« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月28日 (木)

「狂気」と「唯物論」

前回、前々回の記事で、「狂気」「感染症」「唯物論」というものには、「文明病」的な関わりがあることを述べました。

その中で、特に、「狂気」と「唯物論」との関わりについては、前々回の記事で、「「狂気」も「唯物論」も、近代社会以降爆発的に広まった、一種の「文明病」として、互いに絡み合うところがあるのも事実である」とだけ述べていました。しかし、これは、具体的にも、これまで述べて来たところから、明らかなことと思います。

今回は、これについて簡単に振り返りつつ、さらに考察してみたいと思います。

「統合失調的状況」において、まず、周りの者に、最も「狂気じみた」ものとして現れ出るのが、典型的な「妄想」、特に、「組織に狙われる」などの迫害妄想です。そのような「妄想」を信じること自体が、何か、常識というか、一般の感覚を大きく逸脱して、「一線を超えてしまった」感じを与えます。さらに、そのような妄想に基づいて、不安や恐怖、怒りの感情も露わに、奇妙な行動をとることは、まさに「了解」しようのない、「狂気じみた」ものを感じさせます。

しかし、そのような「妄想」の元には、一般にも通じる、「唯物論」的な発想があり、それが存続の危機を迎えているので、何とかそれを「護ろう」とする、強い「あがき」である場合が多いのです。

「唯物論」というのは、「世界」には、物質的なもののみが存在するという信念ですが、それは、対比的に言えば、近代以前に信じられた、「霊的なものは存在しない」という信念とも言い換えられます。つまり、個人的な信念であると同時に、時代的、集合的な信念で、近代社会特有の信念ということができます。まさに、高度に「文明」的な信念です。

「統合失調的状況」では、不審な内容の「声」を聞くなど、これまでの状況からは、「未知」としか言いようのない状況を迎えています。それは、これまでの、唯物論的な発想に基づく「世界」または「現実」そのものを、崩壊させかねないようなものなのですが、それを認めずに、何とか、これまでの「世界観」の延長上に、起こっていることを解釈しようとするときに、出て来るのが、「組織に狙われる」などの「妄想」なのです。

それは、「病気」でもなく、何か、「霊的なもの」の現われなどでもなく、「現実」の人間による、「組織」による行動で「なくてはならない」のです。その「組織」とは、権力的な組織力と高度な技術を備えたものなので、起こっていることの説明に適うとみなされるのですが、周りの者には、かえって、明白に、「無理」で「奇異」な内容となるものです。実際に、「無理」が押し通されている面があるからです。ところが、本人にとっては、許容される「唯一の可能性」なのであり、むしろ他の可能性を排除すべく、決定的に、「動機づけられ」つつ選び取られているのです。

実は、「病気」というのも、唯物論的な発想に基づくもので、本人の側の唯物論的な発想からしても、強烈に「現実的なもの」です。そのため、だからこそ、「病気ではない」ということの明らかな証として、「組織」という(唯物論的に)「現実のもの」を持ち出す必要があるということにもなります。

このように、「病気」という見方と「組織による迫害」という妄想は、唯物論を媒介にして、裏返しの関係にあるのです。

しかし、本人にとっての、真に差し迫った脅威は、それにあるわけではありません。それは、その者が陥っている、唯物論的な世界または現実そのものの崩壊という状況の方にあり、妄想の真の動機も、それを何とか押し止めようとする、「あがき」の方にあります。

結局、「狂気」を最も「狂気じみた」ものにしているのは、この、差し迫った恐怖に基づく、「あがき」であり、それをいかんともすることができないということにあるといえます。

もちろん、このような狂気は、唯物論的な信念以外の信念に基づいても起こり得ますが、唯物論的な信念を護持しようとして起こるものは、その信念にこそ基づいてる、一般社会との関係で、特別に熾烈かつ悲壮なものをもたらすのだと言えます。

それは、同時に、「唯物論」という信念自体が、既に、どこか「狂気じみて」おり、独特の「偏狭さ」をもつものだからでもあります。近代以前には、普通に信じられた「霊的なもの」を、近代という、ポッと出の人たちが、独特の時代感覚で、否定し切ったつもりになり、唯一の正しい信念であるかのように振る舞うというのは、恐ろしいばかりの、「偏狭さ」でしかあり得ないでしょう。

その「唯物論」という、既に狂気じみた信念を護ろうとして、起こされる「あがき」は、「狂気」が二重に重ねられたごとくに、殊更「狂気じみた」反応をもたらすということです。

※ 「組織に狙われる」という形の妄想をもつ人たちの多くは、おそらく、積極的に「唯物論」的な発想をもっているわけではないと言うかもしれません。しかし、漠然とした形で、霊的なものを否定しないという人たちも、霊的なものを積極的に認めているわけではなく、また、それに対する多くの恐怖を抱いているのが普通です。そこには、少なくとも、社会的に形成された、「唯物論」的な習性の影響が、大きく働いているというべきなのです。

 

2020年5月 3日 (日)

「感染症」と「文明病」

前回、「感染症」と「狂気」の本質的な類似性について述べた記事、『「伝染病」と「狂気」』をとりあげました。

実は、その次の記事、『「ダーウィン医学」と「薬による治療」』でも、「感染症」やウイルスについて、「進化」という長いスパンでみた、「病気」の意味という観点から、考察しています。

前回の記事では、「感染症」と「狂気」、「唯物論」が本質的に絡み合いつつ、「文明病」を構成していることをみました。

「狂気」、「唯物論」が「文明病」であることは、これまで何度も述べて来たことから、明らかと思います。いずれも、近代社会以降に、爆発的広まったもので、それ以前には、ほとんどなかったか、ある種の知恵をもって処されていました。

一方、『「ダーウィン医学」と「薬による治療」』の方では、「感染症」を含めた多くの病気そのものが、「文明病」というべきものであることを述べています。たとえば、次のようにです。

医学も薬もない時代から、そうやって、人間はそれらの細菌やウイルスと格闘しながら、ともに進化して来たのであり、人間は、本来、これらの病原に対する免疫や、対抗力を身に備えているのである。

だから、本来、自然状態では、「病気」とは、それほど恐れるに足りないものである。しかし、最近のエイズにしても、様々に変異したインフルエンザにしても、文明の中での人為的な働きかけによって生じたもので、「文明病」というべきものである。

細菌やウイルスによる感染症を「文明病」ということに、抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、山本太郎著『感染症と文明』(岩波新書)でも、感染症は文明によって広がったことが、はっきりと示されています。文明以前は、感染症を育む定住社会ではなかったし、ある集団があったとしても、その集団の中で、一定の人が感染症にかかることで、「集団免疫」が獲得され、それは終息に向かっていたのです。だから、それほどの脅威ということは、ありませんでした。

また、この本では述べられていませんが、記事『「<癒し>のダンス」』でみたように、先住民文化は、本来、感染症のようなものさえ癒してしまう、儀式に基づく「癒しの技」をもっていました。

さらに、『感染症と文明』では、感染症の拡大は、近代以降のグローバルな人や物資の移動によってこそ、押し進められたことが示されています。そこには、高度産業社会の技術の飛躍的な発展も、働いています。そのような技術の発展こそが、人や物資のグローバルな移動を可能にしたものだし、技術的な開発による自然への介入が、感染症の温床となった例も多いからです。

さらに言うと、最近の様々な変異的なウイルスは、高度な技術からこそ直接生み出された、「人工的な創出」であることを、予想させるものです。

もちろん、一方で、それは、薬やワクチンの開発も可能にしましたが、記事『「ダーウィン医学」と「薬による治療」』でみたとおり、結局は、一種の「いたちごっこ」であり、「文明病」の発展を後押しするものにすらなっています。その部分をあげると、次のとおりです。

現代の病気と治療は、「文明病」対「文明薬」の闘いになっているわけで、どちらが勝っても、体にとっては、不自然な結果になる。あるいは、結局、「文明病」と「文明薬」は、一見闘っているようで、実は手を組んでいるのであり、ともに体の「自然」に敵対して、蝕んでいく。

要するに、「感染症」も「狂気」も、まさにそれ自体が「狂気」じみている、「唯物論」という信念も、いずれも、近代社会以降爆発的に広まった、一種の「文明病」として、絡み合っているということです。それらを、単独で問題にしても、実質的な解決が望めるはずがなく、そうするためには、「文明」そのもの、少なくとも、近代社会以降の社会システムを問題にしなければならないということです。

これは、結果としてですが、現在のコロナウイルス騒動も、そのような機会に結びつけ得る可能性は、いくらか出て来てはいますけどね。

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

新設ページ

ブログパーツ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメントの投稿について

無料ブログはココログ