« 『精神病覚え書』について | トップページ | 2015年 ぺージビュー数ベスト5 »

2015年12月26日 (土)

『人間失格』の場合

太宰治も、坂口安吾同様、あるいはそれ以上に、「人間」ないし「世間」の底にあるものを見つめ、それを恐れてもいた。

太宰の『人間失格』は、主人公の目を通しての、太宰のそのような「世間」に対する見方の推移として、捉えてみることができる

主人公は、「分裂気質」そのものとまでは言えなくとも、それに十分通じる、「人間」や「世間」に対する恐怖を抱き続けていた。子供の頃から、「人間の生活というものが、見当がつかなかった」といい、「人間の営みが、なにもわかっていなかった」という。

次の言葉は、それを象徴するものといえる。

めしを食べなければ死ぬ、という言葉は、自分の耳には、ただイヤなおどかしとしか聞えませんでした。その迷信は、(いまでも自分には、何だか迷信のように思われてならないのですが)しかし、いつも自分に不安と恐怖を与えました。人間は、めしを食べなければ死ぬから、そのために働いて、めしを食べなければならぬ、という言葉ほど自分にとって難解で晦渋で、そうして脅迫めいた響きを感じさせる言葉は、なかったのです。

まさに、これは、「世間」において、人間の「生活」の基本中の基本として、陰に陽に唱えられる、「掟」のようなものだ。しかし、主人公には、それが全く理解できなかったのである。

私も、子供の頃、これに近い感覚をもっていた。「めしを食べなければ死ぬ」ということ自体は、本当かもしれないと思い、太宰のように、「迷信」とまでは思えなかったが、「めしを食べなければ死ぬ」、という言葉が殊更強調され、唱えられることには、何か、茶番めいた「白々しさ」、「ウソっぽさ」を感じていたのだ。

しかし、「食べない人」が、かなりの程度表に現れ始めた現在、この点では太宰の方が正しかった。それは、まさに、「迷信」以外の何ものでもなかったのだ。

また、主人公は、子供の頃、友人に、オバケの絵を見せられ、そこに、これまでに体験したことのない「リアリティ」を感じる。これこそ、人間という化け物の本当の姿を捉えたものと思うのである。そして、自分も、いずれこのような絵を描きたいと思う。

さらに、学生の頃、堀木という友人に連れられて、マルクス経済学の講義を受けに行った。その講義を聞いて、次のように思う。

それは、そうに違いないだろうけども、人間の心には、もっとわけのわからない、おそろしいものがある。欲、といっても言いたりない、ヴァニティ(虚栄心)といっても、いいたりない、色と欲、とこう二つ並べても、いいたりない、何だか自分にもわからぬが、人間の世の底に、経済だけでない、へんに<怪談じみたもの>があるような気がして、…

とても納得できず、少しも、恐怖から解放されることはなかった、というのである。そして、その恐怖の「実態」は、人間の世の底にある、へんに<怪談じみたもの>として、明らかにされる。
                
この<怪談じみたもの>は、安吾のいう、「動物(性)」よりも、より踏み込んだ捉え方と思う。「動物(性)」という言い方は、人間の内部に潜む、制御し難い「衝動」のようなものを言い表してはいる。しかし、この<怪談じみたもの>は、そのようなものを越えて、さらに、人間の内部の衝動には、還元できない(まさに「言い足りない」)、ある、捉え難い、「外部的な力」のようなものも、含みみているからである。「人間」の「内部」というよりも、それらの「間」に蠢くものを捉えている、ということである。

その意味では、私の言う、「アーリマン的なもの」との共通性が、より露となっている。<怪談じみたもの>ではなく、「妖怪じみたもの」としてくれた方が、この点は、より浮き彫りになっただろう。

そんな主人公は、女にはもてたので、女道楽や酒など、退廃的な生活をする。そこで、「世間」そのものを体現するかのような、堀木に、次のように忠告される。「女道楽もこのへんにしろ。そうしないと、世間が許さないからな。」

そこで、主人公は思う。

世間とは、いったい、何の事でしょう。人間の複数でしょうか。どこに、その世間というものの実体があるのでしょう。けれども、強く、きびしく、こわいもの、とばかり思ってこれまで生きてきたのですが…。

しかし、堀木にそう言われてみると、堀木に面と向かって言う気にはならないが、「世間というのは、君じゃないか」。「世間が、ゆるさない」というのは、「世間じゃない、あなたが、ゆるさないのでしょう?」という思いが生じる。

そして、そのとき以来、「世間とは個人じゃないか」という思想めいたものを、持つようになったという。そうすると、世間というものが、前ほどこわくなくなり、今までより、自分の意志で動くことができるようになる。また、あまり、世間に、気兼ねをする必要も感じなくなる。 

「世間というものの実質が、個人である」というのは、確かに一面を捉えている。
人が、「世間」なるものを持ち出すとき、それは、その「個人」が、「世間」というものを傘に着て、自分自身を語っているのである。

しかし、この事態は、次のように裏切られることになる。

主人公は、ヨシ子という、疑いを知らない純真な娘と結婚する。しかし、あるとき、自分の家の二階で、ヨシ子がほかの男と寝ているのを目撃することになる。堀木が、それを見ていながら、やめさせるようなこともせず、主人公にわざわざそれを知らせにやってきたのだ。

ヨシ子は、疑いを知らない女で、ただ、男の「何もしない」という言葉を信じて、家に入れただけだった。現場を見た後、何もせず、呼ぶだけ呼んでおいて、すぐその場から去った堀木には、確かに、後に怒りを感じはした。が、主人公にとって、問題は、そんなことではなく、そこで起こっいている、厳粛な「事実」そのものだった。
         
そのとき、主人公は、「怒りでも、嫌悪でも、悲しみでもなく、ただもの凄まじい恐怖を感じた」という。それは、

墓地の幽霊などに対する恐怖ではなく、神社の杉木立で白衣の御神体に逢った時に感ずるかもしれないような、四の五の言わさぬ古代の荒々しい恐怖感でした。

 
まさに、現れては消える、「幽け」き、「幽霊」などの(つまりは「人間」などの)次元を越えた、「四の五の言わさぬ」圧倒的な「力」が、そこには、現れ出ていて、厳粛な、「人間の真実」を告げていたのだ

そこで、主人公は、「自分にとって、<世の中>は、やはり底知れず、恐ろしいところでした」と告白せざるを得ない。

つまり、「世間とは個人じゃないか」という思想は、無残にも、覆えされた。そればかりか、そこにあるのは、初めに思っていた、「怪談じみたもの」すら越えていた。それは、もっと、厳粛で、動かし難い、「神的なもの」とすらいえるものだったのだ。
                                 
それて、主人公は、もはや、「この世の営みに対するいっさいの期待、よろこび、共鳴などから永遠にはなれる」ことになった。

…「人間失格」。そんな太宰が、ごまかしのない、「堕落」の果てに発見したものとは、「ただ、いっさいは過ぎてゆきます」という、たった一つの、「真理」だった。

※ 鈴木大拙は禅を知るきっかけになった人だが、その秘書を務めていた人は、ちょっとお嬢さんタイプの人で、何かあったか、こんなことを晩年の大拙に漏らしたらしい。「世間というのはこわいところなのですね。」それに対する大拙の言葉が印象に残っている。

「そうか、それがわかったか。これでわしも安心して死ねる。」

« 『精神病覚え書』について | トップページ | 2015年 ぺージビュー数ベスト5 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

中々落ち着いて集中して文を読み込む時間がとれないこの頃です。申し訳なく思いながら日々は流れ

いつも読ませて頂き有難うございます。

来年は読み込めるようになりたいです。

お身体にお気をつけどうぞ良い日々をお過ごしくださいませ。明日は2016年ですね。

(´∇`)/

明けましておめでとう?ございます。

私は文章を飛ばし飛ばし読む癖があり、しかも慢性的な積ん読症で、ゼンゼンはかどりません。


今年も宜しくお願いいたします。

長津タカ様、明けましておめでとう?ございます。
コメントの「?」がいい感じです。

読み方、私は飛び飛び読みの逆でもっのすごっく読むのが遅く、まるで杖をついて歩く老婆です。

急所と思われる地点に差し掛かった所で、杖をスコップに持ち代えて、深く深く地面を掘っていくモグラになります。

よって一冊を読み終えるのに相当時間がかかります。なのにこれまでは衝動で買っちゃ積み、ピサの斜塔、雪崩…(汗)

最近はこちらと他のブログで学ばせて頂き、その流れで積ん読資源から一冊引出し読み始める流れです。

長くなりました。地に足を踏みしめて、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

こちらこそ宜しくお願いいたします。

みるくゆがふさんのモグラ読みであれば、ウンベルトエーコの『薔薇の名前』などもけっこう余裕で読めますよ。


これを飛ばし飛ばし読むと、読書感想文になりませんからね(笑)。

テレビは観るけど読書はしないまたは苦手の人と読書家の違いは、読み方の癖にあるのかもしれませんね。

ティエム様こんにちは。

人間失格・・・めんどうです(笑)

ティエム様の文章には、おおむね共感します。

この作品は、私は罪な作品と思います。読む者のなにものかを削ぎ落とす技術、夕闇から闇夜、部屋の明かりが次々に消されて行き、最後は暗闇で屈強な男達に囲まれ、奥の奥の座敷牢に、簀巻きで投げ込まれるようです。

文がたつだけに読み込んでいくと、陥穽にはまり込んでゆきませんか。

これだけ人間の内部を露わにする為に、人間の内部の別の異質の部分は、ごっそり剥ぎ取られている。うーーーん。実に巧すぎる作品です。

35年前読んで、20年前読んで、今読んでも、私は同じところでほぼ同様の吐気を催します。

妻が男に凌辱されていると見た瞬間に判る。ならば、自分の気持ちや感じの前に、何かやることあるだろうが。(仮に妻が男と遊んでいたとしてもでございます)

立ちすくむ妻に、何か思う心、衝撃を受けた妻の思いに泥にまみれながら入って手をとる心が回れ右で、徹頭徹尾自己内面のみを語り続けてて疲れる。神木云々言わなんでいいでしょ。人間なぞあなた子供の頃から判っていたじゃない。

生々しい生あるうちは無意識に生に「何か」を期待してしまうのかもしれない。私はそうです。

薬大量服用、誰も殴らずにこれかい、と嘆きつつ安堵してしまいました。(妻ともう一度生き直す証の決行と解釈しました)
なのに生かされ、生かされながら殺されていく。同時に安泰得る向う岸には、妻よお前もか。社会常識は凄い。妖怪と比べては妖怪に失礼です。

誕生から(胎内から)周囲の何ら疑問符を持たない「おどろおどろしいコールタールのような実在」に四六時中さらされ肉体を成長させられるよりなかった主人公。彼に少しは鈍感で無神経な資質があったならと一瞬思うとは、既に我も向こう岸の化け物。

研ぎ澄まされた満身創痍の純粋な感性が自己防衛のみに終始し怯えて、やがて周囲の常識が鉄板に進化していくのと反比例する様に汚名を背負い滅んでいくさまは無残な、どこにでもある景観です。せめて誰でもいいから叩きのめし刑務所行きならね。見事に書き手も読み手をも救わせません。

認められない叫びがいつの時代にもある。二十五歳以上の人におすすめします。純真な幾多の若い人が達筆にのみ込まれていった作品ともいえます。何不自由なく育った二十歳以下の方には、とりあえずおすすめしません。

追筆

ティエム様の感想と私の感想には、服用前に「オワッテ」いたか、服用後に「オワッテ」いたかの違いはあるようです。

びくびくと暮らし行く妻と主人公が「霊」としては、まだ引き裂かれてはいないように思うのは、私のはかない「期待」でしょうか。

薬を捨てずに己の体内に流し込む、最後の(もしくは最初で最後の)献身であったと思います。主人公に期待は無く、ただ純粋な献身です。でもまさかあんなことになるとは。

いっさいは、過ぎてゆきます
「自己」「主体性」すらもこの世の道具、虚語に過ぎないと…

いな、いな、やはり巧妙にごっそり削ぎ落とされている、あるいは目隠しされている。そちらにも向こう岸にも、私は行かない。行けない。削ぎ落とされているとわかるから、行くことはできない。船を降ります。

みるくゆがふさん、ありがとうございます。

太宰のこの小説に対する反応は、共感か、嫌悪のいずれかに、大きく分かれるというのはあるようですね。

私は、今回の、みるくゆがふさんの感想は、一見「嫌悪」が強いように思えて、実は、私以上に、太宰に心を寄せている面も強いのではないかと思いました。(これは、太宰に嫌悪を抱く人の多くに言えることかもしれないですが)。少なくとも、太宰の世界を、自分から突き放して、客観的みるということはしていないですよね。


私も、若い頃に、多分10代の後半だったと思いますが、最初にこの「人間失格」を読んだときは、かなりアンビバレントな感想をもち、確かに、自分のことを語っていると思えるくらいの共感をもつ反面、みるくゆがふさんのように、妻の犯されている姿を傍観していたり、自分の正直な思いを人に表わさず、偽った反応ばかりしていたり、最後には、自分をキリストになぞられえたりしているところなど、反感を持つ面も大きかったです。

しかし、今は、どちらかというと、共感も反感もなく、ただ、大枠として、そこに表現されていることは、「紛れもない事実」として、客観的に受け止めているという感じです。

それに、今回の記事は、太宰の小説に対する感想ではなく、太宰の「世間」に対する見方の推移を、客観的に捉えてみようとしたものです。そうすると、太宰が、「世間」の底に潜むものを、いかに見事に捉えるに至ったか、ということが分かる、ということを述べているのです。子どもの頃は、漠然としたものだったのが、最後には、非常に明確なものになっている、それも、人間を越えた、ある「動かし難いもの」として、目の当たりにしたということが重要と思います。

「そこに現れている厳粛な事実」と言いましたが、それは、自分の妻が犯されている状況という、そのままの具体的な「事実」が問題ということなのではなく、多分、どんなことでもよかったのですが、たまたま太宰には、そのような「事実」として現れ出たというだけのことと思うのです。その背後に働いている、「ある圧倒的で、動かし難いもの」を肌で感じ取ったということが重要ということです。

それを前にしては、人間という分際のものが、どうのこうのできるものではない、という強い感覚です。私は、「アーリマン的なもの」と言いましたが、それは、また、分裂病的状況で出会われるものとも通じるものです。

ですので、今の私は、太宰に対する感情的な感想はおいて、それは単純に、「真実」そのままが述べられている、という感覚です。

人間が、全体として、この「アーリマン的なもの」を克服すべく、本気で動き出すなら、それはいずれはあり得ることかもしれません。が、とりあえずは、一般に、この「アーリマン的なもの」が本当に自覚されることすらないのが普通で、まずは、このことが認識されることから始められなければならないのではないかと思います。

詳細な解説を有難うございました。「何でも良かった」はうなずけました。

また宜しくお願い致します。

私も、初めこの小説を読んだとき、(自分は散々女道楽をしていながら)、妻の不倫現場をみての「絶望」という流れには、納得のいかない、疑問を感じたのを思い出しました。太宰自身、最後は心中という形で、人を巻き込んで自殺しているという事実も、小説全体に疑問を付させる事態でした。

この「出来事」が主人公に与えた、「有無を言わさぬ」衝撃を理解するには、やはり、主人公が、子どもの頃から感じていた、「人間」や「世間」の底に潜むものについての捉え方の推移を、はっきりと押さえておく必要があると思います。

主人公は、子どもの頃には、それを「怪談じみたもの」として、感じ取っていたが、その後は、「世間とは個人に過ぎない」として、それを軽んじ、そんなものはないかのように振舞っていたというのも、ポイントです。この「出来事」が起こったときには、その一旦は忘れ去ったものが、背後から、より強大な力をまとって、はっきりと顔をのぞかせていたのだと思います。それは、「墓地の幽霊などに対する恐怖ではなく、神社の杉木立で白衣の御神体に逢った時に感ずるかもしれないような、四の五の言わさぬ古代の荒々しい恐怖感」という表現に、はっきり表れています。それは、「厳粛で動かし難い」「人間を越えたもの」だったということです。「アーリマン存在」そのものを間近にしたというのではないにしても、それに近い、ある「実体」といっていいものを、肌で感じ取る感覚があったのだと思います。

太宰自身は、それと向き合うことなどできず、「絶望」に留まり、はっきりと「敗れ去っ」ています。そこには、さまざまな事情が作用したでしょう。「絶望」ということの質も問われると思います。また、いすれ、この問題もとりあげてみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/62939245

この記事へのトラックバック一覧です: 『人間失格』の場合 :

« 『精神病覚え書』について | トップページ | 2015年 ぺージビュー数ベスト5 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ