« 最近の「ケムトレイル」事情 | トップページ | 「統合失調的状況の本質」について鋭い洞察のある本 »

2013年3月26日 (火)

「統合失調的状況」の「本質」

※これまで述べて来たことを踏まえて、改めて、「統合失調的状況」の「本質」について端的に述べる重要な記事です。

「統合失調的状況」についての記事も相当多くなったが、改めてその「本質」は何かということを、簡潔に書き留めておきたい。                     

これは、記事『「統合失調症」の「圧倒的な他者」 』( http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-0b67.html 、なお、その図を再び掲げる)でも述べたとおり、「圧倒的な他者」により「自己」が「翻弄」され、「崩壊」を導く状況ということに尽きる

Photo 私は、この日記ないしブログの書き始めの頃、「統合失調的状況」の本質は、「見えない領域」での「捕食者」等の存在の「攻撃」により、自己が翻弄されることであるということを強調していた。

それは、もちろん間違いではないが、より「本質」的な観点からすると、不十分な面があった。問題は、「見えない領域」だけのものではないからだ。「自己」を翻弄させ、崩壊をも導く「何者か」を指し示すものとてしては、「圧倒的な他者」という言い方こそが、最も包括的であり、適当なのである

これは、要するに、「自己」にとっての「他者」が、「圧倒的なもの」として迫り、「自己」とその反映である「世界」を「崩壊」にまで導く状況ということである。この「他者」は、「見えない領域」に限るのではなく、「自己」に対峙するあらゆる「他者」を含む。たとえば、「親」または、その「親」を「投影」された「誰か」などである。「親」は、幼少期または子供期において、「圧倒的な存在」であり得、またその「圧倒的な存在」としての記憶は、いつまでもその者に影響し続け、誰かに「投影」される可能性がある。

ただし、「統合失調的状況」の最も「統合失調らしい」状況は、これだけでは生じないということも、重要な一面である。たとえば、「幻覚」や「妄想」に翻弄され、自己と外界の境界が曖昧になるなどのことである。これらは、通常の「他者」によっては、生じるものではなく、「見えない領域」における「他者」が、真に「圧倒的」なものとして迫って起こるのである。つまり、「自己」にとっては、日常性を越えた、「未知なるもの」であることが、その重要な要素である。

それは、「自己」に対する「他者」の襲撃としては、より深いレベルで起こっていることである。「他者」の襲撃のきっかけは、「目に見える領域」での具体的な「他者」にあったとしても、それがそのような、より深いレベルでの「襲撃」をも、呼び起こしたのである。

言い換えると、ここに言う「他者」とは、初めから、「重層的なもの」なのであり、一義的なレベルだけに存するのではない。「統合失調的状況」では、その「重層性」のより深いレベルのものが、「自己」に対する「圧倒的なもの」として、迫るということである。それは、単に「見えない領域」の、特定の「存在」に尽きるのではなく、より根源的な「闇」や「虚無」にまでいたる

「自己」とは、「自己ならざる他者」との関係で築かれるのであり、それは様々なレベルにおける「他者」との関係において、築かれている。「他者の重層性」とは、その反映でもある。だから、これらは、結局、「自己」とは何か、どのように築かれるのかという、実存的な問題との絡みで生じていることである。より深いレベルで、「他者」の襲撃が起こるということは、「自己」のより深いレベルで、「崩壊」がもたらされようとしているということである。

ただ、「分裂気質」の者に、それが起こり易いのは、「表層」のレベルの「自己」が脆弱または希薄なためということがいえる。そのレベルにおける、具体的な「他者」の襲撃が、「自己」に亀裂を生じさせ易いので、さらに、より深いレベルへの他者の襲撃をも導くことになり易いのである

これらのことは、あくまで「本質的」なレベルでの把握であり、「統合失調的状況」に、脳その他の物質レベルの影響がないということではない。しかし、こういった、本質レベルの視点からすれば、それらは、枝葉のこと、あるいは、むしろ、その結果的現れに過ぎない。だから、そもそも薬などが効くわけがなく、どんなに譲歩しても、一時的に、その結果的現れとしての反応を紛らわせることがあるか、ごまかすことがあるというに過ぎない。

« 最近の「ケムトレイル」事情 | トップページ | 「統合失調的状況の本質」について鋭い洞察のある本 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/57034353

この記事へのトラックバック一覧です: 「統合失調的状況」の「本質」 :

« 最近の「ケムトレイル」事情 | トップページ | 「統合失調的状況の本質」について鋭い洞察のある本 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントの投稿について

無料ブログはココログ