« 「統合失調的状況」の「本質」 | トップページ | 「自己の脆弱性」/『ひき裂かれた自己』 »

2013年4月 4日 (木)

「統合失調的状況の本質」について鋭い洞察のある本

前回述べた「統合失調的状況の本質」について、深く鋭い洞察をしている本もある。一つは、R.D.レイン著『ひき裂かれた自己』(みすず書房)。もう一つは、木村敏著『心の病理を考える』(岩波新書)である。

いずれも、一般的な本とは言い難く、そう読みやすい本でもないため、『関連書籍』には入れていない。しかし、たとえばドイツ系の精神病理学者の書いた本などに比べれば、はるかに読みやすく、明解な内容をもっている。分裂気質の者に対する共感と鋭い観察から、もたらされたものであることも分かる。

ただし、「本質的な観点」といっても、その視点はかなり限られている。前回述べたところでいえば、主に、分裂気質の者の「自己の脆弱性」、「自己の築きにくさ」という点にしぼられている。「圧倒的な他者」ということそのものへの着目はないに等しい。

それでは、「理解」として不十分であり、具体性に欠けることにもなるが、そのような視点に関する限り、非常に説得力のある、鋭い洞察であることは疑いない。だから、興味のある人には、ぜひ読んでもらいたい。

私も何度か読んでいるが、既にかなりの年月がたつので、改めて読み直して、私の考えとも照らし合わせながら、少し考察をしてみたいと思っている。

« 「統合失調的状況」の「本質」 | トップページ | 「自己の脆弱性」/『ひき裂かれた自己』 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/57103279

この記事へのトラックバック一覧です: 「統合失調的状況の本質」について鋭い洞察のある本:

« 「統合失調的状況」の「本質」 | トップページ | 「自己の脆弱性」/『ひき裂かれた自己』 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントの投稿について

無料ブログはココログ