« 「脳内快感システム」と「狂気」 | トップページ | 「うつ」を克服して「薬を使わない精神科医」 »

2014年2月23日 (日)

「ふつうの狂気」にとっての第一の課題

闇や虚無の影響を受けて、「脳内快感システム」のような、生命の原理そのものが、危機の状況に陥っている状態を、「重度の狂気」ということができる。重度の統合失調やうつが典型である。

それ以外の「精神的不調」は、「ふつうの狂気」ととりあえず言っておく。本当は、「重度の狂気」こそが「狂気」なのであり、「ふつうの狂気」は、「狂気」ではないとも言えるのだが、ここでは「狂気」を二つに分けてみるため、とりあえずこう言っておく。一般のうつや、統合失調症その他の精神的不調は、すべてこれに入る。

「重度の狂気」というのは、「狂気」全般の中でも、非常にまれであり、ほとんどの狂気は、この「ふつうの狂気」に入るはずである。

「闇」や「虚無」を根源的なものとして語る、私のプログ、『狂気をくぐり抜ける』が、本当に訴えかけるものをもつのは、やはり、自ら「重度の狂気」を体験したか、何ほどかその状態を垣間見た人であろうと思う。ただ、私自身、いきなり「重度の狂気」に至ったわけではなく、「ふつうの狂気」から徐々にその深みへと陥っていったのである。だから、「ふつうの狂気」についてもまた、多くのことが述べられている。特に統合失調については、「幻聴への対処法」など、実際的対処法のようなことも多く述べている。「ふつうの狂気」にとっても、参考になることは、多いはずなのである。

しかし、「ふつうの狂気」にとっての第一の課題は、そういうことよりも、次のことであるのを、改めて明確にする必要を感じる。

「ふつうの狂気」とは、本来、自然の過程で回復し得るものである。人間は、常に環境によって大きな変動を受けているからである。言い変えると、人はそんなに長い間、狂気でいられるほど、強くはないのである。しかし、精神医療に関わることで、それは人工的な「病気」にされ、いびつな形に変形され、固定されて、容易には回復できないものとなる。だから、「ふつうの狂気」にとっての第一の課題は、いかに精神医療に関わらないかということ、もし関わらざるを得なくなってしまった場合には、その影響をいかに最小限に抑えられるかということである

精神医療の実情を知れば知るほど、このことこそが、第一の課題とならざるを得ないのを、改めて感じる。「幻聴への対処法」などと言っても、精神薬によって、より荒廃した「病気」に追い込まれたのでは、意味がない。うつやその他の精神的不調に対する対処法というのも、すべて同じことである。

「自然の過程で回復し得る」と言ったが、それは、ときに数カ月あるいは数年に及ぶこともあるだろう。そのような長い期間(人生全体の中では決して長いとは思わないが)を、社会の中で、「不調」な状態として送ることを許す社会というものは、まずない。社会が許容しないとは、要するに、「放っておけない」ということであり、つまりは、「病院に行け」、「治療を受けろ」、あるいは「入院しろ」、ということである。

「ふつうの狂気」にも、このような社会的圧力というものが、陰に陽にかかるから、本人にしても、家族やまわりの者にとっても、それを振り払っていくことは難しい。

しかし、結局は、ここでの対応こそが、ことの次第を決めて行くのである。現在の精神医療と社会の許容度が、当分は変わらないことを前提にすれば、ここでいかに意志を強くもち、精神医療に関わらずに、自ら「狂気」と向き合っていくことを決断するかということが、重要なのである。そして、そのような意志があれば、統合失調その他の場合で、強制的に精神医療に関わらせらせれた場合にも、その影響を極力少ないものにすることは可能と思われるのである。

しかし、それにしても、このような、不自然とも言えることを貫かなくてはならない状況が、多少とも変わることが望ましいし、それは今後、ある程度は可能かもしれないと思わせる状況にはある。精神医療に対する不信は、かつてなく広がっているし、精神薬の危険性についての知識も、少しは行き渡りつつある。自分や、周りの者が「狂気」らしき状態に陥った時に、精神医療に関わることは、もはや、とても進んでするような選択ではなくなっているだろう。しかし、そうしないことは、やはり、不安を募らせることだし、相変わらず、社会の圧力もなくなりはしない。

だから、何よりも、「ふつうの狂気」は、精神医療によってではなく、自然の過程で治り得るものだということの認識が、一般に行き渡ることこそが重要である。そのためには、実際に、「ふつうの狂気」の人の多くが、精神医療にかからないようになること、そうすることで、一定の期間の後は、自然に回復することを、証明してみせることが必要である。『心の病の流行と精神科治療薬の真実』も示しているように、実際に、精神医療にかからなくなるだけでも、転機がよくなることが見込まれるのである。ただし、その場合、証人がいるか、そのことを何らかの形で表現しない限り、多くの人がそのことを知ることはできはないわけだが。

大体、「ふつうの狂気」が、「治らない」ものであるというイメージは、「重度の狂気」に対する「悪い」イメージにひきよせられて、作られた「幻想」に過ぎない。あるいは、精神医学が、精神医療によって、長期的な治療を受けなければならない、という観念を植え込むために、浸透させたものである。(※)

多くの者が、「ふつうの狂気」の者に対して、「病院に行け」というような圧力をかけるのも、このイメージがあるからだし、実際には、自分自身の問題になり得るなどとは、思ってもいないから、そういう安易なことが言えるのである。

しかし、逆に、精神医学が、このまま「がんばり」続けて、多くの者を簡単に「病気」にできるようになると、多くの者も、さすがに、自分自身の問題ではないとは言えないことに、気づかざるを得なくなる。自分自身、精神医療に関わせられる可能性が現実のものとして見えてくると、誰も、それを人に積極的に勧めなどできなくなるだろう。

いずれにしても、このような、「ふつうの狂気」に対する、作られたイメージが取り払われるには、それは、実際に、自然の過程で回復し得るものであることが、証明され、浸透される必要がある。そして、そうなれば、そのこと自体が、本人も、その狂気と自ら向き合うことを、より受け入れやすくするし、社会もそれを支援したり、許容しやすくなる。

ただし、最後に、「自然の過程で回復する」と言っても、決して楽に乗り越えられるとか、「かぜ」と同じように、放っておいてもそのうち治るということなのではないことは、確認しておく必要がある。

自然に回復すると言っても、「ふつうの狂気」にも、薄められた形ではあれ、ある種の「死」の要素があり、「生命」そのものに対する危機がないわけではない。むしろ、だからこそ、それは、「イニシエーション」として、それを「くぐり抜け」た場合には、何らかの「成長」や「深み」につながっていくものなのである。そして、その過程は、やはり一般的には、許容したくないような、目を伏せたくなるような要素にも満ちているのである。

精神医療とは、そのような「おどろおどろしい」ものを葬り去りたいという、非現実的な望みのもとに、精神薬によって、かえって、酷い状況を生み出しているものといえる。だから、「狂気」につきまとう、そういった面は、やはり「受け入れる」しか手はないのである。しかし、「いずれは乗り越えることができる」という展望があれば、それも難しいことではなくなるし、そのうえで、じっくりと、対処していくしかないのである。

※ もうひとつ、狂気のイメージに大きく貢献している重要な理由をあげなければならなかった。それは、精神薬である。つまり、精神薬による副作用や離脱症状など、精神薬がもたらしている苦痛や酷い状態が、狂気そのものから生じているとみなされるとき、狂気の酷いイメージは大きく助長される。それもまた、意図されていることと言わねばならない。

« 「脳内快感システム」と「狂気」 | トップページ | 「うつ」を克服して「薬を使わない精神科医」 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント

感受するあまたの現象を過不足なく読み解いて歩いていくことに、人生本来の意義深さがあるのではないでしょうか。

「狂気」に何ら意味を感じない見出だせない精神医療は、さながら物質文明の濃縮エキスです。

重度軽度に関わらず、「狂気」がなぜ社会や地域や家族から「忌み嫌われ排除される対象」となるのか、それは端的には「狂った人」は、「狂ってない人」のようには金儲けが出来ないからであり、

「狂気」がなぜ病気とされ、医療や福祉に繋がれるのか、やはり端的に「狂った人」は、「狂ってない人」よりも金儲けに利用しやすいからです。

考えてみると、「狂ってない人」たちも、洗脳され扇動されて、社会を形成する道具となって「効率よく金儲けしたい人たち」に徹底的に利用されていることです。

逃げる所はないです。「狂ってない今の自分」の立ち位置は常に、加害者の立ち位置。逃げる場所はありません。さいなまれます。

その一方、現代の物質文明を180度ひっくり返せたなら、在るものが、在るべきありようで存在でき、存在意義が見出だせるとも私は感じています。それは狂気という「一見して不幸な形」についても言えることとして、です。

ティエム様、あらためてコメント致します。

自省のお時間をいただき感謝します。順序立てずやや感情的な言葉を発してしまい、申し訳ありません。

肉声と活字は違うもの、活字は時に人をを傷つけるもの、自分をつねってお詫びする思いです。

少し長くなりますが、「第一の課題」を改めて読み直し、書かせていただきます。

私の親族に2人、知人に多数、通院や入院した方々がおられます。私自身も、かつてカルテにスキゾと書かれ通院し、抗精神薬とベンゾ減薬断薬の経験があります。

ある親族について書きます。彼女は遠方に嫁ぎ、夫病没、子育ての悩み、周囲の心ない言動に弱り果てついに「ふつうの狂気」に陥り、即入院させられました。

彼女は両親を亡くし、当時(遠距離電話で)悩みを話せる相手は私のみでした。ある時期連絡がとだえ、やがて彼女の義母の電話で入院を知り、3年後に薬漬けで半分眠ったように話す彼女と再会した時、自分の無力さを思い知らされました。
その後成人した子供らが「母親の危機を感じ」協力してかなり減薬し、ようやく彼女は人心を取り戻しました。
彼女がいわゆる「ふつうの狂気」になったのは、その一度だけでした。(本人は、ある方からの心ない態度と罵り以来、幻聴やこだわりで不安と焦燥にかられ続けた、と言います。やがて周囲に連れ出され入院、大量薬漬けの数年は記憶がほとんど欠落しているようです。)

彼女の不運は、人生のつらい時期に苦しむ彼女の周辺に、掛け値のない温かい心を持って接する人が誰も居なかったこと、

彼女の幸運は、子供たちが子供なりにがんばって「お母さん」とともに泣き笑いして暮らし続けてくれたこと、ほぼ自然に減薬が出来たことです。
昔の様な端正な文字は書けなくなりましたが先日の彼女の手紙には、
「ぶじに子供たちも大人になって、かていをもってくれました。まごも◎人になりました。よくあそびに来ます。主人が早くにたび立って、子供がぐれたり、つらいこともありましたが、いろんなけいけんができてよかったな、と思っています。今わたしはしあわせです」とありました。

もう一人の遠い親族は、20歳前後?突然不調をきたし入院、以来20数年を退院できないままに世を去りました。詳しいいきさつも死因も全くわかりません。
その人の存在を私が知ったのは20代の頃、偶然に近いことでした。叔母から「○○さん亡くなったそう、全然知らなかった…」と聞いて意味が判らず「何の話?」と質問すると「あなたなにも知らないの?」と逆に驚かれました。
入院により○○さんは親族の日常から消され、社会的に葬り去られました。「亡くなった」知らせで私は初めて、その人がこの世に存在していた事実を知りました。田舎ながら評判になるほど学業優秀で、聡明な人だったそうです。
その人が「なぜ狂わなければならないのか?原因は?」真剣に考え対応した人は誰もいませんでした。入院=社会的に葬り去られる可能性をどう考えたのか、どうしても私には理解できません。
その人のそばにいる、入れ代わり立ち代わりで応援していったなら、ティエム様の仰るように、きっと本人は時間をかけて人心を取り戻していけたでしょうに。
(実際にそうして再び人生を取り戻したケースも、複数私は知っています)

ただそれだけのことが誰もなぜ出来なかったのか。
周囲の人間が全ての原因を見ようとせず本人のみに背負わせ、自分達の身の安泰を得ても、そこから先の人生は「人として」絶望としか言い様がありません。身の安泰、と書きましたが、「やっきになって入院に追い込んだ」人たちは、恐らく一生本当の安泰を得られることはないでしょう。

長々と書きましたことをお許しくださいませ。

ティエム様の今回の表題に、今現実の社会で無数に起きる「さまざまな狂気、その当事者と周辺」を「人間喪失させる対症療法的流れ」ではなく、「人間の存在を根源から蘇生させる流れ」(流れ、という表現を使わせてください)に代えていけたらとのご意志を拝察しております。

みるくゆがふさんありがとうございます。

前回のコメントについては、ほぼそのままそのとおりと思うことを述べられていたので、あえてコメントはしていませんでしたが、私に関しては、別に感情を害す等のことはありませんでしたので、何も気にされないで下さい。今後も、ときに、コメントすることもあれば、特にコメントしないこともあろうかと思いますが、その点は気にされないでください。今回のコメントも、私の言わんとすることをよく酌んで、具体的な例をあげて述べて頂いていると思います。

ただ、私の、「強度の狂気」と「ふつうの狂気」という分け方は、人によっては、誤解をまねく言いかたかなということは思っていました。そこで、少し、補足しますが、「ふつうの狂気」は「強度の狂気」に比べて、「軽い」とか、「狂気」というに値しないということが言いたいのでは、もちろんなく、それ自体としても、決して、容易に治るものだとか、放っておけば回復できるものだということでもありません。ただ、本来、精神科に関わって(関わらされて)、精神薬を施され、人工的に撹乱され、また精神活動を削がれたりしなければ、自らまたは社会的に、対処できる可能性があるものだということです。

逆に言えば、精神科に関わることによって、対処できるはずのものも対処できなくされているわけで(まさに、「社会的に葬り去られ」ている)、そのようなことは避けたい、つまり、「精神科に関わらない」ことこそが、まず「第一の課題「」となるのではないかということです。

これも、もちろんですが、逆に、生命のレベルで根源的な支障を来たしている、「強度の狂気」の場合には、精神科にかかるべきだとか、精神科にゆだねるべきだと言うことでは、ありません。また、強度の狂気の場合にも、なかなか自らの意志や社会の内部でというわけにはいきませんが、結果的に、「くぐり抜け」て回復する場合はいくらもあると思います。ただ、この場合には、現状で、精神科に関わらないようにすることも難しく(何か病院に変わる施設が必要と思います)、それこそが第一の課題とは言い難いというだけです。

みるくゆがふさんがあげている方たちのように、社会こそが、病院に追いやっている(病院を必要としている)という現状の中、精神科に関わらないにしても、その社会の中での回復は、やはり難しいということはあるでしょう。しかし、社会の方で勝手に変わってくれるわけではないので、そのような「狂気」に追い込まれた人たちの方で、精神科に関わらずとも、回復できるということを証明していくことでしか、とれあえずは、多くの人たちにそのことを認めてもらう手立てはないと思います。そのようにして、変化の「流れ」が作っていければいいと思います。


ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/59184441

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふつうの狂気」にとっての第一の課題:

« 「脳内快感システム」と「狂気」 | トップページ | 「うつ」を克服して「薬を使わない精神科医」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントの投稿について

無料ブログはココログ