« 「オープンダイアローグ」の要点の図 | トップページ | 「テクノロジー犯罪」という発想 »

2016年1月31日 (日)

「例外」としての「回復」の意味

記事『精神的な「病」と「医療化」(図)』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-5717.html)で、社会との関係で精神医療がどのような役割を果たしているか、分かりやすい図を示した。それを再掲してみる。

Photo精神医療は、社会から逸脱する者を「病気」として、「治療」の対象とすることで、抱え込み、「管理・処分」する役割を果たしている。社会の内部で対処することの困難な者を、病院の体制や精神薬などの物理的・化学的な手段で、強引に抑え込んでくれるのである。つまりは、「厄介払い」の代行である。これにより、社会に大きく貢献するとともに、利益を吸い上げることで、その「支配層」にも大きく貢献している。

この図において、「例外」として、病院に抱え込んだ者が、「回復」し、社会へと復帰する場合があることを示した。そして、これがなければ、いくらなんでも、「治療のシステム」としては成り立たないということを述べた。

しかし、病院の役割が、このようなものだとすると、この「例外」としての「回復」とは、実質的にどういうことを意味するのか。ここで2つの要点を示しておきたい。

1つは、もちろんだが、それは「治療の成功」などと、単純にみなせるものではないということである

中には、一応、確かに、外見上「回復」したようにみえる場合もあるだろう。しかし、それが、「治療により」もたらされたという保証は何もない。むしろ、精神的な病なるものは、本来、一定の期間の経過により、自然に回復に向かうのが本来の姿だとすれば、それは、ただそれが起こっているだけである可能性が高い。

記事『統合失調症とアイデンティティ』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-faec.html)でもみたが、「回復」(寛解)したという人は、初めは「合わない」薬の作用を受けて、事態が悪化するが、薬をいろいろ変えた末、「合うもの」がみつかって、劇的に回復したなどということが多い。しかし、それは、初めの状態との比較において、そう言われるのであり、だとすれば、「精神薬」の作用としての初めの状態が、いかに酷いものであったかということなのである。その酷い状態が、弱まって、あるいは解消されれば、それは、その間の期間の経過にもより、実際に「回復」に向かうことになったとしても、不思議はない。

それは、「精神薬によって」、治療されたのではなく、「精神薬を服用したにも拘わらず」、治癒に向ったのである

ただ、そこに、実際に、精神薬の「抑制効果」(一種の「麻痺」効果)が働いたという可能性はあるだろう。それが、本人を「おとなしく」させ、傍目にも、危険な感じが失われ、結果として、単純作業を中心とする、社会的な仕事に就かせることを可能にするということは、あり得ることである。

しかし、それが、「治療」といえるのかは別問題だし、本人の側からみて、好ましことかも、疑問である。
               
2つは、この社会へと復帰して行く、「例外」は、病院の役割からすれば、「例外」とはいっても、精神医療や「支配層」にとっては、失敗でも、損失でもなく、むしろ望ましいこと、ということである

なぜなら、図でも示されているように、「社会」とは、そもそも彼らの「管理下」にあるものだからである。そこから、逸脱する者を、病院の体制や精神薬により、「おとなしく」「柔順」にさせ、一応とも、社会に適合するものとなさしめたのだから、それは、全く彼らの意図に反するものではない。もちろん、本当に「危険」な者は、手っ取り早く、「管理」、「処分」されるだろうが、そうでなくとも、社会に適合するものにできたのなら、それで十分成功なのである。

さらに、前の記事でも述べたように、この「例外」があるからこそ、全体としての「精神医療のシステム」が、「治療のシステム」という見かけのもとに、成り立つのである。だから、この「例外」は、彼らにとっても、システムの存続にとって、重要な、生命線なのである。(一応とも、「治る」ように見える場合は、彼らとしても、周到に用意しておかねばならないということである。)

要するに、この「例外」を含めて、「精神医療のシステム」は、徹頭徹尾、彼らの意図にかなうようにできているということである

« 「オープンダイアローグ」の要点の図 | トップページ | 「テクノロジー犯罪」という発想 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント

読ませていただき、参考になりました。ブログ応援してます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/63146191

この記事へのトラックバック一覧です: 「例外」としての「回復」の意味:

« 「オープンダイアローグ」の要点の図 | トップページ | 「テクノロジー犯罪」という発想 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントの投稿について

無料ブログはココログ