記事では、人間とは異質にしても、どこか「虚弱な雰囲気が漂う」と言いましだか、本当に、物理的な実体というには、現実味が欠けており、儚い存在という感じだったのです。私に意識させるべく、明らかに「つきまとい」ましたが、話しかけるなどの現実的な行為は行っていないことも、そう思わせる理由の一つです。

ハイブリッドであれば、「半分」は人間であり、物理的な実体という面があるのですから、もっと、強い現実味があったと思います。

「想念形態」というのも、生命的な実体をもつもので、本人から分離した意識をもつのではありますが、それは、本来の存在に比べると、やはり、希薄なものです。人間の場合、「生き霊」というのが、これに当たることは前に述べました。

このような「想念形態」も、対する者が、これに、感情的な反応をするなど、力を注ぎ込むと、力を得て、強力な存在性を発揮します。が、そうでなければ、さほど強い存在性をもちません(それ自体は大したことがなくとも、対する者の想像や恐怖に訴えかけることで、力を発揮するようになるという意味では、これもコロナウイルスなどと同様、捕食者好みの存在と言えます)。

生命のない、ただの「ホログラム」の投影というのとは、異なりますが、それに力を与えない限り、実質は、それとあまり違わないものと思ってもいいものです。

ただ、知覚的には、物質的な存在と同様に見えるのだし、その振る舞いの奇妙さ、つきまといなどの嫌がらせ、怖がらせを受ければ、(現実の人間によるものとして)恐れたり、怒りをもってしまっても、不思議はありません。「想念形態」というものにも、しっかりとした知識をもち、このようなものを、見抜いていけるようになることが重要です。

このような存在は、「集団ストーカー」の仕掛けとしても、かなり利用されていると解されます。

何度も言っているように、この現象の基本は、観念を信じ込むことでなされる、錯覚や誤認。そうでなくとも、人間の操作や偶然を超えた共時性の演出、あるいは、引き寄せ的な現象による場合が多いことに、違いはありません。しかし、想念形態の物質化ということなら、現実に存在するハイブリッドの利用より、容易にでき、しかも、より直接的に意のままに操作できるので、現実に仕掛けられるという場合は、より多く見込まれるのです。

ハイブリッドの利用ということで想定した場合より、かなり多くを見込めることは確かということです。

ただ、このような「想念形態」では、こちらが反応して、力を与えないと、大した効果を発揮できないことを考えると、これからの可能性としては、やはり、現実のハイブリッドの利用ということも、考えておかなくてはならないことだとは思います。(「ラー文書」のセッションの頃には、まだこのような可能性は現実化していなかったので、それについては述べられていないと思われます。)

2020年8月14日 (金)

バシャールのウイルスと免疫に関する言葉

前回、新型コロナウイルスは、「感染しても、症状に現れない場合が多く、現れても、かぜまたはインフルエンザ程度のもので、重症化するのは、高齢者か、もともと持病があったり、免疫力を弱らせている場合」だと述べました。

要するに、ウイルス自体が直接重い症状をもたらすというのではなく、何らかの理由で、既に免疫等の体の機能が弱っている場合に、そこをついて、それを拡大させることによって、大きな症状をもたらすような性質のものということです。

実は、大分前になりますが、宇宙存在のバシャールが、コロナウイルスということではなく、ウイルス一般の性質として、そのあたりのことを見事に説明することを述べていますので、それをあげてみます。(『未来人に教えてもらった病気の秘密』おのころ心平×バシャール著 Voice)

「ウイルスにはインテリジェンス(知性)があり、すでに免疫系を弱くしている要因となっているものの波動をまねします。いってみれば、元からある原因となっている原因にただ乗りしているのです。その結果、ウイルスは少ない労力で人の免疫系を抑圧し、そのことで体内のより多くのエリアに蔓延することができるのです。

だからこそ、何によって免疫系が弱っているのかを知る必要があります。たとえば毒素なのか、ストレスなのか、あるいはその複合なのか、あるいは別の理由なのかがわかると、逆に、身体にとって必要なものがわかります。すると、ウイルスはあまり効果を発揮できなくなります。」

繰り返しますが、新型コロナウイルスだけでなく、ウイルス一般にこのような性質があるということです。その意味では、新型ウイルスは、特殊なウイルスというよりも、本来のウイルスの性質、本質を、より露にしているウイルスということができると思います。

そして、このように、内部の元々弱まっている部分に働きかけて、それを増幅させ、拡大し、外に現すことによって、混乱や問題を起こさせるというあり方は、これまでみて来たとおり、まさに「捕食者」のあり様そのものです。その意味でも、ウイルスには、「捕食者との本質的類似性」があるといえます。

それは、ある意味で言うと、我々の気づかない内部の問題(原因)を、外に取り出すことによって、「見せてくれる」ものとも言えます。それに対処することができれば、捕食者にしても、ウイルスにしても、「あまり効果を発揮できなく」させることができるということです。

さらに、新型コロナウイルスでは、「サイトカインストーム」という免疫の暴走反応が引き起こされることが知られています。本来、侵入した異物を攻撃すべき免疫機構が、暴走し、自分自身の細胞を攻撃してしまう現象です。

バシャールは、さらに、これは、リウマチ等の自己免疫疾患について言われたものですが、この、ウイルスによる免疫の異常反応についても言えるはずのことで、注目すべきことを言っています。それを、あげてみます。

「自己の内側では自分自身に対する抵抗があるために、ウイルスやバクテリアという日和見的な病原体に抵抗するエネルギーが不足するのです。

自分が真実であると思い込んでいる観念を維持するためにエネルギーをたくさん使うので、自分の免疫系に回せるエネルギーの量が減り、その結果、免疫系が弱くなり、外の病原菌に対して弱くなるのです。」

「つまり。免疫系は、免疫系にエネルギーを送ってくれない<あなた>を攻撃して、<わたし(免疫系)>に必要なエネルギーが流れてくるようにしようとしているのです。

別の言い方をすると、<あなた>がものすごく調和に欠けた状態なので、<あなた>自信が病原体のようになってしまっているのです。しかも、どの病原体よりももっとも優先度の高い病原体と認識され、免疫系に攻撃されるのです。」

最後の、「免疫系に自分自身が<病原体>と認識されて、攻撃される」というのは、かなり衝撃的な言葉ですが、自己そのものが攻撃されるということに、「内部的な理由」があるとすれば、やはり、そういうことになるのでしょう。

これも、ウイルスそれ自体が引き起こしているというよりも、ウイルスが「内部的な原因」をついてくるということで、起こっているということがポイントです。

バシャールがあげているのは、「自分自身に対する抵抗」あるいは、それとも関連して、「自分が真実であると思い込んでいる観念を維持するためにエネルギーをたくさん使う」などの「不調和」の状態です。

最後に、病気または災害全般についても、バシャールらしく、ポジティブな意味を述べていますので、それもあげておきます。

「病気、あるいは災害を生き延びてきた人は、なんらかの形で、必ずその前より強くなっています。その結果、人類の進化に貢献するわけです。」

「奇跡的な治癒を果たした人は、かかる前とはまったく別人になります。治った後は、一度もその病気になっていなかった別人になるのです。」

私も、統合失調状態を「くぐり抜け」て、前の自分と100パーセントではないですが、多くの面で、「別人」になったと感じています。相変わらず、「どうしようもない」面が存続していることに気づいて、愕然とすることはありますが、それも一時的なもので終わることがほとんどで、概ね「変化」したといえると思うのです。

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

新設ページ

ブログパーツ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメントの投稿について

無料ブログはココログ