« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月25日 (金)

「宇宙人」と「霊的なもの」

「宇宙人」というが…、

そもそも「宇宙人」という言い方で、現在の我々がイメージするような、地球外の星に生息する生命体を言い表すようになったのは、近代以降のことである。そして、それには、「技術」の発展ということも、大きく関わっている。

様々な観測技術の発展によって、宇宙の天体に関する「知識」が知られるようになり、それが、それまでの天体に対する見方を変えた。つまり、「天体」というものは、「物質的なもの」として捉えられるようになった。その結果、その天体に住む生命体がいるとすれば、それも、「物質的なもの」とみるのが、当たり前のようになったのである。

それ以前には、「宇宙」ないし「天体」は、現在にいう意味での「物質的なもの」とはみなされなかった。ただし、それは、後にみるように、即、「霊的なもの」とみなされたわけではない。それは、我々や我々の身の回りにあるものを越えた、「聖なるもの」とみなされたのであり、その「組成」がどうのこうのというより、我々を「越えた」ものであることが強調されたのである。

それを、現代の見方に当てはめれば、やはり「物質的なもの」を越えた、「霊的なもの」という面を含むことにはなるだろう。

しかし、そもそも、「霊的なもの」とは「物質的なもの」に対置される言葉であって、「物質的なもの」というのが明確に規定される限りで、それとの対比で、捉えられるものである。だから、近代以前には、「霊的なもの」というのも、また、明確にイメージされたわけではない。

近代以前にも、「幽霊」のようなものは、人の死後、つまり肉体というものを失った後に現れるので、肉体をもたない、「霊的なもの」という見方は、一応されていただろう。しかし、その他の「自然霊」、神々や精霊などは、必ずしも、「霊的なもの」として意識された訳ではないし、そのようにみる基盤もなかった。また、それらは、必ずしも、「見えないもの」なのではなく、現代で言えば、「物質的なもの」としてのあり方をし得るもの、あるいは、「物質的なもの」と同じく、明確に現れるものでもあった。

たとえば、「狐や狸に化かされる」ということが言われたが、この「狐」や「狸」は、「精霊」としての「狐」または「狸」を意味する。しかし、それは、「物質的なもの」と同じようなあり方をし得るもので、かつては、「物質的」な「動物」としての「狐」や「狸」と、特に区別されたわけではなかったはずである。

人々が、空に仰ぐ、「天体」というのも、同じことで、それは、まさに「神々」そのものであり、もちろん、その天体に住む存在も、「神々」であったのである。それは、「物質的なもの」としてのあり方をし得るもの、あるいは、「物質的なもの」と同じく、明確に現れるものであるが、同時に、「物質的なもの」を越える、「霊的なもの」でもあったわけである

このような捉え方は、直感的で、素朴なものではあるが、現代の「宇宙人」という捉え方より、むしろ、真実を捉えているというべきである。

近代以降の見方は、物質的な観測技術に基づいて、それに捕らえられるものを、「物質的なもの」として「理論的」「概念的」に構成したのである。(「物質」または「物質的なもの」とは、「理論」または「概念」なのであって、「事実」そのものでないことには、改めて注意を要する。)それは、我々が、それまで「仰ぎ見」、「畏怖」したきた「宇宙」を、「知的」に理解する可能性を開き、また、それを応用することで、「技術」がさらに、発展することを示した。

それが、ある程度成功したので,我々はその方向を強く押し進めた。「宇宙」が、そのような「物質的なもの」のみで構成されているとすれば、我々は、「宇宙」にあるすべてを知的に理解し、「あらゆるもの」をコントロールすることができるようになる。そのような奢りと、希望的観測から、ついには、「物質的なもの」が「宇宙のすべて」とみなされるようになったのである。いわゆる、「唯物論」的発想である。

しかし、もちろん、このような捉え方では、すべてを捉え切れないという見方も、一方には存在した。そして、そのような見方は、「物質的なもの」には含められない、「見えないもの」、「心」や「魂」など、物質的な法則には収まらないものを、「霊的なもの」として、捉えることになった。

この「霊的なもの」という捉え方も、「物質的なもの」という捉え方が、明確にされたことにより、それとの対比で、出てきたものである。そして、それは、本来、未分化であり、一体のものとして捉えられていたものを、二つのもの、または領域に、分断したことをも意味する。「物質的なもの」と「霊的なもの」というのが、別々のものとして、あるかのような見方は、こうして、新たにもたらされた、ということである。

また、「霊的なもの」というのは、「物質的なもの」に対抗するように、前面に出された面があるので、そこには、「物質的なもの」に対して、「対抗的」な発想が含まれることにもなる。たとえば、「物質的なもの」を「俗なるもの」(価値のないもの)とし、「霊的なもの」を「聖なるもの」(価値あるもの)とみなすような見方である。

しかし、これは、近代以前の、「物質的なもの」と「霊的なもの」が未分化である状況での、「聖なるもの」の捉え方とは、明らかに異なっている。また、あまりにも、単純で、非現実的な発想であるのが、明らかである。

いずれにしても、「霊的なもの」という捉え方自体が、「物質的なもの」という近代に特有な見方の発想を、何らかの形で、引きずり、含んでいるということである。それは、近代以前の発想とも異なるし、少しも、自明なものというわけではないのである。

要するに、「物質的なもの」といい「霊的なもの」というのも、宇宙の中の地球という、ごく限られた地域での、しかも、その中の、「近代」という特定の時代と地域になされた、あまりにも、特殊な区分けに過ぎないのである。それは、その時代や、地域に特有の、「文化」そのものであり、さまざまな「思惑」や「希望」に塗り込められた発想ということである。

現在普通にみられる、「宇宙人」というイメージは、「宇宙人」を「物質的なもの」の延長上に捉えているが、それは、そのように限られた、特殊な発想を前提とするものに過ぎない。もちろん、だからと言って、それらを「霊的なもの」とみなせばいいということではないのは、上にみたとおりである。

いずれにしても、「物質的なもの」と「霊的なもの」という区分けを含めて、そのような見方には、根本的な見直しが必要なのである

前に、記事『「分裂病」と「アブダクション体験」』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-fc30.html)でもみたように、実際に、「UFO」や「宇宙人」についての、観測や遭遇の事例をみると、それらは、確かに、「物質的なもの」としての「みかけ」を有している。それは、一般の「霊的な現象」として知られるものとは、一見異なっているようにみえる。

しかし、「UFO」や「宇宙人」も、「物質的なもの」としての性質を、明らかに無視する行動をとる。たとえば、物質的なものを貫通したり、形を変えたり、瞬間的に移動したり、消滅したりなどである。それらは、「霊的なもの」の性質に近いものである。

一方で、「幽霊」や「自然霊」など、「霊的な存在」として知られるものも、「物質的なもの」の性質に反する行動をとる反面、「物質的なもの」としての現れを示すことがある。

たとえば、『呼び覚まされる霊性の震災学』にもとりあげられている、タクシードライバーの遭遇する「幽霊」は、物質的な存在と区別できない仕方で現れる。人間と同様に話し、接触もできるし、人間と同様に乗車する。それで、ドライバーも、記録やメーターに残すことになる。ところが、しばらくすると、いつの間にか、座席から消えているのである。『呼び覚まされる霊性の震災学』では、彼女へ贈り物を届けようとして、そのまま死んだらしき青年の、手にもっていた贈り物が、座席に残されていて、今もドライバーに保管されているという話が載っている。

この「幽霊の置き土産」ともいえる「贈り物」などは、「物質化現象」そのものであり、もはや「物質」そのものというべきものである。

私自身も、記事『「幻覚」という「判断」について 』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-d631.html)で述べたように、「物質的なもの」そのものとして現れ出た、「幽霊」としか考えられないものに、出会ったことがある。それは、一般の「幽霊」のイメージからすると、本当に驚くべきもので、初め、「幽霊」と気づく余地はなく、生きている人間とほとんど変わらないのである。

このように、「肉体」を失った、人間の「幽霊」ですら、「物質的なもの」と変わらない現れをすることがある。ましてや、「自然霊」など、強力なエネルギーをもった存在は、「物質的なもの」として現れる力も、ずっと強いのである。「幽霊の贈り物」でみたような、「物質化現象」も、より多く起こすし、ときに、「物質」そのものとして、自らの「身体」を残すこともある(カッパのミイラなども、本物であれば、その一例といえる)。先にみたように、「精霊」が、実際に存在する、「狐」や「狸」と同一視されていたとしても、不思議はないのである。

私も、一連の体験では、これら「自然霊」による、「物質化現象」に、何度か出くわしている。本当に、「物質」として現れ、そのまま残るし、そのものとして使用することもできるのである。「声」なども、「物理的なもの」であるかのように現れ出るものだし、実際、「幽霊」においてすら、「声」が録音されたということがある。

このように、「物質的なもの」と「霊的なもの」は、本来、画然と区別されるものではない。「宇宙人」も、「霊的な存在」と異ならず、「霊的なもの」としての性質をもち得るし、「霊的な存在」も、「物質的なもの」としての性質を示し得るのである

さらにいえば、先の記事でもみたように、そもそも、地球でいう「霊的存在」というのも、元々は「宇宙」から来た存在であるが、地球に適応して、そのようなあり方をしているに過ぎないという可能性もある。「宇宙人」と「霊的存在」とは、明確に区別できるような存在ではない、ということである。

ただし、これまで、記事でもそのように扱って来たように、地球においては、「物質的なもの」と「霊的なもの」を、一応区別される領域であるように扱うことには、それなりの意味もある。既にみたように、地球においては、「物質的なもの」というのが、かなり明確に捉えられていて、日常的には、その領域に捕らえられている、といってもいいような、現実があるからである。

その場合、「物質的なもの(または領域)」と「霊的なもの(または領域」の関係を示すならば、とりあえず、記事『「霊界の境域」の「図」』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-fb4c.html)の図で示したように、互いに丸で囲まれた、異なる領域として示すことができる。その関係だけを、新たに図に示すと、次のようである。

1_3ただ、これは、我々が、日常的には、「物質的な領域」に、いわば閉じ込められているという現実の状況があるため、「霊的な領域」に関わる事態が生じた場合には、まずは、その境界ないし交わる部分としての、「霊界の境域」が、重要なものとして浮上する、ということを示すことに、意義があったのである。「統合失調状況」も、まさに、その重要な一例であった。

ところが、本当に、「物質的なもの(または領域)」と「霊的なもの(または領域」の関係を、それ自体に即して示すなら、本来、それらは別々の領域ではなく、全体として一つものであることを示す必要がある。その場合、「物質的な領域」とは「霊的な領域」に比べて、明確に捉えられる分、限られた領域なのであって、本来、全体としての「霊的な領域」に含まれる、一部であるということになるのである。それを、図に示すと次のようになる。

2

あるいは、「物質的なもの」というのも、「霊的なもの」の一つの現れなのであり、「霊的なもの」がより凝縮してできたもの、ということもできる。シュタイナーも、ほぼそのような捉え方をしている。

「霊的な領域」を、「物質的な領域」より高次元の領域として、その関係を、「次元」の違いで表わすことも可能ではあろうが、それは、「高次」「低次」ということから、誤解をもたらしやすいものでもある。むしろ、漠然とはしているが、「物質的な領域」を、物質の三態に比すならば、「固体」のような、固定的な状態、「霊的な領域」を、「液体」または「気体」のような、流動的な状態として、ある一つのものの「状態」の違いとして捉えるのも、一方法だろう(「密度」という捉え方は、それに近い)。

いずれにしても、地球においては、前者のように、別の領域として捉える方が、「現実的」で、日常的な感覚には、沿っているが、本来は、後者のように、一つのものの別の側面に過ぎない、というよりも、一方が他方を包摂する関係にある、ということなのである。

そして、「宇宙人」というものを、地球の限られた視点からではなく、そのものとして捉えようするなら、やはり、この後者の見方で捉えなければならない。そうすると、「宇宙人」は、「物質的なもの」としてのみかけや性質は有しているが、本来、それを「越えた」、「霊的な領域」に属すものということになる

もちろん、先にみたように、この「霊的なもの」というのも、「物質的なもの」との対比で出てきた概念であり、その限りで、やはり、「地球」的な制約を含むといわねばならない。しかし、我々は、「宇宙人」を捉えると言っても、事実上、「地球」という立ち位置から、捉えるしかないのであり、その中で、できる限り、正確に捉えようするしかないのである。その場合、とりあえず、「物質的なもの」と「霊的句なもの」の関係を、よく見定めたうえで、その関係を通して、捉えておくしかないと思われる。

「霊的」という言葉を避けて、「非物質的領域」とするとか、「次元」や「密度」などの捉え方で、捉えることも可能ではあるが、私は、それでは、現代の「唯物的」発想による捉え方と、それほど違わないことになるのではないかと思う。新たな、捉え方を模索するとしても、少なくとも、これまで「霊的なもの」として捉えられてきたものを、十分汲み取ったうえで、なされるのでなければ、本当に内容のあるものは見込めない。

その意味では、私は、「宇宙人」についても、あえて、「霊的なもの」という捉え方をすることに、意味があると思っているし、むしろ、それを強調することが重要と思っている。

ただし、「宇宙人」といっても、種類は様々であり、地球の物質的存在とあまり変わらないような存在から、「物質的なもの」をはるかに越えて、純粋に「霊的なもの」として存在しているようなものもあるだろう。「物質的なもの」を「超えた」、「宇宙人」といっても、その「物質的なもの」と関わる度合いは、様々であり得るということである。

そして、そのような「宇宙人」も、「物質的なもの」と関わる限り、やはり「技術」というものと、何らかの関わりをもつということになるはずである。

次回は、この「宇宙人の技術」について、さらに「霊的なもの」との関わりで述べてみたい。

2016年3月14日 (月)

「宇宙人」と「宇宙人の技術」について

このグループの手口と動機は暗黒を越えている。だから私は人々に言うのだ。私が見聞したことの十~十五パーセント以上について、あなた方は聞きたがらないだろう。それは心を掻き乱すようなとんでもない話だから、たいていの人は自殺しかねない。ところで、実は多くの人が自殺しているのだ、と。

                       スティーヴン・グリア 『UFOテクノロジー隠蔽工作』 より   

       
まさか、いまどき、「宇宙人は地球に来ていない」などと信じている人は、めったにいないと思うが…。しかし、同時に、これが意味することについて、本当に知りたいと思う人もまた、ほとんどいないと言わざるを得ない。それは、何と言っても、「未知」のものであり、人々のこれまで築き上げて来た「常識」や「現実」を、根底からつき崩す可能性がある。その意味では、「統合失調」と通じる面があって、一種の「タブー」意識が働き、本当に、そこに踏み込むことを、憚らせるものがあるのである。

しかし、そうしている間にも、宇宙人と地球の関わりは、人知れず発展して行き、事態は、我々の予想をはるかに越えた様相を帯びることにもなる。「宇宙人」と「宇宙人の技術」は、もはや、我々のすぐ間近にまで忍び寄り、日々、多大の影響を与えている可能性があるのだ。

だから、「統合失調」と同じように、現代においては、「宇宙人」と「宇宙人の技術」について、知らないでいることは、もはや非現実的である。本心では、「未知」のものとして恐れているのに、表面上「否定」し続けて直視しないことこそ、事態を収拾のつかないものに、悪化させているのだ。

そこで、まずは、これまで「宇宙人」と「宇宙人の技術」について述べて来たことの、復習を兼ねて、参照する記事や動画などをあげつつ、簡単に概観しておきたい。

記事(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-2f57.html)でも取り上げた、「公開プロジェクト摘要書」(http://www.peopleknow.org/ds08pro/)は、現に「宇宙人」が地球に来ていること。米軍を初めとする軍関係者と、日常的といってもいいほどに、様々な遭遇をしていること。その乗り物であるUFOが示す飛行性能は、地球上の技術では到底及び難いものであること。さらにそれらの情報は、軍上層部のさらに上に、政府を越えて組織された、「秘密政府」によって、徹底的に隠蔽され、管理されて来たこと。その「秘密政府」は、「宇宙人の技術」について、かなりのものを手に入れ、既に実現可能なものとしていること、などについて、信用のおける証言が、多数収められている。

グリア博士の主導する、「宇宙人情報」の公開に向けた動きが、ある程度実現しそうな流れであることを、感じさせてくれもする。

もちろん、「宇宙人」については、地球との関わりが深いものから、そうでないもの。好意的な意図で関わるものから、支配的、略奪的な意図で関わるものなど、様々にある。

アイゼンハワー元大統領の孫の語る、この動画(https://www.youtube.com/watch?v=IWjADsLPfRs)は、そういった状況を大枠で伝えていると思う。

前にあげた、ここ(https://www.facebook.com/dimensionstalker/)の説明は、支配的、略奪的な意図で関わる宇宙人が、その技術で、いかに地球人を支配するまでに至っているかを、明らかにしているものである。が、他の宇宙人についての説明がほとんどなく、すべての宇宙人がこのような意図に出ているかのような、誤解を受けやすいだろう。とはいえ、このような事態があることについては、先のグリア博士も認めていることだし、地球の現状をみれば、疑いのないことともいえる。

これも、記事『「人間の支配層の陰謀」と「地球外存在」の影響」』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-9948.html)て述べていたが、このような支配的、略奪的な宇宙人に反対し、それを許さない宇宙人の勢力もある。それとの関係で、支配的、略奪的な宇宙人は追い込まれており、自分らの支配的な位置を覆えされないよう、躍起になっているのが現状と解される。ただし、反対する「宇宙人」の勢力も、地球人が意図しないことについて、干渉することはしない方針である。だから、結局は、我々自身の問題であり、どうなるかは、我々次第としか言いようがないのである。

S.グリア博士については、自伝的に、自らの活動と、宇宙人や政府関係者との交流を綴った、著書『UFOテクノロジー隠蔽工作』(めるくまーる)も読んだ。当初は、知らなかったが、グリア博士は、霊的な方面の造詣も深く、体験も豊富で、単なる「研究者」の枠を超えて、総合的に、「宇宙」や「宇宙人」の問題に取り組んでいる。そして、その捉え方は、私とも非常に近いものであった。

また、「宇宙人」や「宇宙人の技術」に関する事実についても、自身の体験や、宇宙人や政府関係者との交流を通して、かなりのことが知れる。恐らくこれは、現時点で知り得る、最高度のものといえ、それらが、エピソードとしてだが、分かりやすく述べられていて貴重である。

これらについて知りたい人は、この著書を読んでもらえばいいと言えるのだが、ここでは、私の観点から、それをも参照にしつつ、述べることにする。

「宇宙人の技術」については、先の記事でも取り上げていた。認知科学の苫米地氏も、宇宙人の技術について語っている(https://www.youtube.com/watch?v=gLYSky5ovgI)。

UFOの動力やフリーエネルギーなどは、「宇宙人の技術」の典型だが、もはや地球上にも、ある程度入り込んでおり、地球製のUFOも相当作られている状況である。こういった技術を、無思慮に、しかも、「秘密政府」に独占的に流しているのは、もちろん、支配的、略奪的な宇宙人である。これらは、本来、地球のエネルギー問題を解決し、「エネルギー革命」を起こし得る性質のものだが、それを隠蔽し、もっぱら軍事的、兵器的な方向で実現させているのである。

「モルゲロン病」というおぞましい「病気」(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-52f0.html)も、「宇宙人の技術」 から来たものとしか解しようがなく、バイオやナノテクノロジーの方面でも、相当の技術が入り込んでいると思われる。

それら「技術」という形で、物質的に現実化されたものは、我々の恐怖をより具体的なレベルで、増長する。

記事『高度の技術と「集団ストーカー」』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-c852.html)でみたように、「集団ストーカー」や「テクノロジー犯罪」というものにも、被害者の脳に作用する、「宇宙人の技術」が関わっている可能性がある。そのようなことは、(ある意味、被害者の見立てのとおり)決して、一部の特殊な人だけの問題ではないものにする。現代においては、あらゆる人が、このような「技術」によって、何らかの「攻撃」を受けるとともに、「洗脳」を受けている可能性があるのだ。

実際には、そうでなくとも、止めなく発展する、「技術」というものに対する、恐怖自体が、そのような可能性を、垣間見せずにはおかないのである。

このように、「宇宙人」が地球に来ているばかりではなく、(「支配層」の中核によって構成された)地球の「秘密政府」と手を結び、「宇宙人の技術」を独占し、地球の支配を実行しようとしており、それはある程度達成されているというのが、現状と解されるのである

しかし、「宇宙人」と「宇宙人の技術」については、改めて、一考を要する。特に、それが、現在の地球上の科学や技術の延長上にあるもののようにみなされることには、注意を要する。

先の記事で述べたように、「宇宙人」や「宇宙人の技術」を、現在の地球上の科学や技術の延長上に、つまりは「唯物的」な発想の延長上に捉えようとすることは、これらの見方を、大きく制限してまうからである。また、そのような見方では、とても理解不能な事柄を、無理やり「唯物的」な発想に押し込めて捉えようとすることで、事態をより混乱と恐怖に満ちた、難しいものにしてしまうからである。

このことを象徴するのが、「集団ストーカー」や「テクノロジー犯罪」ともいえる。これらは、実際には、「霊的なもの」の作用が大きく関わっている可能性があるのに、被害者は、それを無理やり、「唯物的」な発想の延長上に捉えようとする。そうして、「思考盗聴」に代表されるような、はた目にも、おどろおどろしく、奇怪な論理を繰り広げ、混乱と恐怖を拡大しているのである。

同じことは、「統合失調」の者の、内部で起こっていることを、無理やりに、「唯物的」な発想で説明しようとする、奇怪な「妄想」についてもいえる。

「唯物的」な発想の延長上で捉えようとすることで、「宇宙人」や「宇宙人の技術」ということにも、これと似たような混乱と恐怖の拡大が、みてとれるのである。前にあげた、ここ(https://www.facebook.com/dimensionstalker/)の説明にも、その傾向があると思う。

そこで、「宇宙人」や「宇宙人の技術」については、「霊的なもの」との関係で、見直すことが、是非とも必要である。それについては、次回みることにする。

2016年3月 7日 (月)

次回の記事について

「霊的なもの」との関係での、「宇宙人」や「宇宙人の技術」についての記事は、これからの時代にとっての、重要性に鑑み、当初考えていたよりも、詳しくやることにしました。本なども読みたいものがあるので、記事の投稿には、今しばらくかかることになります。

とはいえ、既に概要は、これまでの記事で述べていることですので、興味のある人は、次の記事などを、読んでいてもらえると、有り難いです。

「 「公開プロジェクト摘要書」について 」(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-2f57.html)
「 「人間の支配層の陰謀」と「地球外存在」の影響 」(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-9948.html
「「プレアデス+」と「創造神」「捕食者」 」(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-d8e8.html
「「モルゲロン病」」(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-52f0.html)

このブログの記事は、多少「マニアック」になっていく傾向にあります。「狂気」ないし「統合失調」については、現在、ホームペーシに改めてまとめ直すことを考えていて、基本的なことは、そちらで述べ直そうと思っています。

もちろん、このブログ記事でも、最初の方では、「狂気」ないし「統合失調」について、基本的なことから詳しく説き起こしていますし、今後も、「狂気」ないし「統合失調」関連のことも、述べていくつもりではいます。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントの投稿について

無料ブログはココログ