« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月20日 (土)

高度の技術と「集団ストーカー」

「集団ストーカー」や「テクノロジー犯罪」という発想が出てくることには、「技術」の高度の発展ということが、関わっていた。現在の「技術」がとこまで進んでいるのか見えにくく、把握しにくいことが、このような発想をもたらすことに、大きく貢献していたのである。

しかし、「テクノロジー犯罪」はまだしも、「集団ストーカー」では、高度の技術が強調されるほど、そのやり方の稚拙さが、より浮き彫りになるということにも注目してほしい

「集団ストーカー」で、特定の者に狙いを定め、四六時中、つきまとうには、確かに、本人の情報をリアルタイムで把握するための、普通は信じ難い、高度の技術が必要になるだろう。しかし、一方で、その狙った者に対して、(そんなことをすれば「足がつく」のが明らかであるにも拘わらず)莫大な数の人材を適材適所に配置し、四六時中、長期にわたって、つきまとわせる。しかも、それだけの、手間と暇と金をかけて、実際にやることといえば、何か直接手を下すわけでもなく、ただ、「仄めかし」という効果があるか怪しい行為を、闇雲に繰り返すだけである。

このような子供じみた、稚拙なやり方が、高度の技術ということと、あまりに大きなアンバランスをなしていることは、明らかであろう。

しかし、それでも、本人が実際に感じている、ありのままの「感覚」としては、「集団」つまり、道で行き交う人など、自分を取り巻く多くの人が、自分に対して、自分しか知らないはずのことを、仄めかして来るというのは、確かな「事実」として起こっていることなのである

それは、何度も言うように、「統合失調」でも同じである。要するに、「事実」の問題として、まず確かにあるといえるのは、本人の内部にある、そのような「感覚」なのである。そして、その「感覚」というのは、普通の日常的な感覚に照らせば、確かに、「おかしい」ことである。普通は、あるはずのないことが、「起こっている」と感じられるということである。

問題は、その、「おかしい」はずの「感覚」を、「そのまま」信じるところに始まっている。実際に、周りの人が、「仄めかしている」という現実があると信じてしまう、ということである。そして、「集団ストーカー」なる、それを説明できると称する、多分に仕掛けられた「概念」を提供されると、これ幸いと、それに飛びついてしまうのである。

自分がリアルに感じている、「感覚」そのものを疑うということは、確かに、難しいことである。それは、自分にとっての、「現実」ということが、不確かなものとして、問われることにもなってくる。さらには、まさに「おかしい」ということ、つまり、その「感覚」は「幻覚」なのであり、「病気」であるとみなされることにも、つながってくるのである。

しかし、繰り返すが、どう解釈されるかに関わらず、この「感覚」そのものは、「真実」のものであり、疑いなく、あるものである。他の多くの者と共通するものではなく、周りの、「物理的な事実」そのものを反映するものではないという意味で、「幻覚」とは言えても、それを「病気」ということでは、何の説明にもならないものである。

もし、高度の技術というものがあるなら、この「感覚」そのものが、その高度の技術により、植えつけられたものということも考えられるはずである。つまり、「人が集団で自分を仄めかしている」ように感じられる「感覚」を、脳に直接与えているということである。一種の「仮想現実の創出」である。

「テクノロジー犯罪」なるものがあり、直接人の脳に、「声」を与えることができるというなら、その延長上に、そのような「感覚」を与えることができても不思議はないはずである。(「テクノロジー犯罪」はあるのに、このようなことはないというのは、明らかに、筋が通らない。)むしろ、その方が、高度の技術がありながら、「集団ストーカー」なる、稚拙な方法をとることより、よほど、高度の技術ということで、一貫したやり方といえる。また、この方が、不必要な、手間や人材を使うことなく、的確に、効率よく、人を精神的に追い込み、人々の間に、軋轢をもたらすことができるのである。

前にあげた、宇宙人が黒幕という<これ>(https://www.facebook.com/dimensionstalker/)が言っていることも、ほぼそういうことである。

私は、そのようなこと自体は、あり得ることと思う。本人は、それでは、あまりに、いいように、「躍らされ」ているだけであるし、そんなことでは、自分の存在価値やアイデンティティも見出せないので、認め難いことだろうが。

ただ、私が言っているのは、そんな高度の技術などを駆使しないでも、「霊的存在」であれば、霊的領域から、「人が集団で自分を仄めかしている」ように感じられる「感覚」を与えることなど、簡単なことである、ということである

これらの存在は、人の背後から、あたかも、その人自身が、「声」などの攻撃を仕掛けているように見せることは、簡単である。また、実際に、「統合失調」の場合にも、そうやって、人の背後から「声」を仕掛けてるいるために、「統合失調」の人は、周りの人自身が「声」を仕掛けて来ると感じて、「迫害妄想」をもってしまうことは、何度も述べて来た。

さらに、「憑依」ではないが、一種、それに近い影響力の行使により、ある人が、他の者に、実際に、攻撃を仕掛けるように働きかけることも可能なのである。

こういったことは、そこら辺の「自然霊」でも可能だが、その背後には、「アーリマン存在」ないし「捕食者」がおり、それらは「宇宙人」という捉え方もできる。そして、それらの存在は、「技術」ということとも、大いに関わっているのも事実である。

しかし、それにしても、まずもって、霊的な領域からの攻撃で、こういうことが可能であることは、はっきりと押さえておく必要がある。そのような視点なしに、ただ「宇宙人の技術」ということだと、現代の地球上の、唯物論的な発想の延長上に、捉えられてしまう可能性が高い。それでは、見方を、大きく制限してしまうし、対処の仕方も、見出し難い

ただ、それを踏まえたうえでなら、「宇宙人の技術」という可能性をみることにも、十分意義があることだろう。

次回は、その「宇宙人の技術」ということを、「霊的なもの」との関係で、改めてとりあげてみる。

2016年2月10日 (水)

「テクノロジー犯罪」という発想

集団で、特定の者に、仄めかしや、つきまといなどの嫌がらせをして、精神的に追い込んでいき、崩壊をもたらすという、「集団ストーカー」なるものに、リアリティを感じている人がかなりいる。また、それとは別に、何者かが、電磁波等の物理的な「情報」を、直接、特定の者の脳に流して、混乱や恐怖を与え、精神的に追い込むという、「テクノロジー犯罪」なるものに、リアリティを感じている人がかなりいる。それらは、ネット上でも、かなりの程度、「類型化」され、あたかも、現実の出来事であるのかのように語られる。

一つの構図として、まだ統合失調状況に陥っているとはいえない、神経過敏状態に陥っている人や、漠然と関係妄想的な感覚をもっている人たちが、「集団ストーカー」という類型に、かなり統合失調状況に陥ってしまっていて、「声」や何らかの「情報」を受けるという、自覚のある人たちが、「テクノロジー犯罪」という類型にからめとられる、というのがみてとれる。

「集団ストーカー」と「テクノロジー犯罪」は、互いに切り離された個人が乱立する、現代の高度情報化社会において、統合失調がらみの「電波系」をからめとる、「包囲網」をなしているともいえる

しかし、それは何も、現代に始まったことではなく、そもそも、精神医学の作り出した、「統合失調症」なる「病気」も、集団が、そこからはみ出す個人をからめとるために、「戦略」として編み出された、「概念装置」に過ぎない。その意味では、「集団ストーカー」や「テクノロジー犯罪」と何ら変わりはない。ただ、時代の移り変わりにより、そこに付される意味内容が、大きく変わったというだけである。

それは、それを規定する主体も、「集団」の側から、「個人」の側へと変わり、「病気」ではなく、「犯罪」とされることになった。つまり、見かけ上、これまで「病気」とされた側からの、「集団」(権力)に対する、反撃のような形になっている。

しかし、実質は、「病気」というのと同様、やはり、「支配層」によって、現代にふさわしい形で、反対の側から、そのような者を「概念装置」へと囲い込むために、「誘導」されているに過ぎないのである。それは、「集団」に対する反撃というよりは、実際には、互いに切り離された「個人」同士の、疑心暗鬼と軋轢を拡大することにしかなっていない。また、そこに、誘導された者が、そこから抜け出し難い、どうしようもない袋小路に陥ることも、「病気」の場合と、変わることはない。

いずれにしても、「集団ストーカー」と「テクノロジー犯罪」は、内面に起こっている、ある異様な感覚の原因を、外界に(無理やり)求めてしまうことから来ているのは、同じである。「集団ストーカー」の場合は、現実に自分を取り巻く「集団」の行為に、「テクノロジー犯罪」の場合は、脳という内部の過程を通してだが、やはり、外界の特定の者の行為に、求められている。その意味では、いかに、現代社会の一面ををとらえて、もっともらしく類型化されていても、かつての、「CIAに狙われる」などの典型的な「妄想」と変わるものではない。つまり、内部において、現実に起こっていること自体は、統合失調の場合と、ほとんど変わるものではないのである

しかし、現代のように、技術が、日々飛躍的に進歩し、複雑化すると、その技術の原理を理解することは、一般の者には及び難くなる。それで、そのような技術そのものが、謎めいたものとなり、その適用範囲も見定めがたく、実際以上に膨らまされてイメージされることにもなる。一体、誰がその技術を所有し、操る主体なのかも、見えにくくなる。それに、(多くの者にも推察されるようになったように)実際に、現代の状況として、当然のように行われている、支配層による、新技術の隠蔽、独占などの発想が絡むと、それは止めのないものにまで拡大し得る。

つまり、かつては、ある者を取り巻く、「集団性」や「組織」ということに、恐怖の重点があったが、現代の状況は、それに「技術」そのものの恐怖も加わり、両者が相乗効果をなして、止めなく拡大されている。

そのような状況では、「テクノロジー犯罪」という発想が出て来ることにも、それなりの理由があると言わねばならない。

しかし、それにしても、現段階で、特定の者の脳に、誰かが直接、物理的情報を与え、特定のことを信じさせたり、混乱させるなどということが、広く行われていると信じることは、無理である。それは、まず第一に、技術的にも、不可能とみなすべきである(※1)。たとえそれを譲歩し、技術的には可能だと仮定したとしても、金銭その他の実際上の理由で、広く一般に行われているとみることは、不可能である。さらに、それだけのことを、無意味に広く行うというだけの、動機や理由も、理解不能である。

つまり、現段階では、論理的に考える限り、「不可能」なこと、あるいは、「不可能である可能性があまりにも高い」ことである。だから、「テクノロジー犯罪」の被害者であると確信するということは、通常は不可能か、考え難いことを、その者が、何らかの「主観的理由」により、あえて「信じる」ということが起こっているのである。

そこで、一般の、統合失調の「妄想」の場合と同じように、なぜそのようなことが信じられてしまうのか、つまり、この場合の、本人の「主観的理由」というのを理解することが、鍵となる

それには、一般の統合失調の場合として述べたことが、かなりの程度当てはまるとともに、新しい事情もある。新しい事情とは、かつてより、情報の浸透が進み、統合失調そのものについての情報が、ある程度知られるようになったということ、さらに、先に述べたように、ネットを通して、「テクノロジー犯罪」ということ自体が、かなり類型化されて、知られるようになったことである。

自分が「テクノロジー犯罪」の被害者だと言うことは、何らかの「声」などを聞いているが、その「声」が、自分を取り巻く、直接の他者から来るものではないと、気づいていることである。まず、ここに、一般の典型的な、「声」を、自分を取り巻く、他者のものと思ってしまう場合との相違がある。

これには、私もそうだったが、自分のアパートなど、現に、周りに他者を擁しないような環境でも、「声」を聞いているという状況が、作用している。かつてなら、それは、隣の者の「声」が壁を通して聞こえているとか、あるいは、誰かの「テレパシーによる声」などと理解されることが多かっただろう。

しかし、現在では、それよりも、「テクノロジー犯罪」による「物理的な電波」を仕掛けられているという方が、本人にとって、より「リアリティ」があり、「信じられる」ものになっているのである。

「テクノロジー犯罪」の被害者というものは、このように「声」を聞いていることを訴えかけると、「統合失調」などの精神病と思われてしまうことを意識している。あるいは、統合失調症の患者に仕立てるためにこそ、「テクノロジー犯罪」が行われているという風に捉える。いずれにしても、かつてと異なり、「声」が聞こえるはずのない状況で、聞こえるのは、一般には「統合失調」とみられるということを、十分知っているのである。これは、「統合失調」についての情報が、かなりの程度行き渡ったからこそ、なのである。

しかし、もちろんのこと、自分自身が、「統合失調症」という「病気」であるなどとは考えない。それは、既に何度も述べたが、現に「声」を聞いている人に対しては、無理なことなのである。というより、むしろ、その者のもつ「病気」のイメージに照らすと、かえって、自分は「病気ではない」という意識の方を強めてしまうのである。「病気」という理解そのものが、その「声」が真実のものではなくて、ただの「幻想」だということを意味しているので、その「声」の「リアリティ」あるいは、「実在性」を、衝撃をもって受け止めている本人にとっては、「病気ではない」ことの方を、強く確信させてしまう、ということである。

そこで、その「声」の正体について、その者なりに、つき止めるようとすることになるが、そこに作用するのが、「物理的電波」による攻撃という発想である。「声」は、もしそこに、他人がいれば、その者の発する「声」と区別し難いほど、「物理的」に聞こえることは、何度も述べた。ただし、そこには、自分の「頭」または「心」に、直接に響いて来るような感覚も伴っている。そこで、この「物理的」という感覚と、「直接」的に響くという感覚を供に重視すると、「テレパシー」や、通常聞こえるはずのない壁越しの「声」などよりも、「物理的電波」を直接受けているという方が、より合致するのである。

さらに、「声」が聞こえるなどと訴えると、一般には「統合失調」とみられるということを知っていればこそ、その「声」は、実在する、「物理的」なものでなければならないということもある。この点では、「テレパシー」や「霊的なもの」などというのは、他人に訴えかけて、納得させるには、あまりに弱過ぎるし、いかにも、「統合失調的」であり過ぎる。「統合失調」ではない、ということを強調するためにも、それは、直接の他者のものではなくとも、実在する「物理的なもの」である必要があるのである。

通常は、そのようなことは、技術的に不可能と考えるのだが、それが、既にみたような理由で、現代では、必ずしも、自明なことではなくなっているのである。また、ネットで、類型化されている、多くの者の「被害報告」などをみると、「目からうろこ」が落ちたように、自分の場合もそれに当てはまると確信して、飛びついてしまうのである。

さらに、そのような「解釈」がとられるのには、心理的な影響も大きく作用している。「権力者」による「犯罪」の「被害者」となる、というのがポイントで、それが、そのような状況にある、多くの者が陥っているであろう、自分の存在価値、ないし、「アイデンティティ」の、希薄な状態を、一応とも、解消してくれるのである

「テクノロジー犯罪」を訴える者は、神経過敏になり、音に過敏になっている可能性が高い。それは、恐らく、「引きこもり」なとの影響で、社会との関係も薄れ、一人で閉じこもることが、多いことにもよっている。そのような状況は、社会的常識に欠かさせることにもなるし、自分の価値や、社会との関係で、「アイデンティティ」が得られないことにも苦しむことになる。

「権力者」による「テクノロジー犯罪」の「被害者」である、と自分を規定することは、少なくともその本人にとっては、「正義」の側につくことであり、また、それを、社会に訴えかけることにも意義が見い出せることである。それは、社会との関係で、何ほどかの「アイデンティティ」を与えてくれる、とともに、社会に貢献できていないという、ある種の「後ろめたさ」のようなものも、解消してくれるのである。

そもそも「妄想」は、破壊的状況にある、自己を補おうとする、防衛反応なのだが、その内容は、何でもいいのではなく、自分に起こっていることを、自分なりに本気で納得させるだけの、「リアリティ」あるものでなければならない。さらに、それは、希薄化する自己を補うような、存在理由を与えてくれるものでなければならない。それは、時代や文化によっても、それに見合ったものに、変化し得るものである。

このようにして、現代では、かつての、単純な、「組織による迫害」より、「テクノロジー犯罪の被害者」ということの方が、より「統合失調的状況」にある者の、「妄想」として、くみ取られやすくなっているのだといえる

何しろ、「テクノロジー犯罪」を訴えかける人の意に反して、それは、「統合失調」とも、明らかに、共通の基盤を有している。問題は、その「共通の基盤」というものの実質を、誰も掘り下げようとせず、理解しないことである。それは、「テクノロジー犯罪」を訴えかける人だけでなく、精神科医においてもそうだし、一般人においては、なおさらである。

だから、問題は、結局は、「統合失調状況」というものの実質を、本当に掘り下げて、理解するということに尽きるのである

※1  現在では、脳内の微弱な電流を読み取って、外部の機器とつなげて、その機器を操作したり、外部から、脳内の電流を通して、内部の情報を読んだりする、「ブレイン・マシン・インターフェース」(BMI)という技術も開発されている。(綴りが、肥満指数「BMI」と同じだったり、順番を入れ変えると、巨大IT企業「IBM」になったり、黒服の男「MIB」なったりするのが気になるが(笑))

この技術を応用すると、「テクノロジー犯罪」が可能なように言う人もあるが、現在の段階では、あまりに、飛躍と飛躍、憶測と憶測を積み重ねない限り、無理なことである。

この点については、またいずれ、記事にするかもしれないが、いずれにしても、その可能性がどうのこうのということではなく、そうまでしても、この「解釈」が選び取られてしまうということこそが、問題なのである。そして、それは、他の可能性を考えようという場合に、どうしても、「統合失調症」という、もう一つの「網」が、覆いかぶさって来て、邪魔をするという問題でもある。

実際、その「網」にかかるのを避けようとして、「テクノロジー犯罪」(「集団ストーカー」の場合もそうだが)という、別の「網」に、かかってしまっているのである。しかし、実際には、その両方の「網」は、どちらも、「支配層」が用意したものである、ということである。

※2 高度の技術をもった宇宙人が黒幕という、<これ>(https://www.facebook.com/dimensionstalker/)は、ある意味「真実」(但し、文字通り、すべてを「宇宙人」の技術のせいにするのは、行き過ぎ)。というか、テクノロジー犯罪を主張する人は、人間を越えた存在でなければできないようなことを主張している、ということぐらいの自覚はほしい。もっとも、宇宙人というか高度の知性体でなくとも、そこら辺の自然霊で、このような現象は演出できてしまうことは、前の記事(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-9e9f.html)でも述べたとおり。ただ、その背後に、「捕食者」ないし「アーリマン存在」がいることは、常々言っていることだし、それは、「宇宙人」という観点から捉えることも可能なのである。(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-fc30.html 参照)

※3 以下は、コメント欄での返信だが、重要な点がよくまとまっていると思うので、ここにも掲げておく。

「「アーリマン存在」について知っている人は、「被害者」サイトの記事内容からも、いかにものその感じが伝わってくると思います。それは、「アーリマン存在」から「攻撃」を受け、その影響を受けているからこそとも言えるわけで、「攻撃」などないのに、そんなことを「でっちあげている」ということではないのです。

ただ、その「攻撃に対する攻撃」の矛先が、「人間」そのものへとずらされている、ということとであり、そこに「アーリマン的」なものの影響が入り込んで、ますます人と人の間に恐怖と混乱、争いをもたらすことになっているということです。

私は、その点では、「宇宙人の高度技術による攻撃」という捉え方も、あまり変わらないことになってしまうと思っています。やはり、「霊的なもの」の影響という点に、目を向けるべきです。「物質的な次元を越えた領域」であるからこそ、何も、ややこしい「技術」などを駆使しないでも、いわば単純な「能力」として、人の思考を読むことや、その思考に沿った適確な「攻撃」が可能となるわけです。

また、人間を越えた、「霊的なもの」の影響と分かれば、その「攻撃」に対して、こちらから「攻撃」を仕向けることは、無意味であることも分かるはずです。そのようなものには、「攻撃」を向けることではなく、相手の「攻撃」や「意図」に「乗った」り、「振り回された」りしないことが肝心なのです。本人が、それを「受け流す」ことができて、それに「乗ら」なければ、その影響も大したものでなくすることができるのです。それは、(「物理的なもの」であれば、なかなかそうはいかないですが)「霊的なもの」であるからこそ、そうできるという面もあるのです。

なお、このような受け止め方や対処法は、「統合失調」における「声」の攻撃についても、全くあてはまることです。」

※4  以下も、コメント欄での返信だが、より分かりやすい説明と思うので、ここにも掲げておく。

「まずは、「集団ストーカー」や「テクノロジー犯罪」の被害を訴える人が、それを自ら信じて、恐れることで、ますます深みにはまり、自分を追い込んでいること。ネットなどを通して、社会的に訴えかけることで、その「被害」に巻き込む人を増やし、人々の間に混乱や軋轢をもたらしていること、を自覚することが必要です。つまり、「支配層」や「捕食者」的な存在の思うつぼにはまり、彼らに「加担」することになっているということです。

さらには、自分がされている攻撃というのが、「物理的なもの」というよりも、「霊的なもの」である可能性に目を向けることが必要です。初めは、そのような見方自体が、混乱をもたらすこともあるでしょうが、いずれ、その可能性に納得がいくようになれば、今まで、自ら、いいように「振り回されて」いたことにも気づくことができるはずです。そして、その攻撃に、自ら「乗った」り、「振り回された」りしなければ、その影響を大きく減退させることができることにも気づくはずです。

まずは、そのようなことが重要なことと思っています。」

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントの投稿について

無料ブログはココログ