« 「精神医学」と「精神薬」の一般への浸透/「捕食者」の「黄昏」 | トップページ | 「ダーウィン医学」と「薬による治療」 »

2012年7月29日 (日)

「伝染病」と「狂気」

少し、ワクチンのことも調べたり、読んだりしたが、これを広く浸透させようとすることは、精神薬を広めようとすることと、構造的に非常に似ている。

どちらも、一般の、「伝染病」や「狂気」に対する、抑制しがたい「恐れ」が背景としてあり、それを防いだり、治してくれると期待できるものは、たとえ、危険性のあるものでも、大した根拠もなく、迎え入れようとするということがある。

その「恐れ」というのは、一つには、それらの「伝染病」や「狂気」そのものに対するものである。これらは、少なくとも、潜在的には、一言で「病気」と語られるには、あり余るものがあり、何か得体の知れない「力」を感じさせるものである。前回述べた言い方で言えば、何かしら「オカルト」的なものを予感させ、不合理な感情を喚起するのである。

さらに、その「恐れ」は、「病気」そのものに対してのほかに、その爆発的な伝染力、「うつる」ことに対してのものでもある。単に病気になることのほかに、誰かに、「うつされる」こと、誰かに「うつし」てしまう「恐怖」というのが加わる。あるいは、このような「伝染力」にこそ、得体の知れない「力」が予感されるともいえる。

このことは、「狂気」についても、大かた当てはまるものというべきでるある。もちろん、「狂気」は「伝染病」のように、物質的媒介をもったものではないが、しかし、ある種の触発作用により、伝染病と似たような「伝染性」の力を感じ取らせるものである。実際、本来、誰もが、内に「狂気」を抱えているのである以上、他者の「狂気」は、内部的な「狂気」を刺激し、触発させ、拡張していくとみることもできるのである。

実際に、「伝染病」も「狂気」も、人々から忌避され、社会から「隔離」、「収容」される。人目のつかないところへと、封じ込められるのである。そこには、やはり、「伝染する」「威力」に対する「恐れ」があるというべきである。

「伝染病」の場合、「細菌」や「ウィルス」といった、物質的媒介があって、伝染力が生じていることが分かっている。ワクチンも、それらの感染に対処すべくなされる予防措置で、この「予防」ということの意義の大きさのために、歓迎されるのだといえる。(ちなみに、「狂気」についても、今後、予防すると称するワクチンが開発される事態は十分予想され、そうなれば、根拠などほとんど問題とされずに、爆発的に広まることだろう。)

しかし、この「細菌」や「ウィルス」にしても、本質的な意味で、「何もの」であるかについては、未だ分からないことが大というべきであり、人間にはコントロール不可能と思われる面も多くある。また、そこには、謎めいた、生命の本質または人間の本質と深く関わるものが予想されもする。そういった、「未知の要素」または「神秘の要素」が、これらのものにも、孕まれている。

だから、物質的なメカニズムが一応分かっている「伝染病」にしても、先にみたとおり、潜在的には、何か得体の知れない「恐れ」を喚起し続ける。そして、それは、物質的メカニズムの分からない「狂気」と、何か、本質的な「類似性」を感じさせもするのである。

その「本質的な類似性」を、一言で言い表すならば、「自己」という枠組み(「免疫系」もその一つである)に対して、破壊的な作用をなし、一時的または恒久的な「死」をもたらす、という風にいえると思う。それは、「自己」というそれなりに安定したシステムに対して、「外」からやってきて、完全な破壊をもたらすか、さもなければ、大きな改変を迫るのである。

その「改変」の点をとらえれば、決して「悪」などではないが、現在の「自己」を守ろうとする立場からは、「悪」以外のなにものでもない、「恐るべき」ものである。

「狂気」の場合には、このことは、主に「精神的」レベルでなされ、「伝染病」の場合には、主に「身体的」レベルでなされる。しかし、これらは、互いに絡み合ってもいる。

たとえば、伝染病をもたらす「ウィルス」というのは、それ自体では生命活動を営めないが、細胞に「寄生」することによって、自己増殖を可能にするものである。これには、まさに「狂気」のあり様を象徴するものがある。「狂気の元」となる、「捕食者」に与えられた「心」(エゴ)も、それ自体では増殖し得ないが、人間の本来の心に「寄生」してこそ、増殖し、繁栄していくものだからである。

また「伝染病」をもたらす「細菌」や「ウィルス」の背後には、実際に、「捕食者」のような存在が関わるということも考えられるし、逆に、「狂気」にも、身体的レベルで、「細菌」や「ウィルス」の作用が影響しているということも考えられる。

このように、「伝染病」と「狂気」には、単に「みかけ」上の類似だけでなく、思いのほか、本質的な類似性があるといえるのである

« 「精神医学」と「精神薬」の一般への浸透/「捕食者」の「黄昏」 | トップページ | 「ダーウィン医学」と「薬による治療」 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/55309715

この記事へのトラックバック一覧です: 「伝染病」と「狂気」:

« 「精神医学」と「精神薬」の一般への浸透/「捕食者」の「黄昏」 | トップページ | 「ダーウィン医学」と「薬による治療」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントの投稿について

無料ブログはココログ