« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

『「呪い」を解く』

鎌田東二著「呪い」を解く』(文春文庫)は、旧『呪殺・魔境論』の文庫版で、最近出されたもの。前の「日記」でも、とり上げたが、文庫化の機会に読み直してみたので、改めてとりあげる。

この書は、一応?知られた学者が、正面から、「呪い」や「魔境」、「(悪)魔」を論じたものである。それも、単なる観念や、文化現象としてではなく、それらが「実在」することを前提としたもので、著者自身の「魔」の体験にも基づいている。文章も読み易く、明解で説得的なものである。

「捕食者」(当時は、やはり「魔」と呼んでいた)と身近に接し、それについて述べていた私としても、こういったものを正面から論じているものはまったくと言っていいほどなかったので、当時待望のものであった。

「精神医学」(の背景の問題)もそうだが、こういったことには、それ以上のタブーの感覚がつきまとっている。それを、誤解や偏見を恐れず、ごまかさず、「ベタ」なくらいに、正面から論じてくれたのは、うれしかったし、驚きもあった。

しかし、著者も、それなりの覚悟で出したものなのに、ほとんど反響がなかったのは、肩透かしを食らったようだと言っていた。アマゾンの書評の少なさを見てもそれは分かる。やはり、多くの者にとっては、このようなことを正面から問題にするのは、「タブー」そのものだったとしか言いようがない。そういうものを、潜在的に漠然と感じとる人はかなりいたと思うが、正面から意識を向けるとなると、まだ難しかったのだろう。今は、少なくとも前よりは、こういったことも、受け入れ易くなっていると信じたい。

内容としても、十分濃いものがあって、私も参照にするところが大分あった。オウムの麻原や酒鬼薔薇事件の酒鬼薔薇の体験した「魔」や「魔境」について、詳しく検討し、それらが、実在的な「魔」や「魔境」によってもたらされた可能性を論じている。麻原は、自ら「魔境」に陥って、それを克服したことを述べているが、実際にはそう思うことで、より深く「魔」ないし「魔境」に捉えられていったということである。私自身、当時知らなくて驚いたが、禅学者鈴木大拙の鋭い「悪魔論」をとりあげ、「(悪)魔」の一般的な性質を論じ、それへの対処の仕方も検討している。

鈴木大拙の「悪魔論」は、『霊性的日本の建設』という本にあって、今回の戦争(第二次大戦)は悪魔自身が、自分が起こしたことを告白するというスタイルで述べられている(「戦争礼讚」(魔王の宣言))。やはり、実際に、「悪魔」を体験していなければ、とても述べられないような、具体的で鋭い内容のものである。もっとも、鈴木大拙は、スウェデンボルグについて本を書いたりもしているから、こういった霊的なものにも、かなりの理解や体験があったのだろうと思う。

悪魔(魔王)の性質としては、次のようなこととが述べられる

〇自分の使命は、「折さえあれば人間世界を混乱の極みに導いて、人類を滅亡せんとする」ことである。
〇人間は自分を了解しないように振る舞っているが、「人間が今少し深く考えてくれると、自分と人間とは、元来一つのものだということがわかる。」
〇自分の本性は、「力」である。「力が向こう見ずに、自由自在に躍動するところには、必ず自分がいる。」
〇人間は自分らの「仕事場」である。自分らは、「人間共の最も雄弁なとき、密かに彼らの「無意識」内に入り込む。そうしてそこに本来あるものを揺り動かして見せる。それは自分等の影である。」
〇自分らの戦略は、「力、無意識、耽溺、陶酔、狂信、陰謀、うそ、恨み、驕りにつけ込むことである。」
〇「生きるとは殺すことである」というのが、自分らの哲学である。全ての動物がそうだが、人間の殺しはその中でも、「計画的」で、「大量生産的」、「組織的、科学的」である。戦争はその典型である。
(鎌田は、医学や新薬の開発、さらに文明そのものも、このような「大量殺戮体制」の別名だというが、その最も典型的なのが、言うまでもなく「精神医学」だ。)

しかし、一方で、悪魔は、最後に、ご丁寧にも、自分自身の弱みを告白してくれている。

〇「大地の懐から太陽の光を仰いで出てくる不思議な力」は、自分の力より強いものだ。不思議に自分の力を無力にしてしまう。人間は、これを「霊性」と言っている。自分と同じく「無意識」に生きているようだが、自分の力ではそれをつきとめられない。自分を打ちひしぐかもしれない大敵ではあるが、自分としては、できるだけの魔神力でこれに抵抗する。

先の対処法というのは、要は、「悪魔」のこのような性質を認識したうえで、それにのっからないようにすること。弱点とされる、「霊性」を発達させることしかない。

「呪い」という現象についても、「イメージまたは想像力の物質化」という観点から、その実在性と重要性が述べられる。既に、そこに、現実化する潜勢力としての「暴力性」が働いているということであり、もちろん、「魔境」や「悪魔」の力とも関わっている。

この「イメージまたは想像力の物質化」というのは、「霊界の境域」では、即座の現実として、体感されるものである。また、「呪い」というのは、たとえば、「魔女狩り」の問題を考えるのにも、それを抜きにしては、かなわないことのはずである。

ただ、本当は、「狂気」についても、「魔境論」や「悪魔論」を抜きにしては、理解できないものなので、少しは触れてほしかったところだ。

私自身は、今は、「捕食者」という捉え方をしているから、必ずしも、このような「魔境論」や「悪魔論」と、同じ考えではなくなっている。(記事『「捕食者」という理由』http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-b27f.html参照)しかし、多くの点で重なるし、何よりも、このような捉え方くらいは、(「捕食者」という捉え方より一般性があるので)多くの人に浸透してほしいと思う。

私のブログ記事の前提となるところも多いので、興味のある方は、ぜひ読んでほしいと思う。

2013年6月18日 (火)

「あり得ない」という言葉も死語

昔は、「絶対あり得ない」ということが、結構本気で信じられていた。そのような言葉が、日常使われることもよくあった。もちろん、これは、文字通り「存在しない」、「起こり得ない」ということを意味し、法則や論理に照らして、そのような事柄が「あり得ない」ことを意味している。

たとえば、超能力や幽霊などは、「絶対あり得ない」など。しかも、これは、「科学的にあり得ない」という言い方が、よくされた。この言い方で、十分、意味をなしたし、説得力ももったのである。だが、実際には、ちょっと考えれば分かることだが、これは、「唯物論という発想に照らせばあり得ない」ということであり、「唯物論」と「科学」が取り違えられている。

科学そのものは、超能力や幽霊を肯定することも否定することもできない。(現在では、「超心理学」などにより、むしろ科学的に肯定できるという見方の方が真実に近いが)だから、それを「あり得ない」というのは、科学そのものによって、言えることではない。それは、あくまで、科学的観測手段によって測定可能な「物質」というものだけが存在するという、「唯物論」的な発想に立つならば、そのようなものは存在し得ないということでしかない。つまり、それは、一種の「見方」であり「思想」であり、あるいは、それが疑いもなく信じられ、他の可能性が顧みられないならば、まさに「信仰」そのものである。

しかし、実は、私自身、10代の頃は、このように信じていたのだし、他の多くの者も、このように信じていることが多かった。それは、超能力や幽霊に限らず、かなり多くの事柄について、言えることだった。当時は、そのような「発想」または「信仰」に、それなりに強固なリアリティがあったのである。

ところが、ある時期から、特に若者の間で、「あり得ない(ねえ)」という言葉が、違う意味で使われだした。実際には、「起こっている」ことに対して、それが非常にレアであり、信じ難いことだということを強調する意味で、使われだしたのだ。たとえば、「(落ちないことで有名な)うわさのあの娘に誘いのメールしたら、何とOKの返事が来たんだよ」、「あり得ねえ!」みたいな感じ。

ここでは、「あり得ない」は、もはや「絶対あり得ない」ことではなくなっている。言い換えると、「あり得ない」と言っても、もはや「絶対あり得ない」などということは、「あり得ない」ので、「あり得ない」という言葉が、実際には、「あり得る」ことに対して使われているのである。それは、反語的な強調の意味だとしても、そこには、「あり得ない」ということの、それ自体の「危うさ」、「相対性」のようなものが、はっきりと塗りこめられている。つまり、この世代の若者にとって、「あり得ない」という感覚は、もはや「自明」のものではなく、「あやふや」なもの、「みかけ」上のものでしかなくなっているのである。

それは、明確に意識されたものではないにしても、かつて、「絶対あり得ない」などということが、容易に信じられたことからすれば、むしろ、真をついた、一つの感性的な「進化」といえる。

ただし、ここでは、まだ一応、「あり得ない」という言葉が使われてはいる。それは、もはや、「揺ら」ぎ、「あやふや」なものにはなっているけれども、「あり得ない」という感覚自体は、まだ「あり得る」かのように使われているのだ。

しかし、その後最近は、もはやこの「あり得ない」という言葉自体が使われることもなくなった。ほとんど死語になったと言ってもいい。

つまり、この流れは、ここに至って、ついに、「あり得ない」などということ自体が、「あり得ない」ことになったのだ。言い換えれば、「どんなことでもあり得る」という感覚の方が、現在では、むしろ、多くの若者の感覚に沿うものになっているのだ。

そこには、恐らく、9・11のテロや、3・11の震災、原発の事故などの影響もあるだろう。子供のころから、このような、「想定外」で「あり得ない」出来事を目の当たりにしていれば、そのような発想になってもおかしくはない。

また、最近は、一般に、「都市伝説」として語られるような、「あり得ない」話も、ごく自然に、当たり前の出来事のように語られる。かつても、「口裂け女」とか「トイレの花子さん」とか、伝えられる、面白い話はいろいろあった。しかし、どこか、不自然で、おどろおどろしかったり、効果を狙ったような、「いかにも」という面が濃くあった。しかし、最近は、釈由美子さんも「お友達」で有名な、「小さいおじさん」とか、身近で、親しみ易い話になっている。また、より具体的で、視覚的な要素が強くなっている。つまり、このような話に、「レア」であるとか、「あり得ない」という感覚は、ほとんどみられなくなっている。

ちなみに、私の場合も、「境域の守護霊」などは、「小さなおじさん」として現れたりもした。ただ、普通言われるほと小さくはなくて、80㎝から1mほどだったけれども。

時代は、確実に、「絶対あり得ない」という狭窄な感覚からは、掛け離れ始めている。それは、「世界観」というよりも、「現実」そのものが揺らいでいることにもつながっている。そのようなことは、今後、「統合失調的状況」が多くの者に理解されるためにも、望ましい状況だ。

2013年6月 8日 (土)

「あと10年!」という言葉に絡めて

記事「13 「妄想」に振り回されること」(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/13-b0e6.html )で述べたように、私が、初期の頃に振り回された「声」として、よく覚えているのは、「あと10年!」という言葉である。これは、私をとりまくようにして、「捕食者」を始め何体かの存在が、私に指を指しながら、宣告するように、威圧的に言った言葉である。「宣告」というか、ほとんど「脅し」である。

この「あと10年」という、曖昧な言葉の意味を、一生懸命考えることになった。それは、私自身の寿命のことに違いないとか、地球または人類の寿命のことに違いないとか、映画「2001年宇宙の旅」のように人類が宇宙に飛び出し、進化することを言っているに違いないとか、いろいろ「妄想」した。その威圧的で、確信的な声の調子、どうも人間を越えるらしい存在の言っていること、などから、完全にその内容を「真に受け」て、振り回されていたのだ。

何度も述べているように、こういった「声」の言うことは、どんなに強烈で確信的であっても、「真に受けてはいけない」というのが、対処の基本である。それは、私自身、散々振り回されてきた結果として、今は断言できる。しかし、それは、こういった「声」のいうことか、必ずしも、常に「ウソ」だとか、「間違い」ということを意味しない。また、その者にとって、「何の意味もない」ということを、必ずしも意味しない。

彼らが、「人間」とは違った視野をもち、人間より多くを知れる立場にあることは本当だし、「ウソ」だけでは、人間を操れないのも十分承知のことである。これは、たとえ、「本当」であろうがなかろうが、「意味」があろうがなかろうが、それにのっかったり、囚われれりして、振り回されてはいけない、ということなのである。それは、決して容易なことではなく、多少とも、訓練がいることである。

以下、私がどのように囚われたかということや、このような「声」にも、それなりの「意味」があったかもしれないことをみてみよう。

私の寿命ということに関しては、当時「がん告知」の問題が一般にも注目され、私自身、友人の現奥さんが、本人ではなく家族にだが、がんの宣告をされたという出来事を通して、このことは強く心に残っていたことも影響している。私自身は、絶対に本人に知らせるべきだという考えをもっていたが、友人らには、それはとんでもないという、強い拒絶と反発を買った。結局、本人には知らせられなかったが、何と後に、その病気は良性であって、悪性でないということに診断が変更された。その人は、もちろん今も元気に生きている。

がんの判断、診断は難しいということは、今は知っているが、当時は、まさかということで、この事実がなかなか受け入れられなかった。本人に「がん告知」をすべきだという考えも、変わらざるを得なかった。

この「あと10年!」という言葉は、私自身に、「がん告知」と同様の寿命の宣告をされたのも同然の意味があった。疑似的ではあるが、自分自身が、宣告を受けるのと同様の状況に陥ったのである。それにしても、「あと10年」である。なんと中止半端に長い年数であることか。皆さんは、こんな宣告を受けたとしたら、どう感じるだろうか。

数カ月や一年というなら、そのショックも強いだろう反面、覚悟もつきそうなものだが、受け止めるには、あまりに中止半端すぎる。しかし、それにしても、(もちろん、未知の存在、未知の状況ということがその大きな理由を占めるが)、私は、かなり強い恐怖を感じたのである。「がん告知」など、安易にできるものではないということを、改めて思い知らせれた面がある。もっとも、その後には、「あと10年」どころか、「まさに今」死ぬのだというところまでいったので、これはむしろ、悪い冗談のようなものになったが。

まあ、それにしても、一つ言えるのは、この「あと10年!」という宣告は、いかにも「捕食者らしい」宣告だということである。このように、一時に恐怖を与えるより、じわじわと長い期間、心理的に葛藤を与え続けることこそ、彼らの狙いなのである。

地球または人類の寿命ということに関しては、当時、世紀末的な雰囲気が漂い、ちょうどその時期、湾岸戦争が勃発したこともあって、こちらの方にこそ、リアリティが感じられたことがある。

これは、「地球と一体となる」などの、後の私の(妄想的)「体験」にも、大きく影響した。そのときは、地の底から、地球自身の「叫び」が感じられ、人類の行いに耐えかねて、強力な爆発的反応を起こすことが感じられた。映画「2001年宇宙の旅」のように、宇宙へと旅立ち、進化することによって、それは克服されるしかないのかとも思われた。

「あと10年!」という強烈な言い方には、自分らがそうする(それを起こす)という、「宣言」のようなものも感じられた。

この点からすると、確かに、当時1991年の10年後の2001年には、9・11同時多発テロ事件が起こっている。これには、人間の「支配層」が絡んでいるのは間違いないとして、背後に、「捕食者」の影響があったことも、間違いないと思われる。私自身は、事件があったときに、真っ先にそれは感じられた。

また、さらにその10年後の2011年には、3・11東日本大震災が起こっている。これは、「自然現象」としても、シュタイナーも言うように、その背後には「捕食者」(アーリマン存在)という存在がある。そこには、「地球自身」の意志や、人間の集合的な「情念」が絡んでいるとしても、「捕食者」が起こしたものというべき面があるのである。

この出来事も、それが起こった時点で、確かに、「捕食者」の強烈な「力」と有無を言わさぬ、強引な「襲撃」というものを、感じないわけにはいかなかった。

もっとも、この「あと10年!」という言葉には、ある種の「悲愴感」というか、「自暴自棄さ」が感じられたのも事実である。それは、彼らとしては、彼らの「存亡」をかけた戦い、というよりも、むしろ、どこか、もはや「負け」を見込んだ、自暴自棄的な、「自虐」の行いという感じがするのである。

それは、人間の「支配層」の感じていることとは同じではないだろうが、少なくとも、「捕食者」のレベルではそう感じるし、それは、結果として、人間の「支配層」にも影響するはずだと思う。

いずれにしても、「あと10年!」という言葉には、こうして振り返っても、全く「意味」がなかったわけではないということは、感じざるを得ない。ただ、繰り返すが、こういう言葉には、囚われてはならないし、そうするぐらいなら、全く意味のないもののように、切り捨てることの方がマシだといえる。

私としては、当時、「あと10年!」と「宣言」され、その後、「宇宙が死ぬ」という絶望的な状態にまで追い込まれたわけだが、結局は、私自身も、地球や人類も、その20年後の今も、「何とか」生き延びている。これには、やはり、ある種の感慨を感じざるを得ない。もちろん、現在の状況をみれば、今後、どうなるか全く予断を許さないわけだが。

また、この「あと10年!」という言葉とは別に、10年という期間を一つの節目としてみると、自分の体験の10年後、さらにその10年後というのは、その「消化」という意味でも、大きな節目になっているのを感じる。

その「総まとめ」という記事を最近転載したが、前に綴っていた、『闇を超えて』という「日記」は、ちょうど体験の10年後あたりに綴られている。そして、今のブログは、そのまた10年後に当たっている。

体験の当時には、「何もかも分からない」という状態に追いやられ、そのすぐ後も、このようなものが「消化」され、何らかの「理解」がもたらされることなど、予測すらできなかった。が、10年後には(この10年が、長いとみるか、短いとみるかは別にして)、ほぼそれがなされ、「日記」に綴られた。それは、表現や視点が十分ではない面もあったが、内容的には、ほぼ現在のものに通じるだけのものがあった。つまり、一通りの「消化」と「理解」は、このときになされたといえる。

今のブログでは、もっと率直で分かりやすい表現が目指されているのと、「捕食者」という捉え方、「水平的方向と垂直的方向」という視点により、より明確で、洗練されたものになっていると思う。

何しろ、「体験」というのは、「消化」と「理解」ということがなされて、始めて本当の「体験」となるということ、と同時に、そうしてこそ、それへの拘りを捨てることができるということを、改めて感じる。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントの投稿について

無料ブログはココログ