« チャネラー、ジーナ・レイクの「悟り」論 | トップページ | 「イニシエーション」と「垂直的方向」 »

2010年3月 4日 (木)

「分裂病」と「アブダクション体験」

「分裂病(的)」体験というのも、「未知」の存在との「接触体験」の一つとすれば、それに似た体験というのは、他にも多くあり得ることになる。たとえば、これまでにもみて来たように、「シャーマン」の「精霊」による「イニシエーション」体験は、それと酷似する要素が多い。また、最近では、「宇宙人」による「アブダクション(誘拐)」体験とも、似たところが多い。あるいは、もう少し一般的な「一時的体験」(幻覚剤によるものや、偶発的な遭遇体験など)とも、いろいろ重なる部分がある。

「シャーマン」の「イニシエーション」体験との類似や相違については、既にかなり詳しく述べたので、ここでは、「宇宙人」による「アブダクション(誘拐)」体験との類似と相違について述べたい。

「未知」の「存在」と一口に言っても、あるいは、一応同じ「精霊」としてくくれるものとしても、さまざまに多様な「存在」があり得るので、その「接触体験」にも、さまざまな相違があってしかるべきである。しかし、「アブダクション」体験と「分裂病的」体験には、類似点もかなり多いのである。

それはまず、大枠として、どちらも予期しない、「未知の存在」との「接触」体験であり、全体が「恐怖」によって彩られている、という点に現れている。また、その「未知」の「存在」は、体験者に対して、概ね「虐待的」であり、「攻撃的」、「威圧的」であるという点も共通している。だから、結果として、体験者は、何らかの精神的混乱やトラウマを残すことになる。

しかし、その「接触」の状況や「虐待」のあり方には、大分相違があるのも事実である。「分裂病的」体験は、私は「人と人の間」といったが、そのような、少なくとも「みかけ」上、「人間」を巻き込む状況で起こる。だから、体験者本人は、「未知の存在」という認識を得るとは限らず、むしろ、「人間」がらみの出来事として、認識する場合も多い。実際、結果として、「人との関係」でややこしいトラブルを生じることも多い。

一方、「アブダクション」体験は、「未知の存在」によって「宇宙船」その他の場所へ連れて行かれるので、いわば「未知の存在」との、「閉じら」れた空間での個人的体験である。それで、それが「未知の存在」であるという面は、ほとんど明白な形で露わになるが、その分、人間との関係でのややこしい問題はあまり生じない。

「虐待」のあり方も、「分裂病的」体験は、より精神的、または暗示的で、明白性や直接性には欠けることが多い。ただし、その分「想像力」に訴えかける面が強く、「恐怖」もそれに応じて拡大する。また、執拗かつ継続的であり、四六時中、そのような「虐待」から逃れる術がない。だから、その「反応」も、精神的な「混乱」や「錯乱」が主要なものとなり、あるいは、そのような状態から逃れるべく、「妄想」的解釈というのが、防衛的に生じる。

一方、「アブダクション」体験は、 「虐待」のあり方も、身体実験など肉体的なものが多く、より直接的で、明白なものである。「恐怖」もより直接的で、明白なものとして生じる。ただ、それは、その都度の体験であって、数度にまたがることはあるにしても、四六時中継続されるという訳ではない。そこで、その「反応」も、(過去の体験に対する)「精神的トラウマ」といったものとなる。

このような相違については、一見、「分裂病的」体験と「アブダクション」体験とでは、その「未知」の「存在」そのものの性質の違いから生じるということに、帰されそうである。実際、「分裂病」体験では、「精霊」ないし「捕食者」が問題となり、「アブダクション」体験では「宇宙人」が問題となる。

状況としても、「分裂病的」体験は、「人と人の間」、すなわち、人間のすぐ間近の「霊的領域」で起こるのであり、それは「霊的存在」によるものといえる。「アブダクション」体験は、「宇宙」から来て、「宇宙船」のような物理的外見のあるものの中へ誘拐して起こるのであり、それは、「宇宙人」という物質的存在によるものという「みかけ」を有する。

それは、ある程度は、そのとおりといえる。しかし、この両者の違いというのは、また微妙なものでもある。

既にみたように、「分裂病的状況」でも、物理的現象と区別し難い「中間的現象」は起こるし、「物質化現象」そのものも起こり得る。逆に、「アブダクション」体験においても、物理的なものを貫通するなどの、「非物理的現象」は多く起こるし、みかけ上は、「物理的現実」そのものと見えても、実際には、「中間的現象」と解される場合も多いと解される。まさに、「マヨイガ」や「注文の多い料理店」の、「宇宙」バージョンなのである。

さらに、我々が、「精霊」や「捕食者」を「霊的存在」というのは、地球上では、肉体を持った「物理的存在」と「霊的存在」が、あるいは、それらの住む「物理的次元」と「霊的次元」が、一応とも厳然と区分けされるからである。つまり、我々人間が、「物理的存在」として「物理的次元」に住むことを意識するがゆえに、それに相対するものとして、「霊的次元」に住む「霊的存在」ということが、特に意識されるのである。

ところが、「宇宙全体」として、このような地球上の区分けが、有効あるいは現実的である保証はない。むしろ、「物理的次元」と「霊的次元」を包摂するような、ただ一つの「次元」と「存在形態」があるだけという場合も多いと考えられる。その場合には、「宇宙人」とは、「物理的存在」そのものではなく、また通常地球でいう意味の「霊的存在」とも異なることになる。しかし、そのような存在は、我々が、地球上で「物理的存在」であるというあり方からすれば、「物理的な次元を超えた」存在ということであり、むしろ、その限りで、「霊的存在」に近いものであることは、明らかのはずである。

さらに言えば、我々が「精霊」とか「捕食者」と呼んでいる存在も、元々は、そのような「宇宙的存在」だったものが、「地球」にいわば「適応」して、「霊的存在」として住み着いたという可能性もある。

このようにみてくると、「霊的存在」といい、「宇宙人」といっても、その区分けは、ほとんど曖昧とならざるを得ないのである。

ホイットリー・ストリーバーという作家は、自ら「アブダクション」体験を何度かし、その体験を詳細に本にしている(『コミュニオン』扶桑文庫)。そして、やはり、それらを「物理的」な意味の「宇宙人」と解するのは無意味であり、むしろ、広い意味の「異次元的存在」として、「精神」領域に侵入してくる「侵入者」と捉えている。また、それは、現代に特異的なことではなく、伝統的なシャーマンの「イニシエーション」などの延長上にあるものと受け止めている。「イニシエーション」というのは、「異質なもの」を受け止めて行くための、精神的試練ということである。

私も、ほぼストリーパーのいうとおりと思う。恐らく、「アブダクション」体験も、「宇宙人」の性質の違いによって、「イニシェーション」的要素の強いもの、あるいは、まさに「イニシエーション」そのものを意図されたものから、むしろ、「虐待」的、「捕食」的意図の強いものまで、さまざまあるものと思う。そうすると、前者は、「シャーマン」の「イニシエーション」体験に、後者は、「分裂病的」体験に、より近づく訳である。

« チャネラー、ジーナ・レイクの「悟り」論 | トップページ | 「イニシエーション」と「垂直的方向」 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/51672448

この記事へのトラックバック一覧です: 「分裂病」と「アブダクション体験」:

« チャネラー、ジーナ・レイクの「悟り」論 | トップページ | 「イニシエーション」と「垂直的方向」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントの投稿について

無料ブログはココログ