« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月21日 (木)

一過性の現象としての「統合失調」

久しぶりに、「統合失調」について述べる。「統合失調」については、本来、「一過性の現象であり得る」ということが、見失われてしまっていることが、大きな問題だと改めて思う。

一過性の現象で「あり得る」とはどういうことか。

『物語としての精神分裂病』(赤坂憲雄)もいうように、近代以前の伝統文化、特に未開社会では、「統合失調」は、一過性の錯乱現象としてしか知られていなかった。つまり、現に、一過性の現象で「あった」のである。

しかし、それは、共同体の全体が、この現象を自らのことのように受け止めて、受け継がれた伝統的な方法とシステムに則って、その解消に当たったからである。

たとえば、日本の江戸期であれば、記事『「分裂病」と「憑きもの」(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-dc36.html)で詳しくみたように、憑きもの筋の者と憑かれる者という、独特の二分化された「憑き」の理解のもと、共同体全体として、そのような状態を解消するシステムをもっていたのである。

そのように、「集団的な癒し」の方法が、生きていたから、一過性の現象で治まっていたということである。

やはり、『物語としての精神分裂病』でもとりあげられているが、野田正彰著『狂気の起源をもとめて』(中公新書)は、パプアニューギニアのいくつかの地域での、精神的な病のあり様をレポートした貴重な記録である。かなり古いものだが、ちょうど、西洋文明との接触のほとんどない伝統文化そのものの地域の人々、西洋文明の影響を受けてかなり変容した地域の人々、その中間的な境界上の人々という、それぞれの相違が鮮明となる時代だったからこそ、それぞれの精神的な病のあり方の違いも、鮮明に浮かび上がっていて興味深いのである。

それによると、西洋文明との接触のほとんどない伝統文化そのものの地域の人々では、一過性の錯乱現象として以外に、「精神的な病」などというものはみられない。ところが、西洋文明の影響を受けてかなり変容した地域では、継続的に幻覚や妄想に捕えられたり、孤立し、荒廃した生を生きる、典型的な「精神的病」というものが生じている。そして、現に異文化と接しつつある、境界的な人々では、切迫した、急性的な分裂病的反応や、誇大妄想などの現象が、現に発生する現場をみることができるのである。

著者も、精神病というものは、もともとあったものではなく、西洋文明という異文化との接触による危機の反応として、起こるものと結論づけている。そして、それは、貨幣経済や個人主義などの、異質なシステムの導入により、伝統的な共同体のシステムが崩れ、切り離された個人と社会という関係の中においては、継続的なものへと追いやられることにもなる。

それは、より一般化して言えば、それまでは、一過性の錯乱現象でしかなかったものが、共同体による癒しのシステムを失ったがために、一過性のものでは終わらなくなった。そこに、社会としても、それを処理する必要に迫られ、精神病なる「概念」を作り出し、その者を抱え込む、精神病院なる「治療」のシステムも生み出されることになったということである。

しかし、共同体による、集団的癒しのシステムを失い、一過性の錯乱現象とは言えなくなったとしても、その現象の「実質」そのものが、全く変わってしまうわけではない。「精神病」も、その「治療システム」も、まずは何より、それを理解する方法を失い、対処する手立てを失ったことの、埋め合わせとして、その現象に被せられた、「概念」ないし「装置」でしかない。

その「実質」が変わっていない以上、それは、今でも、「一過性の現象」で「あり得る」のである。あるいは、「原則」と「例外」ということで言うなら、本来、「一過性の現象」であるのが、「原則」なのである。「一過性で終わらない」ことの方が、異常で例外的な事態だということである。

ところが、それを、『ブログの趣旨』でも触れたような、「一生または長い間」「治らない病気」とか、「同じく」「精神病院に入院しなければならない病気」とか、「同じく」「薬を飲み続けなければならない病気」などというのは、全く、転倒した、「虚構」のイメージというほかない。

そこには、理解と対処の手立てを失ったものに対する、多くの者の、恐怖と絶望が反映されている。とともに、そのような「危険」な者から、社会を防衛するための、「封じ込め」の発想が、込められている。さらに、そのような基盤に乗じて、支配層と製薬業界、医療機関の上層部が、莫大な利益を収奪し続けるシステムを構築したこと、さらには、被支配者層を薬漬けにして、弱体化を図るという戦略などが、積み重ねられた結果でもある。

そのようにして、恐怖と無理解ばかりが膨らまされ、本来の原則を、転倒させた、「真逆」の方向に突き進んでしまったのである。そのイメージは、今も、容易には変え難いものとして、塗り固められてしまっている。しかし、繰り返すが、「長い期間治療を要する」のが「原則」なのではなく、「一過性の現象」であるのが「原則」なのである。この、本来、「一過性の現象であり得る」ということを、見失わないで、抑えておくことが、とても重要である。

最近は、統合失調が「軽症化」したなどと言われるが、これは、社会の締め付けが、、多少とも緩くなったからで、もともと、「一過性の現象」であるのが「原則」なのだから、その場合そうなるのは、当然のことなのである。

また、記事『「狐に化かされる」こと/一時的な「幻覚」「妄想」状態』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-8560.html)や『「統合失調症」という「アイデンティティ」』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-faec.html)でも触れたように、特に思春期には、自我が大きく揺らいで不安定になり、その期間、幻覚や妄想を生じてしまうことも起こり得る。それは、確かに、「統合失調」そのもののような現象なのだが、しかし、その思春期の揺らぎが自然に治まるのに伴って、そのような現象も解消されてしまう可能性が高い。つまり、「一過性の現象」に終わるわけだが、それも、もともと、「一過性の現象」であるのが「原則」であれば、当然のことなのである。

一過性の現象に終わるものは、「統合失調ではない」のではなく、本来、「統合失調」も一過性のもので終わり得るのである。

とは言え、「統合失調」一般について、それを、本当に、「一過性の現象」に終わらせるというのは、やはり、一つの大きな問題である。現在の個人主義的な社会システムにおいて、もはや、伝統的な集団的治癒のシステムを復活させることは、無理に等しいことだろう。だとすれば、現在においては、かつての、集団的な理解や対処の方法に代わるものを、「個人」が何らかのし方で、身につけ、担う必要があることになる。

それは、容易いことではないし、ただ、抽象的な知識や観念として、身につければいいというものでもない。最低限の知識は当然のこととして、実際に、その状態を体験する過程を通して、具体的に学ばれ、身につけるしかないものである。そのためには、少なくとも一定期間、集中的に、その体験と向き合い、治癒のための施設に入るようなことも、必要になるだろう。つまり、社会の側の支援も、一定限度は必要になる。

私は、そのようなことが実現すれば、すぐさま、「一過性」で終わるとはいかないものの、3カ月から6カ月の期間があれば、まず、ほとんど回復することになる、と考えている。

その施設では、必要とあれば、体験者やカウンセラーなどの助言や援助も受けられる。薬については、私は、生命の危険がはっきりと認められるときに限って、しかも、一時的な処置であることを明示したうえで、最低限使うことは、認められてもいいと思う。それは、現在そのようなときに、普通に使われている、拘束や電気ショックに比べれば、マシであろうという消極的な理由からである。しかし、記事でも何度も述べているように、このような危険は、「統合失調」状態で起こっていることや、「幻覚」を、通常の「現実」そのものと混同することから生じているのがほとんどなので、それを解消することができれば、大幅に減少するはずなのである。

「統合失調」に対する恐れは、現在でも、このような「何をするか分からない」「危険」のイメージが多くを占めていて、その「危険」のイメージのために、長期の入院や服薬を押しつける面が大きい。だから、「一過性の現象」を取り戻すうえで、鍵になるのは、多くの者にとっては、このような「危険」のイメージの解消であり、本人自身からすれば、「幻覚」を「現実」そのものと混同することを、回避できることである。そして、そのこと自体は、「幻覚」について、ある程度予備知識を得たり、実際の経験の積み重ねによって、さほど難しいことでもないのである。

そのようにして、今後―具体的にいつかは分からないが―、かつての集団的な理解や対処の方法に代わるものを、「個人」がいわば、「探索的」「実験的」に身につけるような経験が、積み重ねられていく。そうすれば、「統合失調」の「実像」は、恐らく、かつての集団的な理解以上のものに、精度を高められたうえで、広く浸透していく。そのとき、「統合失調」は、かつての、「一過性の現象」というあり方を取り戻すというだけでなく、積極的な「イニシエーション」としての、さらなる意義を見出されることにもなるだろう。

2015年5月 7日 (木)

『ブログの趣旨』の追加

新しく、新設ページとして、『ブログの趣旨』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/shishi.html 右サイドバー最上部)を追加しましたので、どうぞ参照下さい。

特に、初めてこのブログをご覧になる方、どのような趣旨のブログなのか判じかねている方は、このページから読まれることによって、ある程度の目安がつくかと思います。強い違和感、拒否感のある方は、自分の感情に素直に従って、読むのは控えられた方が、よろしいかと思います。

なお、これまで、ときどき記事の最後に案内していた、全体の序論的、総論的な役割を果たす記事『総まとめ(旧「闇を超えて」より』も、その中に組み込んで、参照してもらうようにしています。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントの投稿について

無料ブログはココログ