« 「ダーウィン医学」と「薬による治療」 | トップページ | 「じわじわと痛めつける」のがお好き »

2012年8月20日 (月)

「陰謀論」と『アレックス・ジョーンズ・ショー』

私は、基本的に、「陰謀論」的な発想については警戒している。

理由は、大きく二つほどある。

一つは、記事『捕食者にとっての陰謀論』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-239d.html  )でも述べたが、「陰謀論」は想像力によっていくらでも発展してしまうもので、それに絡め取られることは、「捕食者」の思うつぼだからである。それは、統合失調症の「妄想」とも似たもので、確かに、一定の「リアリティ」を基礎とはしている。が、それを恐怖と想像で、大きく膨らませ、新たな「現実」または「世界」を作り上げてしまっているのである。そして、結果として、「捕食者」の狙いどおりの、否定的な感情で蝕まれてしまう。

実際、統合失調症の「皆がグルになって自分を陥れようとする」という「迫害妄想」は、究極の「陰謀論」ともいえる。

もう一つは、「陰謀論」というのは、結局は、何かの「悪い」出来事の原因を、特定の誰かに帰すことによって、その「悪者」を排除しようという発想にほかならないからである。この点では、これまでみた、狂気を「厄介払い」しようとする発想と、ほとんど違わないことになる。それでは、何ら、問題の解決にならないのが明らかである。

たとえば、「ユダヤ陰謀論」であれば、「ユダヤ人」を悪者にし、責め立てめるが、この発想は、基本的に「魔女狩り」のときと変わらない。実際、「ユダヤ人」は、魔女として排除される主要な対象でもあった。ただ、現代では、「ユダヤ人」が支配的な位置についているとみられるので、かつてのような「弱い者いじめ」的な排除にはなっていないだけである。

さらに、もう一つあげると、特にハデな、人目につく内容の陰謀論というのは、それが真実でないとなると、結局「陰謀論」というのは、こういうものだということで、「陰謀論」的な発想を全否定されるネタとなりやすいということもある。実際には、あまり目立たない形で行われているかもしれない「陰謀的な事実」から、目を背けさせ、むしろ、そのようなものを否定する方向に作用するということである。

だから、「陰謀論」的な発想には、距離をとりたくなるのだが、しかし、最近は、特に欧米で、単純な「陰謀論」では済まされないだけの、説得的な内容を備えたものが大分出て来ているようである。

ときどきとりあげる、デーヴィッド・アイクもその一人と言えるだろう。

また、アメリカでは、『アレックス・ジョーンズ・ショー』というテレビ(またはラジオ)の番組があって、科学者等のゲストを交えて、陰謀的な事実を暴いていくというものがある。

たとえば、ワクチンについて、『ワクチンには何が入っているの』(http://www.youtube.com/watch?v=00CqO2z_kDI)、『ワクチンと脳疾患との繋がり』(http://www.youtube.com/watch?v=f0lbEylOvm4)など。また、ケムトレイルについて、『世界的ケムトレイルの秘密』(http://www.youtube.com/watch?v=13tmmjFbwYM)など。なお、アメリカ・メディアによる報道(http://www.youtube.com/watch?v=70iBeck35nI)。

これらは、既に3年前に放映されたものである。

ゲストの医師等は、たとえば、ワクチンに入っている水銀やアジュバント(免疫補強剤)等が神経に影響を与える危険なものであること、そもそも、ワクチンの皮下注射とウイルス等の感染経路は異なるから、ワクチンによる免疫効果は疑わしいことなどを指摘している。が、ワクチンを広めようとする連中は、そのことを知っていてあえて広めようとしているというのであり、明らかに一種の「陰謀」があることを明言している。

ケムトレイルでは、さらに有無を言わせない、強引な仕方で、危険な化学物質がばらまかれていることになる。ゲストは、それを認める政府文書が多くあることを指摘している。

司会のアレックス・ジョーンズは、多少エキセントリックな印象はあるが、こういう情報に常にさらされていれば、そうなるのも頷ける面がある。

私も、一連の体験では、心底「嫌になる」ことをとことん見せられ、体験させられたので、こういったことには「免疫」があるつもりでいる。それでも、やはりこういったことを聞くと、「嫌になっ」てしまうというのはある。

しかし、その「嫌になり方」は、それが「事実」でないからではなく(それなら、割と軽く受け流せる)、「事実」を含んでいるからこそというのも確かに感じる。

ワクチンやケムトレイルには、精神薬以上に、「強制」という要素が強く、それも弱点や盲点につけこんだ、「陰湿」なやり方であるだけに、余計そうである

もはや現在においては、特に欧米では、このように、単なる「陰謀論」ではすまされない、具体的な議論にまで、発展して来ているということである。

« 「ダーウィン医学」と「薬による治療」 | トップページ | 「じわじわと痛めつける」のがお好き »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/55470729

この記事へのトラックバック一覧です: 「陰謀論」と『アレックス・ジョーンズ・ショー』:

« 「ダーウィン医学」と「薬による治療」 | トップページ | 「じわじわと痛めつける」のがお好き »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントの投稿について

無料ブログはココログ