« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

ページビュー数ベスト5/「解離性幻聴」との相違について

最近、ココログの「アクセス解析」が、かなり詳しくなっていて、ある期間の「ページビュー数ランキング」なども載るようになった。それによると、ごく最近の記事は除いて、「過去28日間」(最長)のランキングのベスト5は次のようである。

1 『精神科は今日も、やりたい放題』 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-727c.html
2 「うつ」を克服して「薬を使わない精神科医」 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-dd5e.html)
3 ダスカロスの「統合失調症論」との関係 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-8fa5.html
4 『心の病の「流行」と精神科治療薬の真実』 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-2e37.html
5 「人格解離」 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-5f44.html

「過去28日間」ということだが、その前も、かなり前から、大体こんな感じになっていたようた。(※)

いずれも、精神医学や精神病に関することについて、深く鋭い考察をしている、それなりに有名な医師や精神科医、ヒーラーなどの著書や動画に絡めての記事である。著作の関連で、検索にもかかりやすいのであろうし、興味が惹かれるのも頷けるものばかりである。実際、精神医学や精神病に興味を持つなら、この5つぐらいは、私の記事だけでなく、関連の著作なりネット上の記事や動画などにも、ひと通り目を通して欲しいというものだ。

そんな中、かなり前の記事で、意外に上位にあることで、目についた記事が、

解離性幻聴」との相違 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/post-e7a3.html
である。

「幻聴」というものは、一般には、「統合失調」と結びつけられやすいが、実際には、「解離性幻聴」というものもある。そこには、「統合失調」の幻聴と似たものがありながら、かなりはっきりした相違もある。記事は、その相違を明らかにしながら、そのような違いが生じる理由も、述べているものである。

この、「統合失調的幻聴」と「解離性幻聴」の違いというのは、それを、診断する医師の側にとっても、大きな問題で、興味をひくものであるはずだが、恐らく、この記事は、実際に「幻聴」を体験したか、体験することが想定される側から、それが、「統合失調的」なものなのか、「解離性」のものなのか、という興味で読まれているのだと思う。

精神医学上は、精神病圏の「統合失調症」と、神経症圏の「解離性障害」では、大きな違いなので、その違いに、興味が集まるのも頷ける。

しかし、繰り返し言っていることだが、これは、「統合失調症」なる病気と「解離性障害」なる病気が、厳として存在し、「幻聴」という現象は、この「統合失調症」か「解離性障害」かの、いずれかの病気に分類される症状である、などということでは全くないので、改めて注意をしておく。

そもそも、「幻覚」のところ(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/post-9e18.htmlhttp://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/post-437e.html)で述べたように、「幻聴」というものが、病的なものである必然性は、全くない。

特に、「幻聴」がどのような性質のものであれ、「幻聴」を「幻聴」(物理的な次元に現れた、多くの者によって共通に知覚される「音声」ではない)と理解して、それに振り回されたり、囚われたりすることがなければ、何ら病的な問題とはならない。しかし、逆に、「幻聴」という現象を、現実の人物の物理的な声と受け取って、それに対して否定的な反応をするときには、自分と周りに「病的」と言っていい事態(精神科医が病気と決めつけたり、無理やり精神薬を処方したりすることも、そのような「病的事態」に含まれる)を巻き起こすことになってしまうものである。

それを踏まえたうえで言えば、人に囚われや混乱をもたらしやすい、「幻聴」というものは確かにある。そして、その「幻聴」の現れ方や性質というものにも、一定の共通のパターンを認めることができる。特に、その「声」の主体が、明確に「他者」のものとして感じ取られ、圧倒的で、自己を翻弄し、操作するように感じられるものと、そうではなく、「他者」的ではあっても、どこか自分との関連を思わせるような、身近なものとして感じられ、その声の内容も、圧倒的で、自己を押し潰すようなものではない、というものがあるということである。

そして、前者を、「統合失調的」な「幻聴」、後者を、「解離性」の「幻聴」と、とりあえず区別しているのである。「統合失調的」な「幻聴」では、幻聴の声の「他者」性が強いということだが、それは同時に、幻聴の声の「リアリティ」も強いということである。だから、「統合失調的」な「幻聴」では、それを現実の他人の声と混同する可能性も高く、実際、そこから、先にみたような、「病的事態」を巻き起こす可能性も高い。

だから、この「区別」というより、「統合失調的」な「幻聴」というものは、現実の他人の声と区別しにくい、「リアリティ」ある幻聴である、ということを知っておくこと自体が、重要なことにもなる。

そして、上のような相違だが、なぜそれが生じるかについては、その後の記事でも、さまざまな視点を示しておいた。

たとえば、幻聴がもたらされる過程における、心理的要因(「非人間的虐待」か「人間的虐待」かなど)、防衛反応の仕方(「非解離的」か「解離」的かなど)、その者の気質や性格(「分裂気質」か「躁鬱気質」か、「内向的」か「外向的」かなど)、幻聴に関わる外部的存在(「捕食者的存在」か「自己から分離したエレメンタル的存在」かなど)などである。

これらの相違やその理由を認識することも、「幻聴」を理解するうえで、また、それに対処するうえで、大いに助けになるばずである。

しかし、それらは、記事でも述べているように、決して、厳密に区別できるものでもなければ、互いに交わらないものでもない。それは、その理由の違いが、何らかの形で反映された、「事実上の違い」にしか過ぎないのであり、そのような枠組みの、厳とした「病気」があるわけではないのである。だから、それらの違いに、拘り過ぎることもまた、無意味であり、いい結果をもたらすことはない

要は、「統合失調的幻聴」であろうが、「解離性幻聴」であろうが、それを「幻聴」として受け止めたうえで、自分なりに対処して行くしかないのである。その違いや違いの理由の認識は、あくまで、そのために、参考にできることでしかない。

記事では、その後、最近は、あまり「統合失調」と「解離」の問題について述べることはなくなっている。しかし、この問題は、私的にも興味が尽きない問題で、人間や人格の本質ということにも、つながってくるものである。いずれまた、集中的にとりあげることがあるだろう。

※ 私が使い方をよく分かってなかったため、「28日間(最長)」などと言ったが、期間区切りでそれより長い期間のランキングも見ることができるのだった。ちなみに、過去6カ月のベスト5プラス1も載せておこう。多少の入れ替わりがあるだけだが。

1   『精神科は今日も、やりたい放題』

2  「人格解離」

3  『心の病の「流行」と精神科治療薬の真実』

4  「うつ」を克服して「薬を使わない精神科医」

5 「ダスカロスの「統合失調症論」との関係

6  「解離性幻聴」との相違

2014年6月12日 (木)

「アンビリーバー」としての「ビリーバー」

超能力や心霊、UFOなどについて,その存在を信じるものを、「ビリーバー」などと言って、揶揄したり、軽蔑したりすることがある。

しかし、実は、そのように、「信じる」者を「ビリーバー」などと言っている者は、その者こそ、「アンビリーバー」としての「ビリーバー」であることに、気づいてもいないようだ。「ビリーバー」が、一応、「信じる」ものや、「信じる」という態度を自覚しているのに対して、「アンビリーバー」としての「ビリーバー」は、自分の「信じる」ものや、「信じる」という態度を自覚してもいないとすれば、こちらの方が余計たちが悪い。       

まず、本当に、客観的かつ科学的に、これらの存在について言うなら、「ある」とも「ない」とも決められないというのが、実際のところである。超能力に関しては、超心理学の統計的手法によって、存在が「証明されている」とみることも可能だが、「再現性」という厳密な物質科学的方法を重視する限り、そこまで言うことは、無理ということにもなる。

そもそも、このような「物質科学」的方法で証明されるものとは、「物質」という概念に則るものだけであるとすれば、超能力や心霊、UFOなど、その範疇に収まらないものの影響を前提とするものを、「物質科学」的方法で証明すること自体が、無理のあることになる。しかし、このような方法では、逆に、超能力や心霊、UFOなどが「ない」ことも証明できないわけで、そうである限り、超能力や心霊、UFOなどがない、とも決められないわけである。

                                              
どちらにも決められないということは、どちらの可能性もあるということで、私は、本当に、どちらの可能性にも本当に開かれている、中立的態度を保てる人がいるとすれば、その人は尊敬に値すると思う(※)。しかし、残念ながら、そういう人は、今までにいた試しがなく、どちらかはっきり分からない、と思っている人も、大抵は、どちらかに重心をかけていて、片方の可能性には、多かれ少なかれ、心を閉ざしているものである。人間は、生きている限り、何ものかを「信じる」ものであり、何ものかを「信じる」以上は、それと抵触する見方は、「信じない」ものである、ということだ。

信じる者を「ビリーバー」などと言う者は、自分は、「信じない」者なのだと思っている。しかし、実際には、自分は、何ものかを「信じている」からこそ、その見方とは抵触する、超能力や心霊、UFOなどが「信じられない」のである。

それらの者は、自分は、「科学」を「信じている」と言うだろう。しかし、既にみたように、科学そのものは、これらのものを、あるともないとも決められない。だから、実際には、「科学」を「信じている」のではなくて、「(物質)科学の方法によって証明できるものだけが、存在するものである」ということを「信じている」のである。言い換えれば、「宇宙」には、「(物質)科学の方法によって証明できないものなど、存在しない」と「信じている」ということである。

端的に言えば、「唯物論」を「信じている」ということであり、さらに言うなら、「宇宙は、人間の頭によって、共通の理解と操作のできるように、人間の都合に合わせてできている」と「信じている」ということにもなる。(実際には、このように言うことによって、いかにそんなことが、「ありそうもない」ことであるかが、明らかになるはずなのだが)

結局は、「アンビリーバー」も、何かを「信じる」という点では、「ビリーバー」と、「同じ穴のムジナ」なわけである。そして、既に述べたように、それは、自分が、何を「信じている」かを自覚しない点において、あるいは、自分は「信じない」者であるかような「幻想」を抱いている点において、「ビリーバー」よりたちが悪い

私自身は、これまでの記事をみても分かるとおり、超能力や心霊、UFOどころか、人間以外の「精霊」や「捕食者」のような「悪魔的存在」も、存在するのが「当たり前」のこととしているわけだから、当然「ビリーバー」に入るのだろう。これらは、私にとっては、「体験的事実」そのものなわけだが、これを、「科学的に証明」することはできない以上、一般的、客観的には、「信じる」者ということになっても、仕方がない。

ただし、これは、「存在する」とはどういうことか、「ある」とはどういうことか、という問題になるが、さらに、本質的に問い詰めたとき、それらが「存在するとは言えない」、という視点もまた、同時にもっている

つまり、もし、物質的なものが存在する、と言うなら、それと同じレベルにおいて、超能力や心霊、UFOさらに、人間を食べる「捕食者」も、「存在する」と言わざるを得ない。しかし、物質的なものも、本質的には、「存在するとは言えない」、という視点に立つなら、また、超能力や心霊、UFOさらに、人間を食べる「捕食者」も、本質的には、「存在するとは言えない」ということになる。

昔、テレビで、「マジカルバナナ」というクイズ番組があって、それに「ある」「なし」クイズというのがあった。これは、「何々にはある」「何々にはない」という例示を順次出していって、では、何々には?「ある」か「ない」かを当てるものである。

「ある」とされているものと、「ない」とされているものの共通の性質を探していって、それを、問題の「何々」に当てはめることによって、「ある」か「ない」かの正解が出る。

これを見て、私は、このクイズは、実に、「ある」とか「ない」とか言うときの、本質をついているなと思った。つまり、「ある」とか「ない」とかは、絶対的に言えるものではなくて、常に「ある観点」から、「相対的」にしか、言えないのである。その「ある観点」(共通の性質)を、見い出すというのが、このクイズの意図となっているわけである。

もし、「絶対的観点」というのがあるとしたら、それは「空」(「虚無」)の観点というしかなく、その観点からは、「ある」「なし」クイズそのものが成り立たなくなる。つまり、すべては「ある」とも「ない」とも、言えないものになってしまうのである。

※ これ(http://www.skept.org/yota/psk2.html)などは、「懐疑論」に立つことを明らかにしているが、肯定的な実験や議論を公平に検討したうえでのものであり、かなり「尊敬に値する」ものの例だと思う。決して、本音の部分で「中立的立場」に立つとは言っておらず、「否定」の方に傾きつつも、感情論ではなく、あくまで理性的に「真実」を追及していきたいが故に、「肯定」の立場にも十分な目を向ける、というものである。しかし、このようなものにお目にかかることは、非常にまれである。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントの投稿について

無料ブログはココログ