« 「モルゲロン病」CNNの報道番組 | トップページ | 「ケムトレイル」成分のポリマー糸とモルゲロン病 »

2012年10月29日 (月)

「ケムトレイル」についてのビデオと本

「ケムトレイル」についての、まとまった内容のビデオ2つ。

What in the world are they spraying

http://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_211636&feature=iv&list=PL36F55FDE6FBD9A4D&src_vid=13tmmjFbwYM&v=9DauAV_XrSU

"Why in the World are They Spraying?"

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=mEfJO0-cTis

いずれも、日本語字幕付き(後者は字幕をオンにすること)

前者では、2010年、カルフォルニアで行われたジオ・エンジニアリング(地球工学=地球規模の気象操作に関する工学)に関するシンポジウムの取材を中心に、「何がまかれているのか」について、扱っている。

後者は、様々な関係者、被害者、研究者の話を取り上げて、「なぜまかれているのか」について扱っている。

ジオ・エンジニアリングについては、ここに、かなり詳しい概説がある。(http://criepi.denken.or.jp/jp/serc/discussion/download/09018dp.pdf

本では、ジェリー・E・スミス著『気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル』(成甲書房)という本が、この問題を考えるのに、適していると思った。

著者はジャーナリストで、ジャーナリストらしく慎重に事実を探るという姿勢が貫かれている。それでいながら、真実に迫ろうという強い意欲が感じられ、実際、かなりの程度迫ることができていると思う。

ここに取りあげられているそれぞれの問題は、さまざまな面で、「素人」にはとっつきにくい要素が多い。が、著者は、よく素人的な「目線」で、基礎的な事柄から、問題を説き起こしていると思う。また、こういった問題は、技術的な面でも難しいものがあるが、それぞれについて、技術的な面の基礎にも、一応の説明がなされている。

「陰謀論者」の書いたもののように、主観的な「独断」や、「直感」で、強引に結論を導くというものではないので、そういう意味での「面白み」には欠けるかもしれない。その最終的な結論は、「可能性として十分ある」という程度のもので、曖昧な面もある。実際にどの程度実現され、どのような意図のもとになされているのか、はっきりと明示はされていない。

しかし、このような問題の基礎的な知識を得るには、あるいは、極力客観的に、このような問題に取り組みたいという場合には、非常に適したものかと思う。

私としては、「HAARP」(高周波能動オーロラ研究プログラム)についての基礎的な知識を得られたことと、やはり、最近注目している「ケムトレイル」の問題の、基礎的な知識を得られたことが大きい。

「ケムトレイル」について、ちょっと書くと、やはり、この問題でも、飛行機雲のできる仕組みや条件、環境などの基本から説き起こされている。一般に言われるように、すぐに消えるのが飛行機雲で、後に残るのがケムトレイルとは言え得ないこと、また、最近の飛行機のエンジンと燃料は、昔に比べ、飛行機雲のでき易いものであることも、説明されている。

しかし、そのうえで、実際に、政府や産業界において、地球レベルでの気象改変を目指す、「地球工学」(ジオ・エンジリアリング)に関する様々な試みがあったことを明らかにし、技術的にも、燃料にアルミニウムやバリウムなどの「金属の微粒子」を混ぜることで、飛行機雲を人工的に作り出し、長く残すことは可能であることが説明されている。(なぜそのような成分が選ばれるかを含めて)

ビデオにもあったように、これらは、基本的に、それらの人工的な雲の層によって、地表に降り注ぐ太陽の光を遮る効果を期すもので、地球温暖化に対する対策と言われてる。

そして、これに関しては、この計画に携わったという技術者との興味深いインタビューが紹介されている。

それによると、次のようなことが語られている。

このような計画にはいくつかのグループがあるが、この者はより大きな組織の一部に属していた。

雲のシールドには、浮力を得るため、バイオ物質を埋め込んだポリマー糸が使われていた。

シールドには、特定の周波数の電波を当てることで、破壊され減少しているオゾンを生み出す効果もあった。

暴風雨の前線が来る前には、シールドを維持するために、集中的に散布する。バリウムは、CO2や水を吸収するため、降雨量を減らすことができる。

秘密にする理由は、事態が深刻だからである。地球は絶滅に向かっており、シールドがなければ、人類は20年から30年のうちに死滅する。事態を公表すれば、人々はパニックを起こし、経済危機が訪れる。

このような散布が人体に危険なことは分かっている。世界全体で、20億人が影響を受けると推定されている。しかし、散布をしなければ、90%以上の確率で、今後20年以内に人類は絶滅する。

散布には、タンクキットを備えた専用の飛行機だけでなく、民間のジェット旅客機も利用されている。アルミニウム、バリウム、チタンなどの金属は薄く拡散させるもので、必ずしも大量に必要としない。物質そのものは、見た目よりも、ずっと少ないもので、白いもやの大半は、水蒸気が凝集して水晶を形成し滞留したものである。(つまり、通常の「飛行機雲」と同じ)ただし、シールドに穴があいたときや大量の降雨の後には、大量に散布される。

散布の技術は単純で、2つかそれ以上の予圧タンクに、混合する溶液を分けて入れておき、同時に噴射して化合物が生成されるようにする。ジェット燃料に混ぜる方法も行われていたが、効率が悪く危険もあるので、今は行われない。

とても、取ってつけたような内容ではなく、詳細で具体的なもので、実際にそのとおりに行われていたらしいと思わせるだけの説得力がある。

しかし、同時に、このような計画を、本当になさしめている者は、ここに述べられたような意図で、本当になしているものとはとても思えない。

著者も言うように、このような人工的な雲の層は、太陽光を遮る効果はあるかもしれないが、逆に、地表の熱を閉じ込める効果もある。必ずしも、(それが実際にあるとしても)地球温暖化を防ぐのに効果的な方法とは言えない。

また、アルミニウムやバリウムなどの金属粒子が、人体特に脳に有害なのは明らかなことである。

このインタピューでは、その有害な結果を認めつつも、全体として、地球温暖化からもたらされる人類全体の害と比べたら、やむを得ないこととしている。(発想は、ワクチンの場合と同じである。)

しかし、その地球温暖化の害については、危急で、差し迫ったものであることが異様に強調されるだけで、その具体的な内容は、ほとんど明示されず、よく言われる内容が、とってつけたように示されるだけである。

もし、ケムトレイルの実行者が、このインタビューで示された意図のもとに行っているのだとすれば、それは、やはり、一種の「洗脳」の結果としか思えない。

しかし、地球レベルで、ケムトレイルを、それも秘密裏に実行するには、このような大義名分と差し迫った理由が必要になるというのは、当然頷けることである。そして、実際にそうなのであり、実行する側は、ある意味それを信じて(そうするしかないので)、マジメに、一生懸命、行っているのであろう。

真の目的については、今のところ、明確には分からないが、精神薬やワクチンなどと同様、これまで述べて来たこと(人類の弱体化・削減)の延長上にあるものには違いないはずである。ただ、ケムトレイルには、さらに、普通に地球工学でいうのとは別の意味の「地球的」、または「宇宙的」な意図もありそうな気がする。

※「雲の観察」その後

「雲の観察」は、その後も一応続けているが、前のときのようにある期間集中して、「ケム」っぽい雲が続けざまに観察されることは、ないようである。その時期は、私が特に「ケムトレイル」に注目し始めた時期と重なっており、まさに「偶然」または「共時性」というほかない。

ただし、10月26日(金)、明らかに「撒かれている」と感じることがまた起こった。昼の時間、空にかなり太く長い「ケム」っぽい雲が平行に2本(写真1)のほか、似たような雲が他に4本ほどあり、その後も、続けざまに、飛行機がその雲に平行するようにして、何機か航行して来る。ある時間に、こんなに集中して飛行機が航行することは、今まで見たことがない。ただ、その中には、典型的な飛行機雲しか出していないのもあった。さらにその後、前のときと同じように、ヘリコプターが、その周辺(下部)を何台か調査するかのように、旋回して行った。その後、特に気象的な変化はなく、飛行機の航行もあまりなくなったように見えたが、残った雲は、非常に太くはっきりした形で、その後も長く残っていた。

午後3時頃、空を見ると、前の雲もある程度残っていたが、新たに6本ほどの太く長い「ケム」っぽい雲ができていた。その一部は、ある周辺に異様に重なって、できている(写真2)。

飛行機雲ができ易い気象条件もあるのだろうが、やはり異常なことと感じる。

一つ、最近の気象で気づくのは、雨が続いて降ったということがある。このところずっと、明らかに雨の降雨量が減っていると思うが、最近は、それほど多くはないが、雨が降ることが続いていた。

インタビューにもあったように、「実行者」は、雨が降ることで、雲の層または「エアロゾル」の層が、崩れる(降下する)ことを恐れたのではないかと思う。だから、雨の続いた後に、また集中的な散布をしたのだろう。しかし、そうだとしたら、これは皮肉なことである。なぜなら、実行者の恐れるそのようなこと(雲やエアロゾルの降下)こそが、本来の「計画者」にとっては、まさに狙われていたことそのもののはずだからである。

      写真1

20121026120831


     写真2

20121026150127

« 「モルゲロン病」CNNの報道番組 | トップページ | 「ケムトレイル」成分のポリマー糸とモルゲロン病 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/55994125

この記事へのトラックバック一覧です: 「ケムトレイル」についてのビデオと本:

« 「モルゲロン病」CNNの報道番組 | トップページ | 「ケムトレイル」成分のポリマー糸とモルゲロン病 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ