« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月13日 (木)

「神一厘の経綸」について

前回みたように、「大日月地神示」は、霊界では、「神一厘の経綸」が既になされて、「悪の総大将」が降参し、今後は「ミロクの世」にいたることが確定したという。このことこそが、この神示が伝える最大のポイントなので、少しコメントしておきたい。

「悪の支配する世」となることが、9分9厘まで達成されて、覆しようのないところまで行ったそのときに、「神」による「グレンとひっくり返る」「経綸」がなされるというので、「神一厘の経綸」という。

「ミロクの世」とは、「金銭や物質的価値」で社会が治まる「悪の世」が終わり、人々が「愛と喜び」に満ちて、互いに奉仕する、「ユートピア」的な世となるということである。

さらに「日月神示」では、物質的世界が超えられて、「半霊半物質」の世界となることがいわれているし、「大日月地神示」では、「悪」など微塵も存在しない、「創造」の「元の元の世界」に戻ることがいわれている。

前回もみたように、これは、あくまで、この世の型となる「霊界」での「事実」であって、それがこの世にどのように反映されるか、いつ反映されるかは、この世の人や霊人のあり方次第ということになる。

「神示」は、「悪の仕組み」について、繰り返し語っているが、それは、この世では、「隠れたる悪魔」はまだまだ多く、その「悪の仕組み」が全うされるべく、これから本格化するので、それに搦めとられないように、という意図からである。

たとえば、「神示」には、

「オロシヤ(ロシア)もそろそろ大きく動くぞ。覚悟いたせよ。食う物貯えよ。無くなってゆくぞ。」とか、「メリカ(アメリカ)も変わるぞ。無くなるぞ。」

という言葉もある。まさに、現在の社会情勢そのままを映し取るかのような言葉であ.る。やはり、このような終末的な様相は、避けられないもののようである。

ただ、「悪の総大将」は既に降参して、これに関われないので、人や霊人は、「悪の仕組み」を理解して、自らを縛っている、その「悪の洗脳」をいかに解いていくかが、「改心」のポイントとされる。もはや、「悪との戦い」というよりも、「自分との戦い」ということである。

「神示」の源は、「悪」の親でもある、「元の元の神」(創造の神)を含む大霊団ということで、「悪」について非常に詳しいのが特徴である。しかし、反面、そのような「悪」の存在しない、「元の元の世界」をよく知るものでもあり、悪の「大あがき」の後も、最終的には、そこに戻ることを、宣言しているのである。

私も、一連の体験においては、「人間」を舞台にして、いかに「善と悪の戦い」が行われているかを、いやというほど目にした訳だが、これは、逆に、今の社会の「悪」というものが、いかにその結果としての「反映」であるかを、思い知らされるものともなった。それは、人間の「悪」というものが、取るに足りないという意味ではなく、それを無意味にするほどに、人間を超えた「悪」の影響力は強大ということである。

なので、霊界での「善と悪の戦い」が、「善」の勝利で終わるとするなら、今の社会の「悪」というものが、大きく変わること自体は、必然のことである。もちろん、それで、人のあり方が、すく様変わるわけではないが、「悪」の影響を受けなくなるだけで、大きな違いが生じるのである。

そして、記事でも何度か述べたように、私と関わった時点でも、「悪」の「限界」は、如実に感じ取られ、既に「たそがれ」てすらいたので、「善と悪の戦い」の結果が、「善の勝利」で終わること自体も、自然と受け入れられる。

だから、現在の状況とは相容れないようにみえても、いつかとか、どの程度かということはおいて、基本的に、その状況が終わり、「ミロクの世」に向けて、世界が変わっていくこと自体は、頷けるのである。

さらに、その後の、「半霊半物質」の世界へと移るということ(いわゆる「アセンション」=「次元上昇」)、「悪」の存在しない、「創造」の「元の元の世界」に戻るということも、大枠の流れとしては、頷ける。

しかし、たとえそれを受け入れたとしても、恐らく、多くの人が疑問に思うのは、それなら、なぜ「悪」などというものが創造されなければならなかったのか、ということであろう。

「神示」では、「悪のお役目」ということで、むしろ「悪」こそが、我々を鍛え、成長させたのであることを強調している(※1)。そして、今回の「経綸」も、「悪」を「排除」するのではなく、悪をも「抱き参らせる」のであり、そのような「役目」を終わらせ、「悪」をも「改心」させて、共に元に戻ることを意味している

私も、「悪」との関わりによってこそ、いかに多くを教えられ、成長させられたかを痛感するので、このことも、大枠として頷ける。

ただ、これは、「創造」の「元の元の世界」では、「悪」はなく、初めはよかったかもしれないが、それでは結局は、停滞を来たすようになり、立ち行かなくなったということを意味している。それで、「悪」を作る必要に迫られ、その状態に変化がもたらされるとともに、「悪」から学ぶことで、その停滞を超える可能性も生じたということである。

ただし、もし、そのような「悪」から学んだ結果として、いずれは、「元の元の世界」に戻ることができたとした場合、それは、もともと存在した、「悪」以前の「元の元の世界」、結局は停滞をもたらしてしまった世界と、異なることになるのだろうか。

それには、二つの可能性があると思う。
一つは、「悪」を知らずにいる世界とは本質的に異なって、「悪」を知ったうえで、それを超えて至りついた世界なので、神示も言うように、「いやさか」に栄える「永遠の世界」となる。

二つは、初めは、そのように思われたとしても、その状態が永遠に続くという保証はなく、いずれは停滞をもたらすことになり、結局は、「悪」を必要として、同じことを繰り返すはめになる。

いつとるとも知れぬ、「とらぬ狸の皮」に、「思わぬ欠陥があるのではないか」と、訝るような話だが、私は、後者である可能性が高いと思う。その点は、神示を大枠で受け入れつつも、疑問に思ってしまう点だ(※2)。

まあ、今回の話は、「今現在」の問題からは、大きくかけ離れた、「夢想的」な話として受け取ってもらって構わない。現実的には、前回もみたように、「現在」の「悪の仕組み」をいかに脱し、超えていくかということこそが、重大な問題なのだから。

※1 これに関わる神示をいくつかあげておく。

「魔物もこれまでご苦労であったなあ。そなたらがおったゆえに、霊、人ともに学び変わって来れたのであるぞ。」

「まだまだマコトの悪魔遣うぞ。悪魔も人苦しめる大事なお役目であるから、活かしておるのぞ。悪魔に魅入られるのは、それだけの因果そなたの腹にあるからぞ。とことん苦しまねば変われぬ者多いから、悪魔も喜ぶのぞ。」

「悪の中に隠しておるのぞ。悪も善も神の目からは無いのであるが、人民の目からはあるのであるぞ。必要であるのぞ。」

「悪の中に隠してあるとは、悪の心を理解いたし因果悟らねば、神心、掴めぬのじゃ。」

※2 4月29日

 この「疑問」について、一言で言うなら、「神示」もまた、シュタイナーなどと同様に、「霊的進化」という「水平的方向」についてのみを語り、「虚無」という「垂直的方向」についての視点には欠けている、ということである。それこそが、たとえそのような「進化」が達成されたとしても、いずれその「虚無」からの圧力を受けて、それが永遠の状態として完結するなどとは思わせないことの理由となっている。

しかし、「神示」の霊団が、本当に「垂直的方向」の視点を欠いているわけではないと私は思う。それは、いわば今の段階では、まったく「隠されている」のであり、今の段階で確かに必要とも思われる「神一厘の経綸」をも超えた、本当の「隠しごと」なのである。そして、それを解くヒントをあげるなら、それは、記事『『魂の体外旅行』-「ルーシュ」の生産』( http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post-3e86.html )、『「神」も「解離」する!? 』( http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-b513.html)で述べた、ブルース・モーエンの「創造の物語」にあると思う。

2017年4月 1日 (土)

「神示」が語る「悪の仕組み」

記事『「日月神示」の言葉 』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-6f3c.html)で、「日月神示」という神示を紹介した。が、最近は、これの現在向け「更新版」というべきものも降ろされているようだ。本では、神人著『大日月地神示』(野草社)に載せられているし、フェイスブック(https://ja-jp.facebook.com/groups/kamihito.hihumi/)でも、降ろされ続けている神示が公開されている。(

印象では、確かに、「大本神諭」や「日月神示」に連なる神示であることが、十分感じ取れる。実際、神示によれば、神人という人は、岡本天命の生まれ変わりということである。

「大本神諭」や「日月神示」では、時代の制約を受けて、曖昧ではっきりしない内容も多かったが、この神示は、率直かつ明確に語られているのが特徴である。特に、「弥勒の世」に向けて、「すべてがひっくり返る」「神一厘の経綸」がなされるときが、「今現在」であることが、はっきりと語られている

というよりも、「神一厘の経綸」は既になされて、「悪の総大将」は、「霊界」では、「降参」して他の星へと移されており、地球は「弥勒の世」へと向かうことが確定しているという。ただし、それが現実に「この世」に反映するのは、まだまだこれからのことであり、「隠れている悪魔」が大暴れするのも、これからが本番である。

このような「大峠」を超えて、「改心」した者は、「うれしうれし」の世となるが、そうでない者は、やはり他の星へと移されて、改心するまで苦しみ続けるという。「弥勒の世」といっても、誰もがそれに与るのではなく、一種の「棲み分け」が行われるということである。

ともあれ、「この世」的には、まだまだ「悪の仕組み」が行き渡っている状況であることに変わりはない。そして、神示の後半では、その「悪の仕組み」というものが、どのようなものであるかが、かなり詳しく語られている。それは、私がこれまで述べてきたこととも共通するし、非常に的確な表現で、訴えかける力も強く、貴重なものと思う

それで、それらを、いくつか紹介し、簡単なコメントをつけておきたいと思う。

「長い間続いてきた悪魔の仕組みは、霊人、肉体人、皆々恐怖に縛り付け洗脳いたし、偽りの教えを思い込ませ、自ら貶めさせる魂胆であったぞ。ゆえに皆の弱い所をしつこくしつこく疲れ果てるまでえぐり続け、洗脳いたし楽しんで来たぞ。」

「悪魔の仕組みは、恐怖を植え付け僕となれば救ってやると申しながら、不安を植え付け続け、真の喜びから遠ざけて、守護霊殿の声も届かぬようにいたすやり方してきたのじゃ。不安に支配された人は、喜びを感じ難くなり、生きる気力を奪われ、悪魔の奴隷らの容れ物となってしまい、長きに渡り貶められてきたのじゃ。仲良き者たちの信頼関係や他を愛する思い、喜びを、あの手この手で壊してきたのじゃ。己を正当化いたし、情に訴えかけ、いいように洗脳いたしてきたのじゃ。」

「悪魔は霊団、人民みな洗脳いたし、荒れ果てた地は、皆々神々のせい人のせいにいたして、地の民ら共倒れ自滅させ、初めから地を乗っ取る策略であったのじゃぞ。」

「悪魔」は、人間だけでなく、人間に影響を与える「霊人」や「神々」を含めて、あるいはそれらを通して、「洗脳」してきたこと。それは「恐怖」や「不安」に縛り付け、「偽りの教え」を信じ込ませることによって、なされること。そして、なりよりも、「悪魔」は、自らの(直接的な)行為によって、人間を破滅し、支配するのではなく、人間が「自ら貶める」ように導き、人間同士を争わせて、「共倒れ」させることによって、なすこと。それ(を見ていること)こそが、彼らの「喜び」である、というのがポイントである。

このように、「自ら貶める」ことによってこそ、「破滅」させること、そのために、人間の弱点を「しつこくしつこく疲れ果てるまでえぐり続ける」ことは、「統合失調状況」や「集団ストーカー被害」についても、まったく当てはまることである。が、これについては、最後のところでもう一度述べよう。

なにしろ、「悪魔」は、このように、人間の内にある「弱点」をつくことによってこそ、力を行使できる。「弱点」とは、要するに、「欲」であり「エゴ」ということでもある。神示も言うように、

「そなた、我出すから騙されるのぞ。騙されるには騙されるだけのもの、腹に在るからぞ。」

多くの者は、「悪魔」がこのように人間を操るということについて、なんら実感をもって捉えられないのでもあろう。しかし、それは、我々が、日常的に考えたり、感じたりする「思考」や「感情」のレベルで、既になされていることが、次のように語られる。

「人民、己が操られておること信じられんであろうなれど、悪魔は簡単に人を操れるのであるぞ。悪魔の力どれほど強いか、ずる賢いか、人民知らんのぞ。負の感情与え続け、好き放題に操っておるのぞ。そなたは己が何ゆえにそう思うか、問うてみよれ。その思いはどこから来ているのか、考えてみよれ。」

また、先に述べたように、「悪魔」らの行いが、これから本格的に強まるのであることが、次のように述べられる。

「これまで人民の中に隠れておりた悪魔らが追い詰められて、いよいよ捨て身でかかりておるから、人民、褌締め直して、皆々手合わせて乗り越えねばならんのぞ。」

さらに、具体的に物質的なレベルを通して、なされる「悪魔」の力の介入についても述べられている。

「悪魔に遣われておる人民は訳も分からず毒造りては、空から撒いて人苦しめ、水に撒いて生き物苦しめ、天から仕掛け雨風動かし、地に仕掛け地揺らし、人に入れて身体苦しめ、思考に入りて操りて、人民知らぬゆえやりたい放題好き勝手いたしてきた」「電気から魔力入り込みますぞ。人の意識操りに来ますぞ。負の念送り続け、人民自滅させる仕組みぞ。」

「空から毒を撒く」とは、「ケムトレイル」のことであろうし、「雨風動かし」「地揺らし」とは、気象兵器や地震兵器のことであろう。また、「電気から魔力入り込む」とは、スマホやネットなど、情報機器を通して、送り込まれる「負の念」のことであろう。

ただ、地震については、「東日本大震災」についても、直接的な言及はなく、一方で、地の神が「大難を小難に変えるために起こす」という神示もある。

私自身も、記事『「アーリマン」と「火地球」  』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-cb26.html)でも触れたように、地震というのは、さまざまな力の複合的な現れであり、「東日本大震災」でも、これらの両面があったものとみている。

「悪魔は人食うのじゃ。人の血飲んで喜んでおるのじゃぞ。人の子の血肉、ご馳走にいたすゆえ、昔から人民に生け贄求めて来たのじゃぞ。今も世界中におりますのじゃぞ。人民に人肉、獣肉食わせて僕といたしたのは悪魔であったのぞ。」

「悪魔」という言い方をしているが、神示自体、「善と悪」とは、本質的には存在しないものであり、ただ人間にとっての必要上、仮に存在するものに過ぎないと述べている。そして、この神示では、「悪魔」の本質が、「捕食者」的なものであることが、かなり衝撃的な形で、包み隠さず述べられている。

「悪は一や三を、五にでも八にでもすり替えて思わせるやり方好むから、人民殿、見極める眼、心の眼、鍛えに鍛え磨かねば、すべて悪く思うようにされてしもうて、自ら悪の僕と化して、悪想念広げるようになりますから、気つけねばならんのでありますぞ。」

これもまた、「悪魔」が人間を「洗脳」し、「自ら貶める」やり方を、具体的に述べている貴重なものである。

要するに、実際になされていることが、1や3であるのを、5や8だと思わせることによって、人間を恐怖と絶望へと追いやり、破滅させるということである

これは、巷の「陰謀論」にもよくみられることだし、「統合失調」や「集団ストーカー被害」の「妄想」にも、まったく当てはまることである。特に、「集団スートーカ被害」は、まさにこの方法による破滅のさせ方の、典型といえる。

私に言わせれば、「集団ストーカー被害」には、1すらない、0であるものを、10あるように「思わされ」ている場合も多い。ただ、実際に「1や3」の行いが、「霊人」や「他の人間」などを使うことによって、なんらかの方法でなされることはある。しかし、もはやそれで、「被害者」は、自分に起こる「5や8」というよりも、「10」の現象が、そのような「自分に向けられた攻撃行為」だと思うように仕向けられる。しかも、それを、「集団ストーカー」という「悪魔」が用意した「偽りの教え」で、解釈してしまうのである。そして、その「悪想念」を自ら広めることによって、結果的に「悪」に加担してしまうのである。

※ 6月11日

1月15日付けの最新の神示も、意識と脳の関係や魔の戦略など、重要な内容がつまっておるぞ。ぜひとくとお読みくだされ(笑)。

以下その一部を紹介。

意識とは、異次元の者ら関わりて人民に伝え動かして来たものでもありますぞ。これまでの八分は悪魔らの筋書き通り人民致して来たものじゃ。靈が居らぬと思い込ませたのも、魔の仕組みぞ。ゆえに悪魔らは、したい放題の世でありましたのじゃ。

意識とは、脳が作り出す世界ではないのぞ。脳が意識の世界を見せているのであるぞ。あべこべでありますのじゃ。肉体無くとも靈体となれば意識の世界見えますのじゃぞ。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントの投稿について

無料ブログはココログ