« もう一句 | トップページ | 「支配層・捕食者」の「恐れること」 »

2013年7月26日 (金)

「プレアデス+」と「創造神」「捕食者」

プレアデス+かく語りき』(太陽出版)というのは、バーバラ・マーシニアックという人をチャネラーとした、プレアデス系のチャネリングもので、1980代後半の古いものだか、なななか興味深いことが述べられていた。

プレアデス系に限らず他の星雲系も参加しているので、「プレアデス+(プラス)」と呼ばれる。プレアデス系といえば、ビリー・マイアーのコンタクトを思い出し、言っている内容も皮相な感じがあったので、これまで読む気にならないでいた。しかし、この度読んでみたら、意外なほど、興味深いものがあった。

後半は、「アセンション」に向けての進言という感じで、つまらないものも多かったが、セックスや男性性と女性性の統合の話は、なかなか面白く読めた。「アセンション」についても、恐らく、これは、それを言い出した最初の部類に入るのだろうが、あくまで、肉体次元での次元(密度)の上昇ないし融合ということであり、「進化」というよりは、本来あったものを取り戻すという意味合いが強く、あくまで可能性として述べられているので、穏当なものと言える。

しかし、何より興味深かったのは、前半の宇宙や地球、人間に関わる「創造神」についての話で、これまでに聞いたものの中でも、ごまかしのない率直なことが、具体的かつ説得力に、述べられていると思う。それは、かなり厳粛な事実で、プレアデス系のイメージからすれば、驚きが多い。

たとえば、「創造神の中の創造神」と言うべき、最も根源的な「創造神」は、「根本創造主」と呼ばれ、―地球ではいわゆる「(唯一)神」と呼ばれている存在だが―、そのような存在も、完全であるどころか、模索と進化を続けていること。その「創造行為」は、一種実験的なもので、あらゆる「創造神」がそうであるように、被創造物を通して、自己を認識したり、自己の滋養を得るために利用するという面があること。

さらに、そのような、人間の創造に関わった「創造神」の中には、30万年前に、地球を支配すべく人間を遺伝的に分断、改変して、今日までの奴隷的な支配状況を築いた存在がいること。それは、その「創造神」が、人間のそのような破壊と混乱の状況から生じる感情を、食料とするためであることなどが、淡々と述べられている。

最後のものは、まさに、このブログでも述べている「捕食者」のことだが、それが明確な形で打ち出されているのである。実際、記事『『捕食者」についての本』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post-967b.html)に加えてもいいくらいである。

「アセンション」というのも、そのような30万年越しの、人間の分断された状態が、今後、脱されて、元の統合状態をとり戻す可能性があるということであり、この「プレアデス+」もそうだが、その創造に関わった「創造神」たちも、現在行き詰まっており、彼らのさらなる進化のためには、そのようなことを支援する必要があるということである。そこには、様々な「創造神」同士の思惑や争いの反映もからんでいる。

このような、「神」や「宇宙的存在」のからむ「物語」は、一見、規模の大きい、宇宙的な話だが、未知の領域への飛躍的な「進化」というよりも、元々そうであった状態に戻るということであり、「創造神」同士の争いの「尻拭い」という、我々からすれば、とばっちりのような面もあるわけである。

人間の「遺伝的な改変」というのは、端的には、12束(ないし螺旋)のDNAがバラバラに分断されて、2束(二重螺旋)にされたということに表わされ、その影響は、神経組織に大きく現れる。神経組織が未熟なため、人間本来の在り方に関わる宇宙的な情報(霊的な情報と言ってもいいと思うが)が咀嚼できず、取り入れることができないのである。そのため、本来の在り方から疎外され、非常に限られた範囲の情報しか扱えず、その情報を捕食者的な「創造神」によって操作されることによって、支配を受けているということである。

宇宙的な情報が咀嚼できないとは、そのような情報は、現状の未熟な神経組織には、混乱や破壊をもたらすように作用する、ということでもある。私も、一連の体験時に、一瞬のうちに、一塊のものとして入ってくる宇宙的な情報が、咀嚼できずに、神経がショートしそうになることを、何度も経験した。実際、「プレアデス+」も、「精神病院は、古代の目を開いたけれども、それをどう理解したらよいのか分からない人たちで一杯」だと言う。このような神経組織の未熟さは、人間全体として、「狂気」の一つの前提条件となっているということになる。

だから、このような遺伝的改変を元に戻すこと、つまり本来の12束のDNAを取り戻すことが、今後の「アセンション」の一つの指標とされる。しかし、その過程、特に、このような情報の取り入れの過程では、神経組織の混乱や破壊の状況は、より多く現れざるを得ないという。このことは、「日月神示」などでも、指摘されていたとおりである。要するに、次元の壁、境界が取り払われる方向に進むのだから、このブログでも述べて来た、「霊界の境域」的な現象が、必然的に増えてくるということである

もちろん、「捕食者」的な存在や地球の「支配層」は、それらを阻止して、自分らの支配を継続しようと躍起になっている。神経組織を阻害する化学物質や、電磁波その他の方法による神経への攻撃は、神経組織の未熟さを維持させようとする戦略の一つといえる。

また、「ホログラフィの挿絵」ということも言われている。これは、次元の境界領域で、次元のポータルの力を利用することによって可能となる「技術」とされ、「捕食者」的な存在と、地球の「支配層」による科学技術の協力でなされるもののようである。要するに、この三次元的な世界に、「現実」ないしその基礎となる知覚的な現象を、意図的に創出する技術である。それによって、人間全体の「現実」認識を操作し、支配を継続しようというのである。UFO現象の多くは、このような「ホログラフィの挿絵」であるとされる。「キリストの再臨」のような現象が創出される計画もあるという。(私は、「ケムトレイル」の一部もそうなのではないかと疑う。)

もっとも、何度もみて来たように、「捕食者」のような存在は、単独で、このような「幻覚」的現象を生み出すことができる。ただ、それには、意識状態を変容させたり、「霊界の境域」へ侵入させるというような、ある程度の操作的な前提がいる。また、それは、普遍的に、多くの者に対して起こすというよりは、個人的、または一定の集団などに対してのものに限られる。

「ホログラフィの挿絵」というのは、そのような、これまで一定の(特に「狂気」とみなされて来たような)人に対して起こされて来た、「幻覚的な現象」を、より普遍的、一般的に、人間に対して起こすことを目論むものと言える。

何しろ、今後は、こういった意味でも、多くの者にとって、「現実」や「知覚的な現象」の見極めが、大変なことになってくるはずである。

※「捕食者」が、霊的次元から単独で起こす、個人や一定の集団をターゲットとした「幻覚」と、普遍的、一般的な「幻覚」を生み出す科学技術として、すべての者をターゲットとした「ホログラフィの挿絵」の違いは、記事では分かりにくかったかもしれませんが、コメント(5番目)にて、より詳しい説明をしているので、参照ください。

« もう一句 | トップページ | 「支配層・捕食者」の「恐れること」 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

「古代の目が開いたが、どうしたらよいか分からない」結果、隔離的施設に入る人もそうですが、その家族、周囲の人々、地域社会も、その状態を読み解き感受するだけの長年の経験の蓄積や自在な能力を、ほとんど失っているのが今の時代と思われます。

全人類が、本来の豊かな存在を損なわされ、ほとんど失わされるように「強大な意図」により仕向けられているとしたら、恐ろしいことです。

30万年…

日常生活で人様と接する際に私は、まずその方の精神的価値観を感受させて頂く努力をしています。また、自分の持つ価値観も小出しに出します。

その時出会う心の純度、質により、その方との交流のありようをある程度形づくっております。

人様と共感し、純粋な喜びと向上心を感じた時は、素直に嬉しく思います。そしてやはり過不足なく、むしろ淡々と交流を継続するようにしています。

過剰は危険です。人の心身にはある程度限界があり、その範囲内で動くのも、この世に生まれさせて頂いた修行だと、私は理解しています。

全宇宙、創造神様、神々様もご努力し進化なさっておられるという言葉は、すなおに感受させて頂けます。

全ての根源に関する考察の時間を、暇ない日常のなかに、短くともきちっととっていきたいと思います。
有難うございます。

みるくゆがふさんありがとうございます。

30万年という年月は、「創造神」にとっては一瞬のことらしいですが、人間にとっては、あまりに長く重い年月ですね。

もっとも、その30万年の間には、さまざまな浮き沈みや変化があったでしょうが、やはりトータルとして、捕食者的な創造神のコントロールの下にあったのは、確かなことだろうと思います。アトランティスのように、「霊的」な方向にいった文明もありましたが、それもまた「崩壊」するにいたっているというのは、単に「物質」的な方向ではなく、「霊的」な方向も含めて、そのような「創造神」の手に落ちるものがあるということを意味しています。そのことは、今後の文明の「発展」の方向にとっても、大きくのしかかってくるものがあります。


「純情・愛情・過剰に異常・・」てはないですが、言われるとおり、「狂気」というのは、「過剰」と言いかえることもできると思います。人に対して、情報に対して、その他さまざまな意味合いにおいて。「神話」などをみても、「神々」は、そのような「過剰性」に満ち溢れていますが、分断された人間にとっては、そのような「過剰」を抱え込める許容性はなく、ただの「狂気」に結びつくようになってしまったということでしょう。

その結果、人なり、情報なり、あるいは「未知のリアリティ」というものに対しても、一つの「知恵」として、微妙な「距離の取り方」というものが必要とされることにはなるのでしょうね。

拙いコメントにご返答頂きありがとうございます。

神話には納得しました。不思議にこの現代社会にも、神話や伝説はすべて否定されることなく、残っています。

幼い頃には自分も、祖母から昔話や伝承を語り聞かせてもらったものです。

その怖さ面白さに人間が惹かれるのも、また「何かしら」感じるのも、人間に内在し眠っている太古からのエネルギーが感応し懐かしむ(活気づく)からではないか、と思いました。

神話、伝説にしても、個人により読み取り方は様々です。

しかし、単なる先人のフィクションやファンタジーとして楽しむよりも、

「何かしら」感応し、はるか悠久の歴史に思いを馳せるのは、人間としてごく自然ではないかと私は思います。(主観です)

心身の器(今を生かされているこの存在)、大きさ、強さ、能力、課題は、ひとり一人違いますが、それも「30万年の神々の歴史、人間の歴史」あればこそである、と考えております。

さらに悠久の時を感じたいですが、涼しくなりましたので、そろそろ夕食準備にとりかかります(笑)

「捕食者」的な存在や地球の「支配層」が用いる技術について思い当たることがあります。
私の場合、クンダリニーが起こった直後ですが、インターネットの動画を見ていたとき突然動画が光だし、詳しくは書けないのですが、あり得ない映像に切り替わったというのがあります。

またこれは科学技術なのか判断できませんが、テレビの出演者に自分が見られているような気分になったことがあります。なにか自分の反応をみているような、出演者の様子がおかしいと感じることがありました。もちろん、これも統合失調症の人には見られるメディアを通じた思考盗聴という病状の可能性もあります。

「ほのめかし」という言葉をネットで検索するとヒットしますが、本人しか知らない情報などをほのめかすことで、監視されているような妄想を抱かせるという話があります。私もテレビの出演者に違和感を感じたときは、テレビというのはカメラの機能があり、家庭の情報が筒抜けなのでは、と思ったこともあります。

私自身は支配層などがおそらく高度な科学技術を所有していると考えますが、コメントにも書かれていましたがそういう技術に対しての距離の取り方が大切だと思います。病的な人ほど過剰に反応してしまい混乱しているように思います。

また捕食者と連携している者として、私としては一部の精神科に関わる者に疑いを持ってます。
病院に入院しているとき一部の病院関係者の態度がどうも解せないことがありました。
まあ、こういう考えは妄想に繋がりやすいのでニュートラルな態度でいたいと思いますが。

トシさんありがとうございます。

非常に微妙な問題なわけですが、統合失調的な「幻覚」を体験した人にとっては、とても無関心ではいられない問題だと思います。そこで、多少詳しく述べたいと思います。

私自身、トシさんのいうものと類似の「幻覚」をテレビを通して、何度も体験しています。出演者の背後から、何者かが出て来てテレビを見ている私に話しかけたり、さらにはもっと発展して、いつの間にかテレビの番組の内容とは関係ないような、わけの分からない、「イリュージュン」的な内容に変わったりということもよくありました。フログ記事にも書きましたが、そのときは、私も、テレビ局を何か邪悪な宇宙的な存在にのっとられたのだろうと考えました。

これは、あくまで私の考えですが、これらの幻覚的現象は、「ホログラフィーの挿絵」のような「科学的」な技術なのではなく、霊的次元から働きかけて、我々の知覚に入り込むことによって起こされる、「幻覚」なのだと思います。すなわち、記事では、次のように述べたものの部類です。

『「捕食者」のような存在は、単独で、このような「幻覚」的現象を生み出すことができる。ただ、それには、意識状態を変容させたり、「霊界の境域」へ侵入させるというような、ある程度の操作的な前提がいる。また、それは、普遍的に、多くの者に対して起こすというよりは、個人的、または一定の集団などに対してのものに限られる。』

テレビという客観的な媒体を通しているので、そこに入り込む「幻覚」も、物理的、客観的なものと思われがちですが、恐らく、誰が見てもそのように見える「知覚」なのではなく、私たちが微妙な意識の変容を起こしているために、私たちだけに見える「幻覚」的な現象なのだろうということです。ただし、捕食者レベルになると、単独で霊的レベルから起こす幻覚の能力も、かなり壮大なものとなり、記事『幻覚的現実と物質化現象の「中間的現象」』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-0f93.html)でも述べたように、物理的現象と区別のできないようなもの(時には「物質化現象」そのもの)になることもあり、そのあたりの区別は微妙なものではあります。

ただ、ポイントとしては、これらの場合、幻覚のターゲットは、私たち個人かあるいはせいぜい、一定の集団程度となるということです。その幻覚も、私たちの内面を読んだうえで、私たちの個人的な心理をつくような内容のものとなる可能性が高いです。トシさんの場合も、幻覚は、トシさんの内面に関わるような現れ方をしているようなので、こちらの可能性が高いと私は推測します。

それに対して、「ホログラフィーの挿絵」は、たとえば空などの空間に投影されるなどして、人類一般をターゲットにする幻覚装置であり、まさに客観的な「科学的技術」そのものということです。その知覚も、誰が見ても、物理的現象そのもののように見える性質のものであるはずです。ただ、それがテレビに対して使われる可能性というのも、確かにあるでしょうが、その場合でも、その内容は、一般的な「洗脳」手段、または「混乱」手段として行われるので、個人的な心理をつくようなものとはならないはずのものです。

この「ホログラフィーの挿絵」は、誰もが見る「幻覚」なので、その真偽を人と照らし合わせるということができず、それを「幻覚」と見抜くことは一段と難しくなるわけで、より大変なことにはなってくるでしょう。ただ、いずれにしても、このような「幻覚」に対しては、過剰な反応をせず、囚われないで、冷静に受け流す位の態度が基本となるのは間違いないことです。

トシさんが、それらの「幻覚」的な現象や体験に対して、過剰に反応してしまうことの恐ろしさをよく認識され、冷静な態度をとろうとされていることは、頼もしいことですし、ありがたくも思います。多くの統合失調体験者の方も、ぜひそのような基本的な態度を学んでほしいと思います。

ティエムさん返答ありがとうございます。
確かにティエムさんが見たテレビの内容だったり、私が見たインターネットの動画も他に多くの人も見ていたらパニックになりそうですね。そう考えると、特定の人物の幻覚として見ていたほうが納得できます。
この幻覚もある程度の操作的な前提がいるとのことでしたが、私の場合も通常とは違う特別な感覚がありました。この感覚はなかなか表現し難いのですが、何か全身に圧力を感じるような、ボワンボワンとした感覚がありました。そして神経が過敏になっていて、特に雑誌の表紙の写真などを見ると、写真が浮き出てくるような知覚がありました。

30万年前から奴隷的な支配状況が続いているというのは考えさせられますね。
今現在は大部分の人が組織に属しているので、なかなか自分のやりたいことができない人が多いと思います。やりたいことが特に無い、分からないという人も多くいますが。
しかし最近は、自己啓発の分野でも自分の思考が現実になったりすることや、引き寄せの法則、言霊など目に見えない領域に関して記述されている本がよく出てますね。
また、自分のやりたいこと、自分の魂の求めることをやることを推奨する本も多く出版されているように思います。
こうした時代の機運がこれからどういう影響をもたらしていくのか注視していきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/57864395

この記事へのトラックバック一覧です: 「プレアデス+」と「創造神」「捕食者」 :

« もう一句 | トップページ | 「支配層・捕食者」の「恐れること」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントの投稿について

無料ブログはココログ