« クンの「癒し」と「西洋医学」 | トップページ | 「狐に化かされる」こと/一時的な「幻覚」「妄想」状態 »

2013年9月22日 (日)

「分裂」から「統合失調」へ

「統合失調」という言葉と「分裂」という言葉については、何度か述べた。(たとえば、『「統合失調症」という名称』 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e246.html)「統合失調」という言葉は、本来、人格が「解離」した状態、つまり、外部的に現れたものであれ、内在的なものであれ、多数の解離した人格に分断している状態をいうのにふさわしい。

その意味では、人間は、すべて「統合失調症」である。「統合」された唯一の人格ではなく、解離した人格をもっているのは明らかだからである。

その「統合失調」が、一時的にではなく、真に「回復」され、「統合」されるには、人間は「分裂」を通り越さなければならない。「分裂」は、「統合失調」より、さらに深く「分裂」を来たした状態である。それは、確かに、より「病的」であり得る。しかし、それが通り越され、「くぐり抜け」られるなら、それはより深いところから、真の「統合」をもたらす可能性がある。すなわち、そうして初めて、人間の通常の状態である「統合失調」から、抜け出す可能性がある。

しかし、現実の医療の場において、「分裂病」から「統合失調症」へと名称が変わったことは、「統合失調症」という診断の手軽な適用と、精神薬の拡張しか生まなかった。それは、「分裂」や「統合失調」ということの意味を、何ら再考させるものではない。ただ、「レッテル」としての病気の枠組みを、事実上広げたというだけである。(図参照)

ただ、それも、本来、人間は「統合失調」であることを考えれば、ある意味、「必然」の成り行きと言えなくもない。そのようにして、皮肉な形で、人間の実情が露わにされているとも言えるわけである。

図) 「分裂病」から「統失」へ

Photo

« クンの「癒し」と「西洋医学」 | トップページ | 「狐に化かされる」こと/一時的な「幻覚」「妄想」状態 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント


このブログをたまたま見つけ拝見させていただきました。

私も3年ほど前、診断されたことはありませんが 統合のような症状にかかりました。
身近にその後、1カ月後には学校へも復帰し休まず行くことができ 現在はそのような症状なく日々を過ごしています。
このブログを読み、共感した記事は「幻聴」についてのものです。
統合のような症状に陥った際のことは、自分でも通常の思考ができていなかったと分析できてはいますが、では具体的にどのような状況だったか ということを思い出しては思い出しては探っていました。
が、「幻聴」がどのようなものであるかを知ることが大事である というような内容は そのモヤモヤを解消するものでした。

ぜひこれからも読ませていただきます。
19才 女 東京より

19才さん。ありがとうございます。

お名前が、正確にお年を表しているのか分かりませんが‥、ちょうど次回、思春期の頃によく起こる、本格的なものに比べて一時的なものとして通過し得る、「幻覚」「妄想」状態について述べようかと思っていたところです。どうぞそちらも参照ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/58243392

この記事へのトラックバック一覧です: 「分裂」から「統合失調」へ:

« クンの「癒し」と「西洋医学」 | トップページ | 「狐に化かされる」こと/一時的な「幻覚」「妄想」状態 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントの投稿について

無料ブログはココログ