« 「万が一」ではなく | トップページ | このブログの意図と今後の方向性 »

2012年3月28日 (水)

「捕食者」にとっての「陰謀論」

「陰謀論」のようなものが蔓延ることは、「捕食者」にとってはどうなのか、について少し述べる。

まず、巷にあふれる、「この世」的な「陰謀論」、つまり、政府や秘密政府、イルミナティなどの秘密結社が世界を政治的、経済的に支配しているという「陰謀論」について。

これは,「捕食者」にとっては、痛くも痒くもない。それどころか、「捕食者」にとっても、大いに好都合である。実際、前々回みたとおり、このような「陰謀論的発想」には、「捕食者」自身の力づけがあると思われる。

彼らにとっては、人間自身が、支配層の政府などに対して、疑心暗鬼になり、被害妄想的になってくれた方が、その感情の「吸い上げ」の点からも、管理、支配の点からも、好都合なのである。これら「陰謀論」を信じる者、あるいは、影響を受けた者は、政府等に、実際以上のパワーを想定して、恐れたり、そのような体制をどうすることもできないと、絶望的な気分になってくれる。あるいは、世の中に、種々の喧噪を巻き起こしてくれる。

しかし、「捕食者」は、このような「陰謀論」をまともに受け取る者が、少数派に過ぎないこともよく分かっている。そして、どのように説得的に説かれた「陰謀論」も、それを「証明」することなどは無理であることが、よく分かっている。つまり、それらは、一定程度の「もっともらしさ」を有するにも関わらず、実際には、真実は「薮の中」で、完全に露呈することはあり得ないものである。

そのように、「あやふや」であり、想像力により、いくらでも増幅するものであるからこそ、利用価値が高いのである。まさに、統合失調症の「幻覚」や「妄想」と同じである。

このようなものは、ごく一般的には、せいぜい、潜在的な「疑い」や「恐怖」を引き起こす程度の力しかないだろう。しかし、それはそれで、十分なのである。むしろ、あまり、多くの人が、そのようなことに関心を持ち過ぎるのは、逆効果である。ただ、一定程度の、強い影響を受ける人がいること、と同時に、いつでも、そんなものは、ただの「頭のおかしい者の戯言だ」として、切り捨てることができることが重要なのである。

このようなことは、「陰謀論」で陰謀の主体とされた、人間の支配層の者にとっても、ほぼ当てはまるだろう。つまり、彼らとしても、別に痛手などではなく、ただ無視を決め込んでいればいいのである。ただし、その中のある者が、何かの理由で、陰謀論者に対して、具体的な処置に出るということは、あり得ることだろうが。

次に、アイクのような、彼ら「捕食者」の存在そのものをついた「陰謀論」について。

これらは、先の「陰謀論」と違って、「捕食者」について何事かの真実を含んでいる。しかし、これについても、結局、「捕食者」にとっては、先の「陰謀論」とほとんど変わりない。つまり、歓迎こそすれ、決して痛手などではないはずである。

記事(「無意識的影響」と「意識的影響」  http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-a64c.html )で述べたように、多くの者に対する、一般的な管理、支配という点からは、彼らは、その存在を隠し、「ないもの」とされていた方が、好都合なのは確かである。しかし、記事でも述べたように、個々、具体的なレベルで、強い支配を及ぼそうとすれば、それでは不十分ともなる。彼らの存在について、何ほどか「意識」させることが必要となるのである。「意識」することでこそ、「本物」となる、恐怖というものがある。

「統合失調症的状況」でも、それは同じである。私の場合、彼らの休まることのない、執拗な攻撃は、「いい加減オレらの存在に気づけ、このボケ!」と言われているようなところがあった。それは、恐らく、統合失調症者の多くの場合にも、言えるはずである。「無意識」と「意識」のギャップを超えて、あえて意識させることでこそ、「統合失調症的」な恐怖と反応を引き起こせるのである。

また、彼らの、「支配」というのも、それを押し進めると、無意識的な「服従」ではなく、彼らの存在を認めたうえでの、意識的な「服従」こそが、完全な「屈服」であり、「支配」ということになるはずである。

だから、彼らとて、全く「隠れ」ていることだけで、目的を達するわけではないのである。

さらに言うと、彼らの感情というか、主観的な理由からも、人間が彼らの存在に全く気づかないことは、彼らにとって、必ずしも愉快なことではないようである。彼らも、どこかで、自分らの存在を、アピールしたがるところがあるのである。

そういうことからして、彼らの「存在」についての真実をつく、アイクのような「陰謀論も、決して、彼らにとって、不都合ではないのである。

そもそも、このようなものは、先の「この世」的な陰謀論以上に、少数の者にしか、まともには受け取られない。つまり、いつでも、「頭のおかしい者の戯言」として切り捨てることができる。

ところが、一定の人には、より強い影響を及ぼす。「この世」的な陰謀論以上の「恐怖」や「絶望感」、さらには、「この世」的な陰謀論にはない、ホラーまがいの「オカルト」的な「恐怖」をもたらすことができる。アイクの陰謀論でも、非常に単純化された形で、彼らの存在の仕方や、支配のやり口が、おどろおどろしい面を、ことさら強調されて、表現されている。そこには、やはり、「捕食者」の「色」で染められた面が大きくある、と言うべきである。

アイク自身は、これらを、人々が、それらの「支配」を脱して、「覚醒」へと至る契機として捉え、訴えかけているようである。しかし、多くの者は、そのようには受け取らない。そのような面より、明らかに、それらの存在の異様なあり様や、その影響を受けた人間による「支配」という、現実的な面を衝撃として受け取る。そして、実際以上に、そのような存在の力と、おどろおどろしい面を意識し、その「支配」が行き渡っているものと受け取る。

結局、「捕食者」にとって、不都合どころか、望ましいものとなっているということである。

しかし、また、これらの「陰謀論」が、良くも悪くも、本当に「力」を持つのは、そこに5割以上の「真実」が含まれるからこそだ(※)、ということがいえる。アイクの「陰謀論」が、そのような意味で、本当に「力」のある「陰謀論」かどうかは微妙だが、それに近いものではあると思う。だから、「捕食者的なもの」を身に受け止めてみるには、格好の材料といえるのである。

※ 「統合失調症」の場合の「幻覚」(幻聴)の場合も、同じことがいえる。つまり、全くの「虚偽」では、その者を「統合失調症」に陥らせるだけの力を持ち得えない。但し、その場合の「真実」とは、その者にとっての「主観的」な真実で、その者の「内心」にあるものを見事に捕らえているということである。

« 「万が一」ではなく | トップページ | このブログの意図と今後の方向性 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/54327020

この記事へのトラックバック一覧です: 「捕食者」にとっての「陰謀論」:

« 「万が一」ではなく | トップページ | このブログの意図と今後の方向性 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ