« 『輪廻転生-私をつなぐ生まれ変わりの物語』他 | トップページ | 「輪廻転生」が否定された理由 »

2015年11月16日 (月)

「子どもが親を選ぶ」ということ

「子どもが親を選んで生まれてくる」ということは、ネット上でもかなり反響を呼んでいるようだ。

しかし、現段階で、はっきりと言えることは、「親を選んで生まれてきた」と「語る」子どもが、かなりの程度いる、ということだけである。誰もが、「親を選んで生まれてくる」かのように、安易に一般化することはできない

実際、『子どもは親を選んで生まれてくる』でも、「流されるように生まれてしまって、すぐ帰ってくる」子どももいるということが、語られている。また、「中間世」では、近くに「神さま」がいて、「親を選ぶ」にしても、「神さま」のアドバイスを受けて、生まれてくるということが語られる。あるいは、本人が「生まれる」ことに躊躇していると、後ろから「早く行け」と、蹴られるようにして、「この世」に生まれ落ちていく子どももあるという。

このように、明らかに、子どもが、「親を選んで生まれてくる」とは、言いにくい場合もあるのである。「霊的な世界」においても、「選択」ということが、そう主体的になされるというものではない。

最後の例なんかは、まさに、「押すなよ!絶対押すなよ!」と言いつつ、ある意味「望んだとおり」、後ろから押されて、「この世」という「熱湯風呂」に、落ちてしまったことを意味するかのようである。また、上から見ていて、誰かを「助けたい」という思いを生じ、何人かで、「俺が(子どもとして)生まれるよ」、「いや俺が生まれるよ」、「…じゃあ、俺が生まれるよ」、「(皆で)どうぞ、どうぞ!」てなことで、「生まれる」ハメになることもあるのかもしれない。

とはいえ、かなりの子どもが、上から見ていて、「優しそう」だからとか、「自分の目的に適いそう」だからという理由で、はっきり、「親を選んで生まれてきた」と「語る」というのは、確かなことのようである。しかし、これも、生まれる直前の、「中間世」における意識においては、そうであるということに過ぎない。「前世」も含めた、よりトータルな意識からみると、どういうことになるのかは、不明なのである。

「中間世」の段階では、自分で主体的に「選んだ」つもりでも、実際には、「前世」の「カルマ」または「縁」に突き動かされて、そうなってしまったということなのかもしれない。また、「神さま」のアドバイスというのも、そういうことを考慮して、なされているのかもしれない。こうなると、単純に、「選んだ」という言い方ができるかは、疑問である。

物議を醸し出すのは、子どもが虐待されるような場合にも、子どもが親を選んでいるのかということだが、本では、その場合も、そうなることを予想しつつ、あえて選ぶのだということが語られている。それは、子どもが、親に「虐待はいけないこと」と気づかせるため、つまり、親を成長させるためなのだという。たとえ、殺される場合でも、何度も、それに気づかせるために、そうするのだと語られるものもある。

「中間世」の段階では、「この世」的な「現実」感覚は、かなり薄れてしまっているだろうから、理想や衝動にかられて、こういう「選択」がなされることも、かなりあるのかもしれない。

しかし、これも微妙な問題で、虐待される子どもが皆そうであると、一般化することはできない。また、先にみたように、その時点では、「選んでいる」つもりでも、実際には、「神さま」の意向だったり、前世のカルマや縁に突き動かされたものだったりすることも、あるはずである。

何しろ、虐待される子どもは、親を自分で「選んでいる」のだから、虐待されても、甘んじて受け入れるべきだとか、親から離れてはならない、などとということにはならない。たとえ、実際に、「選んでいる」という面があるにしても、そうである。

もし、「自分で選んだ」ことは、解消してはならないのだったら、「この世」でも、自分で選んだ異性や、結婚相手との関係を、解消してはならないことになるはずである。また、自分で選んだ会社なら、上司に何をされても、辞めてはならないことになるはずである。

「子どもが親を選んで生まれてくる」ということは、一般化するのではなく、あくまで、自分が、自分の人生をみつめるために、そのような可能性を考えるとか、自分の子どもが、そのようにして生まれてきた可能性があるということで、責任や自覚を高めるために、考慮すればいいのである

中には、障害をもって生まれてきた子どもの、親に向って、「親を選んで生まれてきたのですよ」などと、声をかける人もいるそうだ。本人は、慰めか、褒め言葉的な意味で言っているつもりなのだろうが、何とも、安易で、「大きなお世話」な話である。

« 『輪廻転生-私をつなぐ生まれ変わりの物語』他 | トップページ | 「輪廻転生」が否定された理由 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきます。
ティエム様の主張はごもっともだと思います。まさに自分が疑問に思っていたことを言って下さった下さったという感じです。

ところでなのですが、
「本人が「生まれる」ことに躊躇していると、後ろから「早く行け」と、蹴られるようにして、「この世」に生まれ落ちていく子どももあるという。」
とありますが、この例の出典となった本を教えていただけないでしょうか。

手元にある本でざっと探してみましたが、残念ながらこの例をみつけることはできませんでした。

手元にあるのは、『子どもは親を選んで生まれてくる』と『胎内記憶』(角川新書)です。私は、『子どもは親を選んで生まれてくる』に載っていたと思っていたのですが、それは勘違いで、ほかの本だったかもしれません。

ただ、子どもは、多くの場合、優しそうだからとか、自分の目的に合いそうだからとかで、親を選んで生まれてくると語るけれども、こんな例もあるということで、この例が紹介されていたのは間違いありません。インパクトがあったので、はっきり覚えています。

このユーチューブの講演動画でも、そのことが少し語られています。(4分15秒辺りから)
https://www.youtube.com/watch?v=PLBj0HvmkyI

ティエム様

ご返信ありがとうございます。
確かにユーチューブの動画でそのことが語られていますね。
スピリチュアル界隈で安易に子どもは親を選んでくると言われる中、突き落とされたというような例も広く紹介されるべきだと思いました。

そうですね。

池川明氏の言うように、子どもは、意味も理由もなく親の元に生まれてくるのではなく、中間生における、そのときの子どもなりの「主体的」な理由によって、生まれてくるというのは確かなことと思います。

そのことの自覚は、親と子どもの問題を、様々に解消させ、ポジティブな方向に作用するものがあると思います。

ただし、さらに踏み込んでみれば、その「主体性」には、いろいろと疑問が出て来ざるを得ないということになりますね。

「神様」のアドバイスや指導を受けるということですが、それもどのような意図のもとになされているのか、怪しいところがあります。もちろん、子どもは、文字通り「神様」と思っているのでしょうが、「早く行け」と蹴り落とすような例からも、「支配」的、「操作」的なものを感じさせるものがあります。

中間生とこの世との転生の繰返しそのものが、そのように方向づけられ、操作されているという可能性もあります。

これは、最近の記事『エイリアン インタビュー』のエイリアンが語っていることでもありますけどね。

ティエムさん、お返事ありがとうございます。

「子どもが親を選ぶ」ということの欄に書いたつもりが、違う欄に書き込みがいってしまい、申し訳ありませんでした。m(__)m

「解離」と「憑依」については、初回と2回目に現れ、2回とも保護室入院となりました。その頃に精神科医の小栗康平先生の本を読みあさって東京に行ってUSPTを受けさせてあげたいと思っていましたが、保護室から出て退院する時になったら、人格が統合し鬱気味になってそこまでしなくても大丈夫な状態になり治療にいたりませんでした。

3回目と4回目は、ティエムさんの仰られたように「双極性障害」(躁鬱)の要素と妄想、幻視、幻聴がありましたが、入院までには至らず、家で3~6ヶ月養生してなんとか社会復帰しました。
現在は減薬していますが、薬を飲むとボンヤリすると本人が言って副作用もあるのでいつかは止めさせたいと思っています。

本人は症状が出たことについては、嫌な思い出を掘り返したくないのか、病気についてはあまり言いたがらないです。

薬は対象療法に過ぎず、人によって傷ついた心は人(気のエネルギー?)によってしか治せないように思います。

「憑依」または「解離」の状態は、現在は表立って表れていないということなので、その根本的な治療をするかどうかというのは、確かに難しい状況ではあるでしょうね。治まっている状態のものを、下手に刺激すると、余計に酷い症状をもたらすということもありますし。

ただ、それに対処しないと、いつまたその症状が表れるか分からないという不安は、つきまとうことになると思います。

小栗康平精神科医は、私も、解離に関して、霊的な憑依との違いを踏まえて対処できる、唯一と言ってもいいくらいの医師と思います。ただ、現在は、霊的な憑依への対処(霊能者の紹介)は行っていないということだし、予約をとるのも、現実には、大変なのではあるでしょうね。(HP https://blog.goo.ne.jp/ogurixx 参照)

娘さんが、病気というか、そのような事態に陥ってしまったことについて話したがらないのは、嫌な思い出になっているということのほかに、自分の意識では、自分自身がそのようなことをしたという自覚があまりないということにもよると思います。解離にしても、憑依にしても、自分ではない意識に、ある種乗っとられられたような状態なので、記憶もあまりなく、どこか他人事のようなところがあるのだと思います。

もし、根本的な対処をするのであれば、そのことも本人に指摘して、そのような状態にあるとき、傍からはどう感じられたか、本人に伝えることも必要になろうかと思います。そのうえで、本人が、どのように考え、どのように対処したいかは、もはや本人自身の問題と言えるかもしれません。

なお、前の投稿は、こちらの記事へ投稿しようとしたということなので、以下のコメント欄に移させてもらいました。

ティエムさん、はじめて。
gentleyuさんとkazuさんがコメントされているのを見て、思わず思い切ってコメントさせて頂きます。

娘(28歳)が5年ほど前から精神疾患を発症し、一旦症状が治まって徐々に減薬断薬し、しばらくの間は普通に生活ができ又再発しを4回も繰り返しています。
不調の間は、休学、休職(3~6ヶ月)し、治っている期間(9ヶ月~1年6ヶ月)は普通に大学も通え留年しましたがきちんと卒業し、又、仕事にもクローズドで現在働いております。

エクソシストみたいに憑依されていると感じた事も、乖離して人格が数人現れた事も、夜中に家出をして錯乱して警察に保護された事も、病院の保護室に2ヶ月間閉じ込められていた事もあります。
家出をし絶望的な状況の時に「子どもが親を選ぶ」という言葉を信じ、娘を何とか助け出さないとと必死に祈り、気を送っていたら、警察から電話がかかり神様への祈りが通じたように感じました。

娘は元々対人コミュニケーション能力が低い所があり、又、ストレスに脆弱な体質もあって発症したのかなぁと私は思っています。
親はいつまでも子供を守ってあげられないので、それまでに社会に適応して生きていけるようにと願っております。

ティエムさんが回復された転帰とか回復に役立つ何かアドバイスやヒントとか有りましたら、コメントして頂けると有り難いので宜しくお願い致します。m(__)m

P.S
記事から少し逸脱しておりますが宜しくお願い致します。


投稿: TAKA | 2019年8月 3日 (土) 11時16分

最近は、「非定型精神病」などと言われるのか、特にどれかの病名に類型化しにくい、いかにも精神的、感情的に不安定で、突発的な行動を起こしやすい、症状が多い気がします。

コメントから窺われる限りですが、「解離」や「憑依」の要素はかなりあるように見受けられるし、「双極性障害」(躁鬱)の要素も見受けられます。仰る通り、kazuさんの娘さんと、近いところもありますね。(記事『エイリアン インタビュー』 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-2348fe.html のコメント欄参照)

ただ、TAKAさんの娘さんの場合、「憑依」または「解離」という面がはっきり表に出ていますので、「精神薬」によって原因が解消するはずがないのが、はっきりしていると思います。一時的に治まったように見えても、また繰返し症状が現れるのは、目に見えているとうことです。

まずは、はっきり表に出ている「憑依」または「解離」という面にしっかり対処し得るような人を探す必要があると思います。精神科医であるなら、「解離」ということに、精神療法的な面からしっかり対処できる人ということになります。kazuさんへのコメントでも言ったように、「憑依」について、安易に霊能者等の「除霊」を依頼するのは、危険です。しかし、もし、信用のおける人が見つかるなら、相談してみるのも、一方法かと思います。

しかし、「憑依」は、誤解されがちですが、一時的なものなら、誰にもあるものです。だから、「憑依」が疑われるからと言って、必要以上に怖がったり、どうしても除霊しなければならないなどとは思わないことです。ただ、ある時期集中して起こり、明らかに危険な状態と思われるなら、その必要も考慮した方がいいかもしれません。

また、これも、kazuさんへのコメントでも言いましたが、本人がどのように感じ、どうしたいと思っているかが重要なので、コミニュケーションがとれる限り、はっきりと真剣に意見を伝え、本人の考えも聞き出すべきです。


投稿: ティエム | 2019年8月 3日 (土) 12時44分

ティエムさん、お返事ありがとうございます。

「憑依」または「解離」の件ですが、現在は治まっているのと、対処出来る方がいらっしゃらないので、今のところは治療は無理かなと思っています。

ストレスがかかって鬱を経て躁の状態になるので、その躁状態があまり酷くならなければ「憑依」または「解離」に到らないような気がします。

娘は小さい頃からいわゆるお利口さんで大人しいタイプだったので、親、先生、先輩、友達、上司等に気を遣って、自我を我慢してきたように思います。
脳自体の脆弱性もあると思いますが、フロイトでいう超自我が強かったのか、自我がちゃんと育ってなくて(年の割に精神的に幼い)、エスが暴走したように思います。

躁状態になったときは、幼い時に受けたいじめや元彼・親・先生・友達・先輩・バイト先・就職先に対する怒りが噴出しました。

現在は落ち着いていますが、本人の病気に対する自覚が乏しく(躁状態は本人は万能感がして気持ちが良いそうです)、病気に対する対策等について親が言うと煩がるので、第3者の心理士さんにカウンセリングをして頂いています。

私もいじめ等色々有りましたが病気にはなっていないので、脳自体の脆弱性も大きいのかなと思います。


>本人がどのように感じ、どうしたいと思っているかが重要なので、コミニュケーションがとれる限り、はっきりと真剣に意見を伝え、本人の考えも聞き出すべきです。
ティエムさんの仰る通りだと思います。本人が自分の状態をちゃんと把握出来ると良いのですが、中々上手くいきません。

これは、あくまで一般論ですが、最近「非定型精神病」と言われるものが増えていることには、化学物質、電磁波、精神薬、ワクチンその他、脳への後天的な影響も大きいのではないかと思っています。これらは、霊的なものの影響を引き寄せることにも作用するので、厄介なものです。

脳への後天的な影響、霊的なものの影響ですね。

そうですね。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「子どもが親を選ぶ」ということ:

« 『輪廻転生-私をつなぐ生まれ変わりの物語』他 | トップページ | 「輪廻転生」が否定された理由 »

新設ページ

ブログパーツ

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントの投稿について

無料ブログはココログ