« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月25日 (土)

「地獄」「監獄」としての「幼稚園」

一連の体験を通して、それまでは、「無意識」のレベルで起こっていたことの、多くのことが、「意識」レベルで「思い出せる」ようになったことは述べた。それとともに、普通いう意味で(普通に「意識レベル」で起こっこと)の「記憶力」も、伸びたようである。「記憶力」というより、それを「思い出す」ときの、「再現力」といった方がいいかもしれない。単に、漠然と「思い出す」のではなくて、そのときの心理状態から、まわりの状況も含めて、現に体験しているかのように、「思い出す」のである。

もっとも、何でも、いちいち「思い出す」のではなくて、やはり、自分にとって、重要と思われることに限るようである。それも、遠い過去のことが多い。

私にとっては、幼稚園に入園するとき、その「幼稚園」を前にしたときの「映像」ないし「状況」というのが、ものすごく鮮明に残っている。その幼稚園には、門があって、その門の前で、私は、中に入りたくなくて、本気でごねていた。その幼稚園の門は、まさに、文字通り「地獄の門」に思えて、その「門」の向こうには、「地獄」が待っていることが、ありありと感じられたのである。

親の仕事の都合で、皆とは、ちょっと遅れて入園したことも影響したかもしれない。しかし、母親に連れられて門の前にいた、私のごね方は、異常なもので、本気で、「地獄」に入ることは、御免こうむりたかったのである。結局、親では手に負えず、幼稚園の先生たち総出で、なんとかなだめられて、ほとんど無理やり、中に入れられたようである。とうとう「地獄の門」は開き、私の「地獄」への第一歩が始まったのだった。

実際、「幼稚園」は、「地獄」であった。あるいは、「監獄」といった方が適当かもしれない。まさに、「監獄」そのもののような、現代の「社会」または「世間」の「縮図」のようなものであり、その第一の「登竜門」である。

直接には、(すでにその年代から十分にある)何ともややこしく、奇怪な「集団性」や、先生の言うことを機械的にやる「機械性」、あるいは多少おおげさだが、押しつけ的な「権力性」などが、「地獄」の内容ということになろう。他の多くの人にとっては、当たり前で、何でもないことかもしれないが、私にとっては、とても耐え難いものに思えた。(しかし、今思っても、現に中に入る前から、それを「予感」していたのは、ある意味すごい。)

そして、実際、このときの「幼稚園」を前にしたときの私の「反応」は、後の、私の「集団性」との「相性の悪さ」を示す、「象徴」のようなものともなった。

私は、その後、幼稚園に行くには行ったが、はっきり言って、そこには「いなかっ」た。「魂」が、ほぼ完全に「抜け出て」いたと思う。だから、その他のことでは、幼稚園での記憶というものが、ほとんどない。先生の言うことも、ほとんど聞かなかったようである。みんなで、何かをするときも、全く一人でじっとしているか、ただ他の人の後ろについて、じっとしているかである。外面的には、「自閉症」のようなもので、話しかけても、ほとんど反応がないのである。

担任の先生も手を焼いたようだが、それでも、何とか過ごせたのは、時代のためか、幸運もあっただろうか。

ただ、他に、2つばかりのことが、記憶として、はっきりとある。担任の先生も、手に負えないので、園長先生に相談したようである。園長先生は、かなり年配の女性だったが、実はその園長先生は、私に、興味をもっていたようで、私もときおりそれを感じていた。そこで、その園長先生は、私に、画用紙を一枚渡して、「何でもいいから好きなものを書いてごらん」と言った。私は、何を書いたかは覚えていないが、素直に何かを書いた。園長先生は、「うまいじゃない。できるじゃない!」と喜んでいた。

担任の先生は、びっくりしていた。何せ、それまでは、一切、言うことを聞かなかったからだ。というより、私は、何もできない、愚鈍な、厄介者と思われていたのだ。そこで、園長先生は、担任の先生に、「(こういう風にすれば)ちゃんと、言うことを聞くじゃない」と言った。担任の先生の、そのときの、何とも言えない、バツの悪そうな、屈辱的な「表情」は、今でもよく覚えている。

その後、私が、どうなったか(少しは言うことを聞くようになったか、結局は全然変わらなかったか)は覚えていない。が、後に、こんなことがあったのは覚えている。

組で、「すもう大会」みたいなことをやったのである。すると、私は、以外にも強く、決勝までいったのである。何せ、ふだんは、何もできない「バカ」同然のような子である。組のみんなもそう思っているので、それは、ちょっとした「衝撃」を巻き起こした。そして、決勝の相手は、その「空気」を感じ取り、「こいつに負けてはならぬ」みたいな、変な使命感じみたものをもってしまっていた。

そこで、私も、さすがにその「空気」には勝てなかった。決して「わざと」ではないが、わりと簡単に負けてしまった。ただ、そのとき、担任の先生が、「あーっ(残念!)」と、私に応援してくれたかのような反応をみせてくれたことは、嬉しかった。これまでは、一切何も「通じ得なかった」のが、何かしら、「通じ合えた」と思えた瞬間だった。

それにしても、この「すもう大会」も、私の、後の「人生」を象徴しているところがある。何事も、「2番」にはなれても、「1番」にはなれないという、変な「習性」が、身についてしまったようなのである。

ともあれ、「集団」にあるときに、このように、ほとんど「自閉症」的、というより「肉体から抜け出る」的な反応をしていたのは、小学3年の頃まで続いたと思う。だから、それまでは、ほとんど記憶というものがなく、残っているのは、ほんの一部しかない。

しかし、私にすれば、今でも、この年齢の時期に、そのような「集団」への「適応」を身につけるなどということは、全く信じ難く、あり得ないことに、思われる。確かに、もし、そこで、「普通」に身につけていたなら、後に「苦労」することも少なかっただろう。しかし、そうなっていたら、「分裂病的体験」を含めて、後の様々な体験は起こっておらず、ただ「それだけ」(単に、「適応する」ということ)の人生で終わっていたような気がする。

さすがに、私も、小学4年の頃からは、少しずつ、それなりに周りへの「適応」を身につけていったようである。「自我」が芽生え出したのである。小学6年の頃には、もう大分、他の生徒と変わらない、活発ではあるが、「俗っぽい」生徒になっていた。「唯物論的発想」を、自然と身につけたのもこの頃だった。「みかけ」上は、かつての「自閉症的」な面は失われたかのようにみえた。

しかし、そのように、「適応」のために身につけたものは、所詮、R.D.レインのいう「にせ自己体系」に過ぎなかった。それなりに、よく機能した時期もあったが、いずれ「崩壊」することは、目に見えていたように思う。それは、所詮、「適応」のために、ある時期から、とってつけたように「身につけた」もので、本当に、自分にフィットしていたわけでもなかった。その「違和感」のようなものは、常に感じ続けていた。

なにせ、普通は、「幼稚園」の頃には、もはや、そのような「適応」の基本を身につけているのである。私の「適応」とは、全く、年季が違い過ぎる。そのような周りの人達は、私には、別次元の人間のように思えていた。いくら自分が、それを身につけたつもりでも、それは本当には、「身体化」されるはずがなかった。

そういうわけで、私については、10才以下の頃には、全く周りの「集団性」に対する「適応」ということの基礎すらなかったのである。しかし、それ以降、急速に、「適応」のために「にせ自己」体系を築き上げていった。そして、その「無理」が、ある時期から、はっきりとたたり始めたのである。(ただし、その「適応」は、それなりには機能して、よく「ごまかし」が効いたので、普通よりは遅い時期まで、もってしまった。)

こういったことが、「分裂病的状況」へ入る「きっかけ」としての、「不適応」状態を、準備していったと思う。

しかし、「分裂病的状況」に入ることになりやすい、「分裂気質」の人というのは、多かれ少なかれ、これと似たような経過をたどるのではないかと思う。

やはり、幼い頃から、本質的ともいえる、「不適応感」を抱えていることが基本である。後に、それを「糊塗」すべく、「にせの自己」を築き上げても、それは結局、「ごまかし」に過ぎないので、いずれは、その本質的な「不適応感」が、顔を出すのである。

あるいは、むしろ、その「不適応感」に「居直る」ことができていれば、「分裂病的状況」に入ることはなかったのかもしれない。むしろ、それを、「糊塗」し、「ごまかそう」とすることが、後に「崩壊」を招くことの、大きな理由ともいえるだろう。

いずれにしても、一旦「にせ自己体系」が「崩壊」すれば、その本来の「不適応感」が、全くごまかしようのない、剥き出しの状態で、現れる。そして、いやでも、それと向き合わざるを得なくなる。それは、まさに「自明性の喪失」で、「何もかもが分からなくなる」状態に等しい。いわば、「リセット」され、全くの初めから、「適応」をやり直さなければならなくなる。それも、単に「人」との関係というのではなく、「身体」とか「外界」または「現実」という、まさに生まれたての赤ん坊のレベルからである。

そして、そうなれば、もはや「ごまかし」は通用せず、真の「折り合い」でしか解決されることがない。そのためには、もはや「にせの自己」を「築く」のではなく、多かれ少なかれ、それ以前の「真の自己」というものが、「見い出され」ていなければならない。そして、それを基礎に据えていくしかない。それは、実際に、「にせの自己」の「崩壊」の過程で、その狭間に、「見い出され」得るものである。

前回見た、いくつかの「再生」のあり方は、そのような「折り合い」、または、「折り合いに向けて」のパターンとしてみることもできる。

2010年9月12日 (日)

「成人儀礼」としての分裂病

分裂病が「くぐり抜け」られることによって、結果として、「自我」の「成長」や「超越」が起こることがある。それは、つまり、「分裂病的状況」が、一つの「試練」ないし「イニシエーション」として、「超えられ」たということである。

前に「深浅さまざまなレベルにおける死と再生」ということを述べた。(記事 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-e8a1.html なお、冒頭の図を再び掲げる)

深浅 さまざまなレベルにおける「死と再生」

     ↓
      →→ 「成人儀礼」       /   →水平的方向 「再生」
     ↓
      →→「シャーマンのイニシエーション」
     ↓    
      →→「自我の超越」
     ↓
      →→「自己喪失」

    (虚無)

     ↓

垂直的方向 「死」または「喪失」

これらは、分裂病に限らず、あらゆる霊的、宗教的体験を想定したものである。しかし、「分裂病的状況」そのものは、そこで示した、あらゆる「深浅のレベル」を含み得るものなので、それを「試練」ないし「イニシエーション」として、「超えら」れた結果の、「成長」とか「超越」というのは、理論的には、そこに述べたあらゆる場合を含むといえる。

それは結局、「分裂病的状況」に入り込んだ、垂直的な方向の「深み」に関わるもので、そこで、いかなるレベルで「死」が起こったかということに、起因するものである。


ただし、「分裂病的状況」は、通常、準備もなく入り込むもので、一気に垂直的な「深み」に達するというのではなく、その状況に対する、防衛や抵抗という反応を繰り返しながら、「宙づり」状態におかれるものである。だから、事実上は、その最深部に至っての、「究極の死」ともいえる「自己喪失」などは、まず起こり得るものではなく、その前段階の「自我の超越」なども、めったに起こらないものであることは明らかである。

そこで、分裂病の「イニシエーション」的な結果としては、多くの場合、図の前2者、つまり、「成人儀礼」か「シャーマンのイニシエーション」の場合と同様または類似の結果というのが、考えられることになる。

シャーマンの「イニシエーション」(巫病)というのは、身近なところでは、沖縄のユタの「カミダーリ」が典型的である。

それは、全く分裂病に酷似するもので、実際、予期も準備もなく、「分裂病的状況」に入り込み、「幻覚」や「妄想」状態を体験し、分裂病同様の「狂気」まがいの状態に陥るのである。その意味では、分裂病の場合とほとんど変わりはない。ただ、多くは、その途上で、何らかの「導きの霊」などによって、自分自身が、シャーマンになることでしか、この状態を抜け出る道がないことを悟る。そして、先輩のシャーマンの助けを借りるなどして、その状態を「くぐり抜け」、回復して行く。そのように、その「病気」を克服する経験を通して、自らが、病気治療その他の導きをする、シャーマンになっていくのである。

そして、その体験の過程を通して、それまでの、平凡な人間としての「自我」は「死」ぬのも同然で、新たに、「精霊」とつながった、人を治療したり、導く「シャーマン」としての「自我」として、「再生」するわけである。

このように、シャーマンのイニシーションの場合は、そのイニシエーションを導く「霊的存在」が、大きく関与していると思われる。また、沖縄のように、文化的伝統として、その影響力が現に集団の中に「生き」ていることが大きいのである。

そのような「導きの存在」は、「捕食者」や「境域の守護霊」という、「分裂病的状況」に特有の強烈な「存在」が闊歩する領域にあって、自らの望む方向に導くという「荒業」をなす以上、その存在自体が、それらに劣らず「強烈」な「存在」と言うべきである。「出口なお」など、宗教の教祖の場合にも、これに近いことが起こるが、彼女にかかった「艮の金神」という神も、そういった、「強烈」な「存在」だった。

つまり、シャーマンの「イニシエーション」(巫病)の場合も、いわば、「入り口」においては、分裂病一般の場合と何ら変わりがないのである。ただ、それらは、「導きの霊」の「導き」によって、その「抜け道」が大きく変わって来る。また、そのような「道」が、文化的伝統として、保持されていることが大きく影響する。それは、あくまでも、「シャーマン」としての「イニシエーション」であり、やはり、一種「特殊」な「使命」だったり、「縁」だったりする。だから、分裂病一般の場合に、同じような道筋を行くということは、あまり考えられないのである。

ただ、そのように、「シャーマン」そのものになるというのではなくとも、事実上、そのような「霊的体験」を通して、「シャーマン」と類似の「力」を身につけたり、「シャーマン」と類似の「洞察」を得たりすることによって、「分裂病的状況」を乗り越えるということは、ままあると思われる。だから、結果として、シャーマンのイニシエーションと類似の状態が生じるということは、多くはないにしても、ままあると思われるのである。

しかし、分裂病的状況が「くぐり抜け」られて、何らかの「成長」がもたらされるという場合、最も多いのは、「成人儀礼」のようなイニシエーションと同様の結果なのだといえる。まさに、「子供」のような「未成熟」な「自我」から、「大人」の「自我」への「成長」ということである。

実際、未開社会などでは、「成人儀礼」は、14,5才の頃に行われるのだが、文明社会で、「分裂病」にかかる時期として、最も多いのも、その「思春期」の頃である。文明社会では、「成人儀礼」ということは、もはや失われているが、まさに、ある意味、「分裂病」というのは、その「失われた成人儀礼」の代替物のようなものともいえる。

本来の「成人儀礼」というのは、実際、「霊界の境域」(分裂病的状況)に一時的に入り込ませるのであり、そこで、「死」をかいま見させるのである。「儀礼」には、「死」を意識させるような「仕掛け」が必ず施されており、それには、「精霊」が関わっている場合も多い。だから、当然、それは、「精霊」との関わりというものを、意識させる体験ともなる。これは、言い換えれば、「シャーマン」という特殊な使命をもった者に対する「イニシェーション」の、簡易な、一般向き、「体験版」のようなものである。

「大人」になるとは、「人間」になるということであり、また「共同体の一員」として迎えられるということである。「人間になる」とは、「精霊」との対比で言えることであり、「肉体」という限界を背負った、「死」を知る者、「死すべき者」として生きるということである。そのような「人間」としての「痛み」や「責任」を引き受ける者が、互いに尊重し、共感し合える、「共同体の一員」として迎えられるのである。

言い換えれば、「大人」以前には、まだ「人間」は、そのような意味での「人間」にはなっておらず、いわば「精霊と人間の合いの子」のようなものである。「死」をそれとして知ることもなく、「精霊」のような、一種の「万能感」を持っていて、周りからは、ある種の「特別扱い」をもって接せられるが、「人間」としては、認められておらず、「共同体」の一員として迎えられることもない。

それが、「成人儀礼」の「イニシエーション」での、「死」や「精霊」との関わりを通して、それまでの未熟な「自我」に死んで、「大人」=「人間」の「自我」として、「生まれ変わる」訳である。

このような過程は、実際、現代の「分裂病的状況」でも、十分起こり得る。特に、「分裂気質」というのは、まさに、ここで述べた、未開社会で、「人間」となる以前の、「精霊と人間との合いの子」のような存在そのものともいえる。「アーリマン」的、「ルシファー的」の対比で言えば、「ルシファー的」傾向が強く、ユング派では「永遠の少年」などともいわれる。まさに、「子供」らしい「純粋さ」と「万能感」を持ち合わせているが、実質的には、「現実社会」の中で認めらることがなく、ほとんど何もなし遂げられない。要するに、社会の中で、「大人」としては、迎えられていないのである。

「現代社会」は、成人儀礼を失い、未開社会とは別の「複雑怪奇」な社会で、「大人」の意味は、もはや、未開社会とは大きく異っている。そこでは、多くの者が、本来の意味では、「大人」ではないといえる。(つまり、本当には「死」を「知って」も、「受け入れ」てもいない。)ただし、多くの者は、その社会に「適応」している限りで、その社会における「大人」として一応認められるのに対して、分裂気質の者は、本来的に、上にみた「大人でない」要素が際立っているため、よりそれが難しいのである。

そのような者が、「分裂病的状況」に入ることによって、「死」の恐怖や、「未知」なる存在と接し、悲痛な「葛藤」を味わう。そこでは、「死」を間近に意識し、「自己」の限界を大きく味わうことになる。それまで持っていた、子供じみた「万能感」とともに、「現実認識」が大きく壊れる。それは、単に「崩壊」をもたらす可能性もあるが、最終的には、そのような過程を通して、「人間」として、地に足のついた、新たな「自我」を組み直すことができれば、それは、確かに、「成人儀礼」の「イニシェーション」と類似の結果をもたらしたということがいえるのである。

それは、言い換えれば、それまでの、「ルシファー的」な傾向に対して、「アーリマン的」な「力」が作用して、あるレベルにおける「均衡」がもたらされたということである。

そして、それは、現代医学でいう「治療」ということとは、重なるものではないことに注意すべきである。現代医学の「治療」という概念自体が、現代に特殊の「見方」に基づいたものだし、分裂病の社会復帰というのは、社会の分裂病に対する見方に大きく依存する問題である。だから、医学的には、「治療した」と認められない者でも、「分裂病的状況」を通って長い年月の経つ者というのは、何かしら、このような意味での「成長」を遂げている面は、必ずあるというべきなのである。分裂病者の手記などを読んでも、そういったものは、感じるし、「べてるの家」のような施設が出している、分裂病者のビデオを見ても、それは感じられる。

そういう訳で、「分裂病的状況」を何らかの意味で「くぐり抜け」た場合、少なくとも、「成人儀礼」の「イニシエーション」的な結果をもたらす、ということがいえるのである。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントの投稿について

無料ブログはココログ