« 『ETVワイド 統合失調症』を見て | トップページ | 「日本の憑きもの」 »

2011年3月10日 (木)

「社会が作る分裂病」と「現象としての分裂病」

結局、「分裂病」といわれる事態には、「社会が作る分裂病」という面と、社会が作る以前の、「現象としての分裂病」という面の、両面があるということである。

そして、現在、「分裂病の軽症化」といわれる状況があるのは、主として、「社会が作る分裂病」という面が、大きく軽減しているからと思われる。
(「現象」としての面にも、変化がある可能性もあるが)

「社会が作る分裂病」とは、要するに、「近代社会が作った病」ということである。近代社会の特に草創期には、「現象」としての「分裂病」、または、それに親和性のある「分裂気質の者」は、社会のあり方に逆行または逸脱するものとして、明らかに、「敵対視」され、「排斥」され、あるいは、「恐れ」られ、「タブー視」された。そのような、「社会」の側の反応が、「分裂病(者)」に対するイメージを大きく貶め、また、実際にも、「分裂病者」に対して、非人格的、攻撃的、排他的に接することを多くならしめた。

そのようなことが、「分裂病者」の「分裂病的状況」に対する「反応」を、大きく悪化させていたことは明らかである。周りの者の「攻撃」的な態度や「排斥」的な態度は、分裂病者の「迫害妄想」を大きく助長するし、ただでさえ休まることのない、緊張やストレスを大きく強いる。また、前回もみたように、「分裂病」に「恐ろしい」「イメージ」が行き渡ることは、多くの者が、「幻聴」を幻聴として把握すること、「分裂病」という事態を「受け入れる」ことを難しくする。

社会の側の攻撃的、排斥的態度→分裂病者の非受容的態度→社会の側の排斥性の高まり→分裂病の更なる悪化→

という悪循環が、「分裂病」を、殊更難しく、扱いにくい病気にしていたのだといえる。

前回述べたNHK教育の番組に出ていた当事者の人たちも、周りに、理解してくれる人、あるいは、話を聞いてくれる人、あるいは少なくとも、消極的に、排斥的な態度をとらない人に恵まれていたということが、状態を良くするのに、大きく影響していたはずである。

逆に言えば、かつてほど、「分裂病」を悪くみない人も増えて来た訳で、それには、時代の影響もあると思われる。

番組の出演者も、むしろ、これからは、分裂病の当事者の人たちのように、(「社会」的にうまく立ち回るとか、「競争」ということには適さないかもしれないが、)むやみに「がんばらない」、「あるがまま」の生き方がいいんじゃないか、みたいなことを言っていた。が、それは、現在のように、行き詰まりをみせた近代社会という、時代の状況にもよる訳である。

かつての、「反精神医学」というのも、このような「社会が作る分裂病」という面を捉えて、それ自体が、自明の「病気」のように扱う「精神医学」に反対していた訳で、それには十分の理由があったといえる。

しかし、「反精神医学」も、「社会が作る分裂病」という面が、「分裂病」の全てのようにみなしていたとしたら、やはりそれは、間違いと言わざるを得ない。

このような「社会が作る分裂病」という面が、たとえ大きく減少することになっても、「現象」としての「分裂病」そのものがなくなる訳ではない。しかも、それは、それそのものが、決して扱いやすいものでも、容易なものでもない。

むしろ、「社会が作る分裂病」という面が減少して、初めて、そのような「分裂病」の「本質的な面」と、正面から向き合う条件が整って来たというべきで、実際、余計な「付加」がされない分、裸の「分裂病」の「現象面」が、浮き彫りにされやすくなった、といえるのである。


「分裂病」の「現象面」というのは、これまで私が、「分裂病的状況」という言い方で述べて来たことで、「妄想」や「幻覚」を生み出す元となる「状況」のことである。そこには、「霊的なもの」の影響も含まれ、多分に、「おどろおどろしい」面がある。むしろ、それこそが、「近代社会」が、「分裂病」を「排斥」して来た、真の理由ともいえるものである。だから、それが浮き彫りにされることは、「近代社会」という「社会」のあり方そのものを、根底から問うことにもつながるのである。

ただし、そのような方向は、本当に、やっとこれから端緒につくかもしれないというもので、まだまだこれからの問題である。また、それがうまくいくという保証は、今のところ、何もないのである。

とりあえず、今は、「社会が作る分裂病」という面が減少して、分裂病が「軽症化」されてきたことが、さらに、社会の側の「分裂病」に対する見方、反応を変えて、その流れに拍車をかけることを期待するしかない状況である。

« 『ETVワイド 統合失調症』を見て | トップページ | 「日本の憑きもの」 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/51646518

この記事へのトラックバック一覧です: 「社会が作る分裂病」と「現象としての分裂病」:

« 『ETVワイド 統合失調症』を見て | トップページ | 「日本の憑きもの」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントの投稿について

無料ブログはココログ