« 「ルサンチマン」と病気への傾向 | トップページ | 二つのちょっとした出来事 »

2015年8月24日 (月)

シュタイナーの「人智学」について

シュタイナーについては、記事『シュタイナーの「悪魔論」について』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post-fee0.html)でも述べたとおり、私の興味は、全体の「神秘学」ないし「霊学」にも及んでいるが、基本的に、中心は、自分の体験によく符合し、他には見い出すことのできない、「2系統の悪魔論」ということになる。「統合失調」に絡めて参照にしたのも、この「悪魔論」が多かった。

しかし、最近の記事『シュタイナーの精神病論3―「幻覚」と「妄想」』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-054b.html)で、「アーリマン」に対抗する「判断力」は、「神智学を研究する」ことで養われるということ、さらに、シュタイナーは、この「神智学」を「自分の霊学」の意味で言っているのに違いないことを述べた。

また、シュタイナーは、「カルマ」的結果としての、病気などに代えることのできるものとしても、「神智学」を真剣に学ぶことをあげている。つまり、「神智学」を学ぶことで、深いところから、霊的な認識を自分に作用させることで、「カルマ」的結果を受け取るのと、同じ意味のことをなすことができるということである。

このように、シュタイナーの霊学を学ぶこと自体の重要性を明らかにしたので、改めて、シュタイナーの霊学について、どのような性質のものなのか、一とおり述べておこうと思う

シュタイナーの霊学は、「人智学」とも呼ばれる。これは、ブラバッキーなどによって伝えられた、特定の霊的知識体系としての、「神智学」を受け継ぎつつ、それに対抗して、新しく立てられたものである。「神智学協会」には、当時シュタイナー自身、指導者として関わっていたのだが、シュタイナーは、その組織を離れて、自らの「人智学」を打ち出すことになる。その直接の理由は、まだ少年だったクリシュナムルティを、協会が、世界教師として、一種の救世主として仰ぎ出したからである。

当時、存在した霊的知識体系としては、まず、「スピリチュアリズム」があったが、これは、高級霊と称する霊的存在が、霊媒を通して語った、「霊界通信」を知識の内容の中心としている。同様に、「神智学」も、大師(マスター)と呼ばれる、超越的存在ないし人類の指導者が、仲介者を通して語った教えを、内容の中心としている。

それらには、確かに、人間的なものを越えた「きらめき」がみられる部分があるのも、事実である。そのような、人間的なものを越えた「きらめき」は、人々を魅了し、ひきつけるものがある。しかし、それらは、人間的なものによって、確かめられたり、咀嚼されたものではない。

そのような要素が、無批判に受け入れられれば、幻想的な熱狂や耽溺を生み、地上生活を疎かにさせる。あるいは、人間を越えたと思われるものへの、「崇拝」を膨らませ、クリシュナムルティを救世主として仰ぐようなことを起こさせる。(最近の記事でも述べたように、要するに、ルシファー的な誘惑が入り込みやすいということである。)

シュタイナーは、「神智学」の「神」を「人」にして、「神智学」の、そのような「神的な要素」を、「人間的なもの」に変えるべく、「人智学」を打ち立てたのだといえる。それは、シュタイナーの、あくまで、人間的な超感覚的能力と人間的な思考能力または論理によって、咀嚼され直した、「神智学」ということである

それは、ある意味で、「神的なもの」を「人間的なもの」に、引き降ろしたのである。だから、そこには、「スピリチュアリズム」や「神智学」にはあったかもしれない、超人間的な「きらめき」は、もはやほとんどみられない。シュタイナーの語りや文章は、基本「味気」がなく、「つまらない」ものである。また、シュタイナーは、「分からない」ことは、基本「分からない」ままに、放置する。「スピリチュアリズム」や「神智学」のように、上段から、一方的に、結論めいたことを言い放ったりはしない。

また、霊的なものの実像を浮き上がらせるのは、あくまで、「人間的な論理」を通してである。それは、本来、「そのもの」を端的に言い表すには、相応しいものではなく、様々な観点から切り込むことで、何とか全体像を浮かび上がらせるという,迂遠な方法で、迫るしかないものである。結果としても、どこか曖昧で、端的には捉え難い、もどかしさを感じさせるものにならざるを得ない。

このように、霊的知識体系としては、必ずしも、インパクトのあるものでも、「面白み」のあるものでも、学びやすいものでも、ないのである。恐らく、多くの人は、シュタイナーの「霊学」を学ぼうとしても、そのような感想をもち、とっつきにくいと思うことだろう。

さらに、シュタイナーの特徴は、私も注目したように、独自の「2系等の悪魔論」であり、「悪魔論」としても、他のものと比べて、かなり具体的で、深く踏み込んだ内容のものである。シュタイナーは、霊的な認識や実践においても、これら「悪魔」的存在の影響がいかに強く働くかを強調し、それらの性質(自らの内部に働く性質でもある)をよく認識して、その影響を避けつつ、実践していくことを重視するのである。その意味では、とても慎重なものであり、また、道徳的な態度を要求するなど、ある意味、説教臭いものでもある。霊的な真実に向って、直截に突き進んでいくといった性質のものではない。

一般には、霊的知識を学ぼうとするとき、非日常的で未知なものである、「霊的な真実」について、単刀直入に知りたいと思うことであろう。あまり興味の湧かない「悪魔論」とか、その影響を避けるための、道徳性や判断力など、煩わしい限りのものに違いない。そういう点からも、シュタイナーの霊学は、一般に取り入りやすいものとは思えない。

その点は、いかんともし難いが、ただ、「統合失調状況」なり、何らかの、「霊界の境域」に関わる「恐ろしい」体験をした者は、シュタイナーの言っていることが、いかに的確かを、身にしみて感じることになるはずである。また、そういう、(その他の部分はかっこに入れておき)自分が、本当に体験的に納得できることを、受け取っていくという態度で接するならば、むしろ、シュタイナーのように、地道ではあるが、人間的に咀嚼された内容のものの方が、しっかりと身についていくということも言えるのである。

私自身そうであり、何度も言うように、全体として、シュタイナーの言っていることを受け入れているわけではない。特に宇宙進化論(地球進化論)の部分などは、むしろ、「神智学」を引き継ぐ部分が多過ぎるのが問題で、「神智学」からもっとはっきりと離れて、自分の感覚と論理に忠実に独自に打ち立てた方が、いいものになったはずなのである。

いずれにしても、多くの人とって、シュタイナーを読んでみたいという思いはあっても、なかなかとっつきにくくて、そうできないというのが現実でははないかと思う。

そこで、私の一つの提案は、一般に、主要著書とされる、『神智学』や『神秘学概論』、『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』ではなく、『シュタイナーのカルマ論』を読んでみることである。この書では、他に比べて、割と、明確に語るということがなされているし、内容も濃く、「カルマ」という問題を通して、シュタイナーの考えの全体像も、ある程度みえるものになっている。「カルマ」は、誰もが興味のある問題と思うし、病気などを通して、強い関心をもつ人もかなりいるはずである。

私も記事で、この書をとりあげている(『シュタイナーの精神病論2及び3』 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-6351.html, http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-054b.html)が、それも大いに参照になるはずである。それで、さらに読みたくなれば、『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』などを読めばいいのである。これは、自ら自覚的に霊的な認識を獲得するための、修行の方法を示した書だが、「霊界の境域」でどんなことが生じ、それに対処するにはどんな方法があるのか、という視点から読むことも可能である。

何しろ、「霊的なもの」に真剣に関わろうとする者、あるいはそうせざるを得なくなった者にとって、他のものでは得難いものが、多くあることは確かである。

« 「ルサンチマン」と病気への傾向 | トップページ | 二つのちょっとした出来事 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/62150034

この記事へのトラックバック一覧です: シュタイナーの「人智学」について:

« 「ルサンチマン」と病気への傾向 | トップページ | 二つのちょっとした出来事 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ