« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月25日 (土)

『きらっといきる バリバラ』~統合失調症

昨日、午後8時 NHK教育『きらっといきる バリバラ~統合失調症』を見たが、インパクトのある面白い番組だった。

「バリバラ」とは、パリアフリー・パラエティの略で、障害者が多く出演する障害者のバラエティ番組。今回は、統合失調症のハウス加賀谷や茶BOZEが出演していた。自分の「病気」にまつわるヒストリーや、幻覚や妄想をネタにした漫才も披露していた。2人とも何ともユニークな存在で、(プロだから当然ともいえるが)「笑い」のセンスも確かなものだった。ネタは、本人がやるのでなければ、「危ない」ようなネタで、これがてきるのは、ある意味革新的だ。

「小さな加賀谷」が見えたという話に乗った相方に、「幻覚2級!」「あなたもやっと幻覚が見えるようになりましたね」「よくぞこの高みまで…」というのは、うけた。

「妄想」や「幻覚」は、病者本人も、周りの者も、変に、「深刻」に受け取るからこそ、問題が悪化する。病者本人も、周りの者も、こういう風にユーモアにくるめて扱えるようになれば、変に問題を膨らますことはなくなるのである。また、本人自身がこういう風に「幻覚」や「妄想」を「笑い」にすることができるということは、もはや、それらにあまり囚われなくなったということである。だから、この番組は、本当に、「統合失調症」の本質をついた、ある意味治療的効果のある、画期的な企画ともいえる。

最後に、そういう人にはどう対処するのがいいかという話題にもなっていたが、結局、加賀谷が言っていたように、「まあ人生そんなことあるよ!」というのが、「大正解」である。別に、「左上に、お釈迦さんが見え」ても、「小さな加賀谷がいっぱい見え」(これはネタだったか)ても、いいじゃないかということである。

ただ、それがために、周りの人に迷惑をかけることになると、社会としても、何らかの対処をせざるを得ない、放ってはおけなくなるということである。

だから、やはり、「幻覚」や「妄想」には、抵抗力をつけること、自分なりの対処の仕方を身につけることが必要であり、「ユーモアでくるむ」というのは、その有力な一方法である。

また、周りの人も、このような「幻覚」や「妄想」というものがあり、そういう状態にある人は、自分と違う「世界」を見ているということ。自分もそうなる可能性は常にあるということを考えれば、「幻覚」や「妄想」に囚われている人に対する許容度も、増すはずである。

そういう風にして、病者や周りの者、両方のアプローチから、「幻覚」や「妄想」が巻き起こす問題が減じていけばいいと思う。

しかし、それを一言で言うなら、やはり「人生そんなこともあるよ!」というのに尽きるなあ。

2012年2月13日 (月)

「ただの病気に過ぎない」という言説

ある精神科医の書いた本に、

統合失調症に代表される精神病は、ただの病気に過ぎない。それは侮るべきものでも、神秘化するべきものでもない。それにさまざまな意味を付与するからいけないので、差別や偏見に結びつくのだ。

という趣旨のことが、述べられていた。

一見もっとものことのようで、著者も、「精神病」に対する差別や偏見をなくしたいから、述べているのは分かる。

しかし、「精神病がだだの病気に過ぎない」という言説を捉えた場合、その認識は、「甘い」のみならず、やはり「誤り」と言わざるを得ない。また、著者自身にそのつもりはなくとも、この言説が、逆に、差別や偏見に結びつく面も大きく、実際に、そのように利用されている場合も多い。

だから、その点は、はっきり指摘をしておきたい。

そもそも、「病気」とは、「人間が人間にとって都合の悪い状態」を、そのように呼んだというものに過ぎない。それは、「客観的な存在」や「状態」というよりも、一つの「価値判断」であることは間違いない。だから、「精神病は病気である」という言説は、それは「人間にとって都合の悪い状態だ」ということを、改めて宣言しているようなもので、本来、それ以上の意味もない。そのことによって、何か「精神病」について「分かる」わけでもなく、「精神病」の実質を指し示すものでもない。

しかし、それを「ただの病気に過ぎない」 といった場合には、意味合いが違って来る。「精神病」に「意味」を付与するのがいけないと言うが、既に、この言説自体が、十分に「精神病」に「意味」を付与するものである。

「ただの病気に過ぎない」とは、要するに、「病気」であって、それ以外の何ものでもないということ。「病気」という一言で、「精神病」の実質を語ってしまうというものである。「病気に過ぎない」というのだから、それはそう解さざるを得ない。

それは、「人間にとって都合の悪い状態だ」ということを確認するのみならす、ことさら強調し、それに尽きるというもので、十分に「社会的な意味」をもつ。

そして、それは、「精神病」という、「精神」または「人格」の関わる問題であるときには、なおさら、強力な「意味」となる。それは、一つの明白な、「価値評価」にもなる。

それは、要するに、その者の、「精神」または「人格」が、「社会的に不都合」で「望ましくない」状態にあるということ、「治療」して、「改善」しなければならないものである、と言っていることになる。それは、逆にいうと、「治療」して、「改善」されない限り、その者の「精神」または「人格」は、「社会的に不適格なものだ」と宣言していることになる。

たとえ、本人は、そのような意図で言うのではないにしても、そのような意味合いになってしまうのである。

さらに、「精神病」は、現在のところ、原因の分からない「病気」であり、それに対しては、多くの者が、恐怖を抱くとともに、一種の謎めいた感覚をもっている。それを、「恐れる」のも、「謎めいた」ものと思い、それについて、何とか理解したいという思いを生じるのも、自然なことである。

しかし、「精神病はただの病気に過ぎない」という言説は、そのような「恐怖」の感覚を、一見弱めるようでいて、実質的には、全くそんなことはない。しかも、「謎めいた感覚」を封じようとするもので、それを理解しようとする意味をも認めないことになる。要するに、精神病は、「病気」ということで、「片がつく」、それ以上に、理解すべきことなどない、ということになるからである。

結局、それは、「精神病」は「病気」ということで、「分かった」ことになる、ということである。具体的な「原因」そのものは、分からなくとも、「病気」ということで、十分「片がつい」ているのである。実際、多くの場合、そのように思われていて、「精神病」ということに、「病気」ということの意味以上のものを付与しようとする者など、ほとんどいないのである。それは、要するに、「頭」だろうが、「心」だろうが、「おかしい」のであり、「病気だ」ということさえ、はっきりすれば、それでいいのである。

そして、それ自体で、十分、「差別」や「偏見」の理由となるのである。

本当は、「精神病というのが病的状態であるのは当然として、それは、どのようにしてもたらされるのか」こそが問われなければならない。ところが、「精神病はただの病気に過ぎない」という言説は、そのような問いをも、封じ込めてしまうこととなるのである。

2012年2月 3日 (金)

「脳内現象」や「薬」との関係

「狂気」特に「統合失調症」では、「水平的方向」と「垂直的方向」という別方向からの影響力が働く。これらの影響を、同一線上のもののようにみなせば、混乱するのみである。そこで、それらの両方向の「座標軸」を設定すると、理解がしやすくなる。その場合、「水平的方向」は「霊的」な影響、「垂直的方向」は「虚無や闇」などの影響として捉えることができることをみた。

一方、精神医学の研究では、「統合失調症」において、ドーパミンという神経伝達物質が、異常分泌されるなどの「脳内現象」の異常もみつかっている。それらは、薬の開発に役立てられ、一定の効果はあげているようである。

とすると、このようなものは、先の説明と、どういう関係にあるのか。

まず、はっきりさせておきたいことは、「座標軸」による先ほどの説明は、「狂気」特に「統合失調症」に、「直接」影響を与えるものを、大枠として捉えようとする場合の話であることである。そうした場合、このような「脳内現象」なるものは、除外される。それは、「狂気」または「統合失調症」に、「直接」影響を与えるものではないからである。

ただし、先の「座標軸」中に、それを、あえて位置づけようとするならば、それは可能である。

前に、「霊的な影響力」は、「水平的方向」の「深み」に働くものともいえると言った。それに対し、「脳内現象」のような物質的過程は、「水平的方向」の「表層」に働くものともいえる。ただし、この「表層」に働くものは、「脳内現象」に限らず、ざまざまな物質的な側面一般を含め得る。また、「狂気」または「統合失調症」に陥る「きっかけ」としての、さまざまな「出来事」も、このような「水平的方向」の「表層」にあるものといえる。 幼少期の(虐待的その他の)出来事とか、その後の人間関係や社会的トラブルとか、不適応感の増大などの心理的状況などである。

それらは、「狂気」たまは「統合失調症」という状況に陥るのに、または、その状況を促進するのに、一定の影響を与えているにしても、「直接」の影響力ではないということである。

特に、「脳内現象」ということで言うと、それは、前にもとりあげたが、「狂気」または「統合失調症」に陥り易い性質の物質的な側面を明らかにしたり、「狂気」または「統合失調症」に陥って、「妄想」や「幻覚」などの症状を生じたときの、それらの物質的な側面を明らかにするものとして、それなりに重要ではあるだろう。

「妄想」や「幻覚」などの症状は、何度もみて来たように、「直接」は、「水平的方向」の「霊的なもの」の影響、または「垂直的方向」の「虚無」や「闇」の影響で生ずるというべきである。そして、特に、「妄想」は、それらに対する「防衛反応」として生じている面が強い。

ところが、それに伴って、一旦、ある「脳内現象」が生じれば、それは、それ自体が、また新たなプロセスを展開させるということはいえる。特に、ドーパミンの異常分泌は、精神的な作用にもフィードバックされ、「妄想」や「幻覚」を促進する効果があると考えられる。

だから、薬などによって、その分泌が抑えられれば、「妄想」や「幻覚」の症状を抑えるという効果はあり得ることになる。

ただし、それは、あくまでも、「対症療法」的な効果であって、「妄想」や「幻覚」をもたらす「直接」の影響力に、働きかけるものではないということである。

これは、たとえれば、次のような場合と似ている。「風邪」の症状として、その病原に対する免疫反応が高じて炎症を起こす、「熱」がある。その「熱」を抑える解熱剤は、直接風邪の病原に働きかけるものではないが、その熱という「症状」そのものは抑えるし、その結果として、風邪そのものが治まることも多い。

しかし、これはあくまでもたとえで、「狂気」における「妄想」や「幻覚」の場合は、ことはそう単純にはいかない。

そもそも、「妄想」は、「霊的なもの」や、「虚無」や「闇」に対する「防衛反応」として生じていると言った。が、それは、風邪の場合における免疫反応の「熱」のようには、それらに対して、直接かつ有効に働きかけるものではない。だから、たとえ、それが抑えられたからといって、「狂気」の直接の影響力を鎮めることにはならない。

むしろ、「防衛反応」としての「妄想」が抑えられることは、それら直接の影響力に対する「抵抗」や「緩衝作用」を外すことにもなり、その破壊的な影響を、より直接被ることにもつながる。有効かどうかはともかく、それらの影響力を、「妄想」という精神的な抵抗によってなんとか和らげようとする行為さえ抑えられ、その破壊的な影響力に、ただ無抵抗に身をさらすしかなくなるということである。

よく、「統合失調症」の患者に、精神活動が極端に鈍くなる現象がみられるが、それには、薬の作用の影響も大きいと思われる。それは、一つには、薬が、脳や精神の活動をより広範に抑えてしまうことによるだろう。が、一方で、たとえ薬が、「妄想」のようなある症状を抑えることには効いたとしても、それが結果として、上のように、より破壊的な影響を、直接被ることにつながってしまうことにもよると思われる。

(しかも、それらは、悪いことに、「見た目」としては、「狂気」そのもののような派手な行動が抑えられるから、結果として、症状を抑えることに成功したようにみなされる可能性があるのである。だから、「狂気」または「精神的な病」の場合、「薬」の効果というものは、そう単純に決められるものではない。)

何しろ、「狂気」の結果生じている「症状」は、それが「抑えられ」れば、それで済むというものではないばかりか、むしろ、より破壊的影響を強めることにもなり得るのである。

しかし、一方で、前に述べたように、「妄想」は、その一旦できあがった「妄想」が、さらに「幻覚」をもたらし、再び「妄想」を強化するというような、「相乗効果」も生じる。また、「妄想」は、捕食者等の存在にとって、その者をさらに深くその懐に引き入れる、格好の「とっかかり」にもなる。捕食者等の存在にとっては、その者の「妄想」に「ひっかける」攻撃をしかけることによって、その者を自由に操ることが、より容易になるからである。

だから、もし薬などの作用が、「妄想」を抑えることに成功すれば、そのような「相乗効果」も抑えられ、また、捕食者のような存在との関わりが、一旦は途切れるということも考えられる。

つまり、一定の「症状」の抑制や、直接の影響力を、少なくとも一旦は断つなどの効果は、確かに、期される場合もあると解される。

「妄想」を抑えることは、このように両義的な効果をもたらし得るということである。このことは、薬が、「幻覚」に作用する場合にも言える。

しかし、繰り返すが、その場合でも、それらは、直接の影響力に働きかけるのではなく、あくまでも、「対症療法」に過ぎない。しかも、その効果は、上にみたように、さまざまな条件に左右され、非常に曖昧なものにならざるを得ない。

さらに、これらの「対症療法」で一番の問題は、たとえ、それにより、一旦は症状が治まったとしても、その者が、再び、同じ状況に陥ったときに、それらに対処する何らの手立ても学べていないことである。つまり、「再発」の可能性は大きいのにも拘わらず、それへの対処は何らなされないことである。

再び同じような状況に陥ったときに、依然それらに対処することができないなら、「狂気」に陥るという経験は何ら生かせなかったことになるし、そもそも、「免疫」にすらなっていなかったことになる。

それでは、あまりにも、「狂気」に陥るという経験が、無意味なものであり過ぎるではないか。

薬は、多くの場合、本人の意思に関わりなく、現実に、多量に施されることが運用されていることを考えると、少なくとも、より精度を上げるため、また、副作用を少なくするための研究や開発自体は、必要なことかもしれない。

しかし、所詮、薬は、「狂気をくぐり抜ける」という過程に代え得るようなものではないのである。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ