« 「精神病」の「放置療法」と抵抗 | トップページ | 『大笑い!精神医学』対『もう少し知りたい統失の薬と脳』 »

2012年12月 3日 (月)

『大笑い!精神医学』

内海聡医師の『精神科は今日も、やりたい放題』に続く、第2段の著書『大笑い!精神医学』(三五館)が出ているので、読んだ。 

これは、一般向けに、「精神医学」の問題点、否定されるべき理由を明解に説いたものとして、前作以上に、よいできになっている。

初めに、マンガで、各テーマの論点やポイントを視覚的、印象的にさっと示して、その後にその説明を施すスタイルをとっているので、興味を持って読みやすく、理解も進む。文章も、前作では、あえて「過激な表現」をとることで、問題提起をしかけるような意図がみられたが、説明としては、はしょったものが多くて、必ずしも、理解されるとは思えなかった。が、今回は、一般にも、このような試みが大分浸透して、その必要がなくなったせいか、表現も率直で穏当なものが多く、説明も、より丁寧になされている。

扱う内容としては、前作と変わるものではないが、マンガとも相俟って、何が問題なのかの論点が明確になっているのがいい。

ここまで、正面から、分かりやすく、この問題を、明解に説き明かしたものは、他にないはずである。このブログに関して、数冊に絞って挙げている、「関連書籍」にも加えたいと思う。

私としても、前作では、多少の誤解があったようだが、今回は、その一致するところの多さにも驚いた。たとえば、「飲むも地獄、飲まないも地獄」という言葉が出てくるが、前作では、あるゆる苦痛は、「精神薬により作り出される」ものと言っているように読める点もあった。が、今回、「飲まない地獄」というのも認められたうえで、それはあくまで、「精神」の問題として、社会的にまたは個人的に解決していくしかないことがはっきり述べられている。

「薬」が問題なのではなく、「精神医学」そのものが問題なのであり、「精神的に不都合のある状態」を「病気」として、「医学」の対象とすることが問題なのである。それは、我々自身が、恐怖のため、また、本当に向き合いたくないため、そう「望んだ」からこそ起こっていることであるが、そこにつけ込んで、いかに「精神医学」が我々を貪り尽くしてきたかが、いやというほど明らかにされている。

「反精神医学」という立場は、昔からあったが、それらには、かなり曖昧で明確さに欠けていたり、反動として、夢想的なものがあったりもした。しかし、これだけ、「現実的」な視点から、明解に説かれた「反精神医学」というものも珍しい。実際、こういうものでない限り、多くの人に理解されて、本当に影響を与えていくこともないだろうと思う。もちろん、逆に、反発も買いやすいわけだが、むしろ、対立点が明確になるのであれは、望ましいことである。

実は、私は、この本の前に、全く「眞逆」に位置する、『もう少し知りたい統合失調症の薬と脳』という本も読んでいた。これらは、対比すると、より論点の違いがはっきり見えてくるので、次回は少し詳しく、それらの対比をしてみたい。

« 「精神病」の「放置療法」と抵抗 | トップページ | 『大笑い!精神医学』対『もう少し知りたい統失の薬と脳』 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント

この著者のずるいところは「精神薬」という言葉である。
医学部をでて医師免許を取得しているくせに、正確な医学用語を使えない。(使わない?)
意図して自己流の用語を使用している。
そうやって専門医の追及を免れ、自己の独特の、そして大幅に間違った論を展開し
一般公衆の健康を阻害している。
ゆゆしき問題である。

「専門」ということの「虚偽」や「誤魔化し」を暴くことこそが著者の意図なので、
へたな専門用語を使わず、素人でも分かりやすい言葉で説明をすることは、
まったく一貫していることです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/56240691

この記事へのトラックバック一覧です: 『大笑い!精神医学』:

« 「精神病」の「放置療法」と抵抗 | トップページ | 『大笑い!精神医学』対『もう少し知りたい統失の薬と脳』 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントの投稿について

無料ブログはココログ