« 「神一厘の経綸」について | トップページ | 「シンクロニシティ」と出来事の因果的理由 »

2017年5月13日 (土)

「シンクロニシティ」とその「演出」

記事『最近のコメントの掲載』( http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-bff5.html )の、のめーるさんのコメントに対するコメントで、「シンクロニシティ」(共時性)に関して重要なことを述べていますので、まずは再掲しておきます。

よく分かりますし、それは私の考えとも近いものです。
非常に重要なことを指摘されていると思います。

「シンクロニシティ」は、自己の内界と外界が、もともと「共時的」に結びついているために起こることで、本来は、自分自身の「内界」で起こっていることにこそ注目すべき問題です。

ある状況下で、内界にあるものが特別に活性化されると、それに伴い、それと意味的に関連する出来事を、外界にも、同時に引き起こすことがあるということです。この「内界」とは、ユング風にいえば「普遍的無意識」ですが、のめーるさんのいうとおり、「カルマ」の渦巻く領域でもあり、さまざまな情動と結びついています。恐怖などの強い情動は、ますます内界を活性化させ、その恐怖することと関連する出来事を、ますます引き寄せることにもなります。

普段意識されない、そのような領域が活性化され、外界を巻き込むようにして、特別に意識に浮上するので、「シンクロニシティ」には、さまさまな感情的な囚われを生じやすいのです。だから、起こっている「外界」の出来事に振り回されず、自分の「内界」で起こっていることに注目し直すことが重要です。

しかし、「シンクロニシティ」には、さまざまの霊的または高次元的「存在」によって、「演出」された(まさに「仕組まれた」)ものも多いと思います。このような存在は、我々の「内界」と強く結びついているので、「内界」の活性化に絡んで、このような現象を演出しやすいのです。

「シンクロニシティの演出」には、さまざまな場合があり、「天使的」なものや、どうでもよいような取るに足りないものもありますが、否定的なというか、恐怖をもよおすようなものは、確かにアーリマンまたは捕食者的な精霊が「演出」している可能性が高いと思います。高次元的な存在にとっては、「時間」の性質が、この3次元的な領域とは異なるし、人間の心が簡単に読め、操作できるので、そういった「演出」は、簡単なことなのです。さらに、重要なことは、人を操作して、「現実の他人」を巻き込むような形での「演出」も、可能ということです。そこには、「カルマ」的な関わりもあり得ますが
、単に、人と人の間に、不和と軋轢を生み出そうとする戦略に過ぎないこともあるのです。

たから、重要なことは、「みかけ」に騙されて、その現実の他人そのものが「悪意」をもって攻撃を仕掛けているとか、「組織」の一員として仕掛けてきているなどとは思わないことです。「統合失調」の場合も、そう受け取ってしまうことは多いし、「集団ストーカー被害」の場合は、そういう観念が既に「できあがっている」ので、もはやそう解釈してしまうように、誘導されています。

ただ、のめーるさんも、その人間の発すると思えた「声」が「幻聴」であることを経験されているし、あるいは「見て」いたものも「幻覚」である可能性があるわけですが、「統合失調」の場合は、そのように、(内界の)より深い領域で、直接的な形で、アーリマンや捕食者的な精霊の影響を被りやすい状況にあるといえます。それで、混乱も深まり、「解体」または「崩壊」も起こりやすいわけですが、「集団ストーカー被害」の場合は、そこまでいかず、その点はかなり異なるようです。

しかし、共通する要素が多いのは、明らかなことと思います。

「…私に関する悪口が聞こえてきたので
勇気を出して確認したら幻聴に過ぎませんでした。」

直接確かめられるかどうかは、状況にもよるでしょうが、この「確認する」ということが重要です。それで、「声」が、その者自身の発する「物理的な声」でないことが確かめられたので、その人間そのものの悪意ある行為や仕掛けでないことも、確かめられたわけです。

この点は、むしろ「統合失調」の方が、そのような「深み」に陥っている、(のめーるさんのいう、「意識状態が変わって」いる)分、(しっかりと見極めるようにできさえすれば)さまざまに、認識を修正できる材料も多いといえるのです。

「集団ストーカー被害」の場合は、そもそも「霊的な領域」についての認識が欠けているし、起こっていることの「みかけ」に振り回されて、外界のことばかりに意識が行き、それを修正できないということになりやすいと思います。

なお、「シンクロニシティ」に関しては、あくまでも、「意味」において関連する出来事が同時的に起こることなのであって、一方が原因となって他方が結果として起こるのではないことを、確認しておくことも重要です。このような「「非因果的」な発想になじんでいないと、どうしても、それらの出来事を、原因-結果の因果律で結びつけようとしてしまいやすいのです。しかし、そうすると、それは、本来原因と結果で結びつかないものを、無理やり結びつけることで、「魔術的な因果論」となり、「妄想」の元となってしまいます。(記事『「共時性」と「魔術的因果論」 』  http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2002/12/post-3e8b.html 参照) ()

たとえば、自分が何々した(何々と思考した)<から>、何々という出来事が起こったという風に、自分の行為や思考を原因として、出来事が起こったとすると、非常に誇大妄想的な発想になります。あるいは、自分の思考を誰か(何かの組織)が盗みみたから、そのような出来事が起こったという風に、被害妄想的な発想の元にもなります。

「シンクロニシティの演出」の場合は、確かに、そのように思考を読まれているからこそ可能な面があるのですが、それは人間を超えた存在だからこそ、可能なことです。

「シンクロニシティ」にも、内界と外界を含みこんだ、より大きな意味では、「原因」というよりも、「原理的な理由」があるとはいえるのですが、それは、個人的なものではなく、「集合的」さらには「宇宙的」なものというべきものです。だから、「個人的に受け取る」のは、適当ではありません。もし受け取るならば、「宇宙」はそういう風に(内界と外界が結びついて)できているとか、「宇宙」が自分の内界を反射するように、反映して見せてくれているとでも思うしかないでしょう。

しかし、「シンクロニシティ」に関しては、実際には偶然の出来事に過ぎないのに、それを関係妄想的に自分と関連づけて、「シンクロニシティ」だと思ってしまうことも、大きな問題です。あるいは、実際に、「シンクロニシティ」が起こってはいるが、それはほんの一部に過ぎないのに、一度そういうことが起こると、起こっている出来事を全部その方向で捉えてしまって、多くが「シンクロニシティ」だと思ってしまうことも、起こります。

そして、そのような出来事に、感情的に囚われてしまって、被害的、迫害的な「妄想」をもったり、それらを「集団ストーカー被害」という、行き渡った類型に当てはめて、解釈してしまうことも起こります。

先にあげたものは、実際に「シンクロニシティ」であることを前提にして、それに囚われないことを述べたものですが、これは、実際には、「シンクロニシティ」ではないものをそう解してしまうことで、「シンクロニシティ」のときと同じような囚われに陥ってしまう問題です。「シンクロニシティ」は、確かに人を混乱させる要素があるので、それがそのように「頻発」するとみなされれぱ、より大きな混乱をもたらすといえます。

「統合失調状況」では、自己と外界の境界が揺らぎ、曖昧になるので、「シンクロニシティ」が起こりやすい反面、実際にはそうでないのに、外界の出来事を自分と関連付けて、関係妄想的な解釈をしてしまうことも起こりやすいのです。そして、それは「集団ストーカー被害」の場合にも、ある程度あてはまるものと思われます。

だから、「シンクロニシティ」が起こっていると判断するには、慎重である必要があります。

実は、このようなものも、「シンクロニシティの演出」と同じくらい、「演出」に利用されるものとなり得ます。というよりも、アーリマンのような存在にとっては、このような錯誤を起こさせることは、実際に「シンクロニシティの演出」を行うこと以上に、重要な戦略なのです。「シンクロニシティの演出」のために、自分でいろいろと手をかけずとも、本人が自ら錯誤に陥って、「妄想」を膨らませてくれるので、こちらの方が、よほど「安上がり」で効果的な戦略といえるからです。

それには、「集団ストーカー被害」のような観念を広めて、他人の行いが、偶然ではなく、意図のあるものと、予期させておくことも重要だし、漠然とでも、何者かに攻撃を被っているかのような、潜在的な恐怖を植え込んでおくことも重要です。しかし、最も効果的なのは、一度でも、実際に、(かなり強烈な形の)「シンクロニシティ」を「演出」して、仕掛けておくことです。そうすれば、既に述べたように、実際には偶然である、他人の行いの多くも、「シンクロニシティ」と捉えて、囚われを膨らませてくれるのです。

いずれにしても、「シンクロニシティ」そのものに囚われないようにすれば、こういった「演出」にも囚われないことができるので、「シンクロシニティ」についてよく知っておくことは重要です。

※ こちらの記事でも、今回の記事を補足する、重要なコメントを述べていますので、再掲しておくことにします(一部抜粋)。

本当に、「統合失調的状況」というのは、このような「共時性」の宝庫だと思います。ほとんど起こることすべてに、「意味」があるように感じられます。それも、自分に関連した、「意味」です。だから、本当は、「関係妄想」をもつな、という方が難しいので、それを「あえて」共時性なのだと捉えることで、「妄想」を膨らませることを抑える必要があると思います。「統合失調的状況」においては、「共時性」が頻繁に起こることは、知っておかなくてはならない事実になるべきです。

私も、自分の思ったことが、テレビや新聞、通りがかりの人の話などに、即座に出て来るというのを体験しましたが、これなどは、自分の思考がつつ抜けているとか、盗聴されているなどという「妄想」に結びつきやすいので、特に注意が必要です。

最近の、「集団ストーカー」というのも、単なる「偶然」ではないとすれば、ほとんどこのような「共時性」によっていると思います。

「共時性」というのは、状況に陥ることによって、突然現れ出るのではなく、もともと、「すべて」は「共時的」につながっているが、日常的には、自我によって、外界と切り離されているという強い「感覚」があるために、普段は、露わにならないだけのものです。それが、状況に陥って、自我が揺らぎ、境界が不明確になったときに、突然現れ出たかのように、浮上するのだと思います。それまで、自己と切り離されていたはずの外界が、突然、自己と連続するかのように、つながりを感じられるため、そこで起こることが、一々、自己と「関係」するように意識されるのです。

ただ、そのことに、特別の「意味」をみようとするのは、不安定になった「自我」が、自己を補強するために望むことで、「妄想」のもとになると思います。このような、「未知」の状況が露わになっているときに、特別の「意味」をみないで、起こることを冷静に受け止めることは、難しいことですが、結局は、それしか手立てはないのだと思います。

« 「神一厘の経綸」について | トップページ | 「シンクロニシティ」と出来事の因果的理由 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/65271590

この記事へのトラックバック一覧です: 「シンクロニシティ」とその「演出」:

« 「神一厘の経綸」について | トップページ | 「シンクロニシティ」と出来事の因果的理由 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントの投稿について

無料ブログはココログ