« 伝統文化の儀式と幻覚剤、分裂病 | トップページ | 加藤清の「狂気論」「治療論」 »

2014年3月31日 (月)

妖精的な釈さん

「小さなおじさん」とお友達で有名な釈由美子さんは、カッパやダルマやUFOも普通に見えるらしい。(http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/oricon-20140330-oric2035744/1.htm)

「小さなおじさん」とは、今も友達づきあいをしているそうだが、こういう人はたまにいるし、釈さんは見るからにそうで、自分自身が「妖精族」みたいな感じの人だ。こういうのを、「妖精の病」とか言って、「病気」にしたがるのが、精神医学だが、過去の交際相手も、話を聞いて「MRIを受けに行け」と言ったというのは酷い話だ。まあ、身近な人ほど、そういう話を聞いて不安になる気持ちは分かるが、それにしてもMRIを受けてどうにかなると思うのか。

それは、私も、つっこみたいことはあって、釈さんのブログ(http://ameblo.jp/yumiko-shaku/)のタイトル、いくらなんでも「本日も余裕しゃくしゃく」はないだろうとか、そんなこと言ったら、私のブログも、「ティエムの本日もかるがるオカルト」とかしなきゃなんないだろう、とかいうのはある♪

まあ、こういうことは、楽しむぐらいの「余裕」はほしいものだ。

« 伝統文化の儀式と幻覚剤、分裂病 | トップページ | 加藤清の「狂気論」「治療論」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

釈由美子さんお見受けしました!

♪♭♯♪♭♯ティエム様の言う通り♪♭♯♪♭♯音符が漂うような♪♭♯♪♭♯花の精も水の精も見えそうな雰囲気、いいですね~♪

まだ私は妖精などに出会ったことはありません。ティエム様はありますか?

こちらは狐に化かされたり(100円只取られ)道端で狸の掘った穴?にコケたりしてます。

妖精は可愛い世代がお似合い、ふわりふわりと寄っていくようですね……ん?何か近づいてきた?…砂かけばばあ?ぬらりひょん?鏡?(-.-)Zzz・・・・(ホンジツハセイテンナリ・・・)

「ナイトヘッド」の話の続きでいうと、「見えっぱなし」ではまた困るんでしょうけど、ときたまならいい刺激になるでしょうね。この前テレビに出演していたときには、「「小さなおじさん」が、映画館で落ちてたポップコーンを一生懸命拾ってた」という話をしてました。タカは、「そっちの方が映画より面白そう!」と言ってました。

私も、かつてよく身近にした、「アニマ」と名づけた存在は、「妖精」と言っていい存在だと思ってます。「そのうちボタン一つで朝になるのよ!」という言葉が特に印象に残ってます(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-18cd.html)。やること、言うこと、シュールです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/59384388

この記事へのトラックバック一覧です: 妖精的な釈さん:

« 伝統文化の儀式と幻覚剤、分裂病 | トップページ | 加藤清の「狂気論」「治療論」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントの投稿について

無料ブログはココログ