« 「捕食者的存在」の「食」と我々の「食」 | トップページ | 自分自身の攻撃性の「反映」としての「被害」 »

2017年11月21日 (火)

新たに転載した「捕食者」関連の記事

当ブログ記事の2011年5月以前の部分は、かつての『さるさる日記』の記事の転載で、重要と思われるもののみをあげています。

ところが、この度、「捕食者」関連の記事で、いくつか前回の記事の内容とも関わる、重要なものがみつかりましたので、改めて転載しておくことにします。

今回転載したのは、以下の記事です

1  『 「世間」との「折り合い」』 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-9d46.html)

2  『「集団性」との「折り合い」』  (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post-3bbb.html)

「集団性」、「世間」の背後にあるものこそ「捕食者」なので、 いずれも、その「折り合い」の実質は、「捕食者との折り合い」となることを述べたものですが、それぞれ違う観点から、述べられています。

3  『結局は「おいしい」か「まずい」か』 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-3aaf.html)

前回の記事同様、「捕食者の食」の実質を明らかにするものです。

4 『「捕食者」的な「宇宙人」情報』 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-4eeb.html)

社会全体に向けた「捕食者」の「仕掛け」に関わるもので、まさに現在の状況を表しているといえます。

5 『まとめ-「補食者」について』 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post-e336.html)

記事 『「捕食者」という理由』 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-b27f.html )とも重複しますが、「脱却に向けての第一歩」についてもまとめていますので、あげておきます。

« 「捕食者的存在」の「食」と我々の「食」 | トップページ | 自分自身の攻撃性の「反映」としての「被害」 »

プログ全体」カテゴリの記事

コメント

興味深く、捕食者のことを拝見いたしました。

他所様のブログになりますが
https://ameblo.jp/kemihiryma/entry-11844125161.html
こちらにでてくる「欺くもの」
という存在も捕食者になるのでしょう。

ご参考までにどうぞ

ありがとうございます。

リンク先で言われている「欺くもの」は、人間の思考が創造した「エレメンタル」(思考形態)ともとれますが、その性質は確かに非常に「捕食者」的です。「善悪」は人間の創造した観念であり、「捕食者」はその観念を利用することによって、人間に支配的な影響を与えるというのもそのとおりです。人間こそが、「捕食者」の支配を呼び込むうえで、主体的な役割をなしているということです。

「統合失調」にしても、「集団ストーカー」や「テクノロジー犯罪」にしても、この(本人こそが「捕食者」の影響力を呼び込んでいるという)視点が、改めて強調される必要があるかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/66069876

この記事へのトラックバック一覧です: 新たに転載した「捕食者」関連の記事:

« 「捕食者的存在」の「食」と我々の「食」 | トップページ | 自分自身の攻撃性の「反映」としての「被害」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントの投稿について

無料ブログはココログ