« 「陰謀論」と『アレックス・ジョーンズ・ショー』 | トップページ | 「雲」の観察 »

2012年8月28日 (火)

「じわじわと痛めつける」のがお好き

記事にも書いたとおり、一連の統合失調症的体験での、「捕食者」の攻め立て方は、単刀直入で、分かりやすいものなのではない。意図も理由もはっきりせず、訳の分からない攻撃に、執拗かつ継続的にさらされるのである。それは、「じわじわ」「じわじわ」と、追い詰めるようにして、痛めつけるものである。そこでは、「開き直る」ことも難しく、自ら恐怖に基づく想像力で、事態を拡大し、破滅してしまうことにもなる。

ダチョウの上島ではないが、「いっそ一思いに殺せー!」とも言いたくなる。

しかし、それこそが「捕食者」のやり方で、その間に継続的に生じる苦痛や恐怖の感情を、搾り取れるだけ、搾り取っているのである。一思いに殺すことによって生じる「死の間際の感情」も、それなりに強力ではあろうが、じわじわと「死に迫る」ことによって生じる、継続的に高められた感情には、敵わないようである。

宮沢賢治の小説『注文の多い料理店』にも、「捕食者」(この場合は、「山猫軒」の主だが)の、このじわしわと追い詰めるやり方が、よく表われている。料理店に入った人を食べる前に、執拗にいろんな注文をして、「食べられる」ことに気づかせ、恐怖感をこれでもかこれでもかと高めてから、食べようとしているのである。

最近、「精神薬」、「ワクチン」、「ケムトレイル」などの、人間の支配層による、「悪意」ある「陰謀」があることについて述べて来た。これらのやり方は、今のところ、まさに、このような「捕食者」のやり方そのものを思わせるものになっている。つまり、決して、単刀直入で、分かりやすいものではなく、「じわじわ」と、追い詰めるように、痛めつけるものになっている、ということである。

これらは、人体に危険の多い、または脳や精神状態を蝕む、化学物質が問題なのだが、それは、直接に「死」や、それが明白なほど、危険や傷害自体を目的としているような代物とは言い難い。もちろん中には、直接に「死」や「傷害」という結果をもたらす場合もあるだろう。が、多くの場合、それらは、それらの蓄積によって、初めて結果の出るものである。だから、その効果は曖昧であり、誰にも、すぐに分かるような、明白なものとはいえない。

人間の支配層としては、あるいは、「優生学」などの観点から、「人口削減」を意図しているのかもしれないが、直接にそれを意図するものとしてほど、はっきりとした狙いも効果も明確ではない。何か中止半端で、煮え切らないやり方である。

それは、直接そうと分かるようなやり方では、もはや「陰謀」とすらいえず、ただの「犯罪」であり、すぐ発覚するものなので、当然ということもできる。それを、現実に実行するのは、製薬会社や医療機関、空軍、民間の気象会社などなので、それらに一応ともまかり通る、もっともらしい理由がなければ、実行は難しいという実際的な理由もあるだろう。

何しろ、それらは、常に「大義名分」または「口実」の裏に隠れて行われるのであり、たとえ問い詰められたとしても、いくらでも「逃げ口上」が用意されているのである。

本気で、「人口削減」を意図するなら、もっと堂々と正面からそれを問えばいいものを、超エリートたる支配層のやることとしては、情けないくらいに、意気地のないことといえる。

しかし、それでも、それ自体のもたらす効果というのは、意図されたものではないにしても、結果としては、見事なくらいに、「捕食者」好みの、「じわじわと痛めつける」形の「攻撃」になっているのである。

これらの「陰謀」は、それが一般に「知られる」(と言っても、明白な事実として表に表れることはまずないから、一つの可能性として)こと自体の醸し出す効果も大きいと言わなければならない。それは、人々を、不安にさせ、疑心暗鬼にさせ、恐怖におとしめる。それも、明白なものでなく、想像力によりいくらでも拡大するものであるだけに、それらは余計に高められ、継続的なものとなる。ある意味で、「知らぬが仏」であり、へたに知って、不安に過ごすより、知らないで、気にしない方が、精神衛生上健康ということにすらなる。

これらのことも含めて、何とも、「捕食者」好みの状態になっているのである。

デーヴィッド・アイクは、人間の支配層は、爬虫類人とのハイブリッド種族として、血統を維持して来た者という。しかし、そうではなくとも、彼らが、「捕食者」の強い影響を受けている者であることは疑いがない。既にみてきたように、現代では、誰もが「捕食者」の影響を受けているが、その中でも、特に強い影響を受けているということである。

現代の産業社会を「捕食者的文明」と言ったが、彼らの間では、一般の人間に対する支配的立場が共通であるうえに、確かに、歴史的、地球史的にも、もともと何か関係があったのだろう。

だから、人間の支配層が、意識的にはどういうことを意図しようと、結果的に、「捕食者」の意図を実現するような状態になっているのは、頷けることである。人間の支配層のやり方が、消極的で、中途半端であるほど、そのような、「捕食者」の傾向が強く表れるはずである。

ただし、今後、人間の支配層が、もっと直接的で分かりやすい行動に出るようであれば、もはや「捕食者」の思惑を越えて、彼らの意図を実現することになる可能性はある。もっと、端的で分かりやすい形で、「人口削減」が目指されるということである。

しかし、いずれにしても、これらの「陰謀」は、既に、産業社会の維持にとっても、彼ら自身の生命、身体にとっても、自暴自棄的である。「捕食者」好みの状態といっても、それらは、全体としての「弱体化」をもたらし、そこで生まれる「苦痛の質」も弱められるのだから、決して、「捕食者」にとっても、積極的に望まれた状態なのではない。いわば、全員を「廃人」にしてしまうごときは、「捕食者」も、本来、望まないことなのである。

要するに、それは、一種の「自滅」への道か、「悪あがき」というほかはない。

※「ケムトレイル」?

Dsc000750001

昨日午後5時30分頃、私の家の近くで上空を撮影したもの。

帰宅途中に車の中から、飛行機が見た目にも強烈で多量の雲を噴霧しながら飛行するのを目撃。周りにも数本の飛行機雲の軌跡がはっきり残っていた。写真で撮影できたのは、その後15分位後で、残念ながら雲ははっきり残っているものの、形はくずれ、迫力にも欠けるものになっていた。ただの飛行機雲なのかもしれないが、雲は形をはっきり残したものが、この時点でも、全天に6本ほど確認できた。

写真の下の飛行機雲が、車から現に噴霧されいるのを見た飛行機雲。その拡大写真。(※)

Dsc000760001

写真上の残っていた飛行機雲の拡大写真。

Dsc000780001
別の方向に出ていた飛行機雲2つ

Dsc000790001_2

Dsc000800001_4


この後、30分位後には、全天に黒い雲が立ち込め、曇り空になる。ただし、雨は結局降らなかった。

1カ月ほど前にも、似たような平行に走る飛行機雲何本かと、上空を真白な機体の飛行機(目視でもかなり巨大であることが分かる)が現に多量の飛行機雲を噴霧しながら飛行するのを見たが、そのときも、十数分後に曇り空になり、雨が降り出した。

上空が湿っている(雨が降りそうな気象条件にある)からこそ、飛行機雲ができやすく、残りやすいのだとは言えるだろうが、やはり不自然な気がする。

今後も、少し意識して観察してみたい。

(※) 車から見えた位置は、南方向だったので、これだと思っていたが、途中の位置などからみても、現に噴霧しているのを見た飛行機雲は、写真上から4番目のものだったようだ。このように、6本も出てると、どれがどの雲かを同定するのも難しくなる。

« 「陰謀論」と『アレックス・ジョーンズ・ショー』 | トップページ | 「雲」の観察 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
携帯から失礼します。自分自身が慢性疲労症候群とウツの区別が付かない状態からウツ、後に憑依から入院を経験して長年経ち寛解して、これから精神科の患者さんも含め治療出来る代替医療を学ぼうとしています。
今は慢性疼痛を抱えているので自分の治療と快癒も含めて

ここまで論理的合理的に整理なさっている知性と客観性に感服です

将来、自分のHPを開くときにリンクさせて下さい。

コメントありがとうございます。

ホームページまたはブログで経過などを詳しく綴られると、いいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/55523649

この記事へのトラックバック一覧です: 「じわじわと痛めつける」のがお好き:

« 「陰謀論」と『アレックス・ジョーンズ・ショー』 | トップページ | 「雲」の観察 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ