« 「物質」とは何かという問い | トップページ | 「水平的方向」と「垂直的方向」という「座標軸」 »

2011年12月23日 (金)

「闇」と「ダークマター」/「ダークエネルギー」

前に、一連の体験の最後に現れて、私を包み込んだ「闇」について述べた。(記事 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/index.html  )それは、前の日記では、たとえとして、「ダークマター」(暗黒物質)に比せられるということを述べていた。

確かに、「ダークマター」は、巨大な質量を有するにも関わらず、光とは相互作用しない「暗黒」の物質で、「原子」として存在する以前の、より根源的な物質と考えられるので、このたとえは、「たとえ」としては十分有意義である。

しかし、「ダークマター」は、あくまでも、物理学的な理論により要請された、「物質」的存在なのであり、私のいう「闇」そのものとは異なるのは明らかである。この「闇」は、ある種の「実体性」はもつものの、「物質的」な存在とは考えらない。「物質的」な存在が、意志を持つかのように、私のところに迫り、私を包み込むなどということはあり得ない。また、「ダークマター」の「暗黒」は、あくまで「見えない」という意味だが、この「闇」は、むしろ、「暗黒」としての性質を、「見える」(だたし、通常の感覚としてではない)ものであるかのように、際立たせている。

ただ、その「実体性」は、まさに、「暗黒の塊」のように、まるで「物質」または巨大な「エネルギー」であるかのような「リアリティ」を伴っている。そこで、「たとえ」としては、「ダークマター」というのが、ピッタリくるのである。

しかし、これを、単純に「霊的な実在」とみなすことも、また適当ではない。

これは、私の理解だが、私は、「闇」を、人間に知覚ないし体験される限りでの、「虚無」の一側面と捉えている。根底的な「虚無」そのものは、本来、一切限定することも、対象化することもできないものである。つまり、それ自体を、知覚ないし体験するということはできないものである。しかし、それは、そのような、「対象化」と「非対象化」ということの狭間での、いわばギリギリの様相として、かろうじて、ある種の「実体」として「知覚」されることは起こり得る。それが「闇」ということである。

それは、前にも述べたように、「虚無」の本来もつ「実体的」な側面ともいえるが、実際には、人間に知覚ないし体験される限りの、「虚無」の一様相という方がふさわしいとも思われるのである。

前に、「霊界の境域」の図(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-fb4c.html)で示したように、「虚無」そのものは、限定できないもので、「物質的世界」にも「霊的世界」にも属さないものである。従って、その一側面である「闇」も、やはり、「物質的なもの」とも、あるいは「霊的なもの」とも、限定づけることはできにくい。言うならば、「非物質的な存在」とでも言うしかない。

しかし、あえて、その「実体性」を捉えようとするならば、それは、まさに、図でも示したように、「物質的なもの」と「霊的なもの」との「境界的」な現象して捉えることもできると思われる。これらのどちらかに、属するとは言えないが、これらの両側面を合わせ持つ、または、それらの両側面の元となる面はある、ということである。

だから、「霊界の境域」においては、また、「闇」との遭遇も起こりやすいということが言える。

一方、「ダークエネルギー」の方は、名前だけ聞くと、より「闇」のたとえとして、適していそうにも聞こえる。が、これは、最近、宇宙が加速度的に膨張していることが発見されたため、その膨張をもたらすエネルギーとして、要請されたものである。どこかに、塊のように偏在するというよりは、「真空」に一様に存する「真空のエネルギー」と解されている。また、膨張を可能にする斥力をもたらすとされるが、実質は何も分かっていない、謎めいたエネルギーである。

このように、具体的レベルでは、「闇」との類似は、あまりみられない。「闇」の「たとえ」として言うならば、やはり、「ダークマター」(暗黒物質)の方が、ふさわしいと言える。

ただ、この「ダークエネルギー」は、今後の「宇宙論」の展開や方向性に、大きな影響をもたらすと思われるので、その意味では、注目されるものである。

« 「物質」とは何かという問い | トップページ | 「水平的方向」と「垂直的方向」という「座標軸」 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/53546062

この記事へのトラックバック一覧です: 「闇」と「ダークマター」/「ダークエネルギー」:

« 「物質」とは何かという問い | トップページ | 「水平的方向」と「垂直的方向」という「座標軸」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントの投稿について

無料ブログはココログ