« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月26日 (金)

『マイナスエネルギーを浄化する方法』

前に,アメリカの精神科医ウィックランドの『医師の心霊研究30年』(または『迷える霊との対話』)に触れた。アメリカの例だが、「浮遊霊」または「地縛霊」が、いかに人に取り憑いて,様々な精神的障害を起こしているかを、明らかにした本である。

これを読んだとき、日本の精神科医にも、このような研究は可能のはずだし、実際に、行っている者もいるはずだが、表に出ることはないのかと思っていた。

しかし、この度、まさに、それそのもののような本が出された。小栗康平という精神科医の『マイナスエネルギーを浄化する方法』(ランダムハウス講談社)という本である。

私は、本屋でこのタイトルをみたときは、「また、もっともらしいセラピーかなんかの本が出てる」と、素通りしていたのだが、なぜか、やたら目につくので、つい手に取ってみたら、私の興味にも関わる、精神科医によるまじめな本であることが分かって、読んでみることになった。

実際、ウィックランド同様、霊的なものの「憑依」という、一般には、敬遠され、誤解され易い問題に、よく正面から真摯に取り組んでいるのが伝わる。また、分かりやすく、読み易く、説得力をもって、述べられている。

著者は、元々、「霊」的なものを信じていなかったのだが、片岡(仮名)という霊能者との出会いを通じて、(ウィックランドの場合は,奥さんが霊能者だった)、自分の患者の中に、「浮遊」する霊の「憑依」を受けているために、精神に障害を起こしている者があることを、まざまざと見せつけられる。そして、その「浄霊」の効果には、厳然たるものがあることを確認する。「霊的」なものそのものは、十分理解できなくても、それが、確かにある「事実」を反映することは、疑いがないと認めざるを得なくなるのである。

そして、著者は、臨床家らしく、それが、一個の「事実」であるならば、何らかの形で、精神医療にも取り込んで行く必要があると考え、霊能者片岡と協力しながら、それを実践するようになる。

タイトルの「マイナスエネルギー」というのは、そのような「憑依霊」を呼び込む元になる、「エネルギー」のことを言っているようだ。が、実際上は、「霊」という言葉を使わずに、その「浄化」ということを言い表そうとする、苦肉の策なのだろう。しかし、私と同じように、このタイトルのために「素通り」してしまった人も、結構いるのではないか。(かえって「うさん臭く」聞こえてしまうのは、皮肉なことだ。)

また、興味深いのは、「多重人格性障害」の「別人格」には、「憑依霊」の場合と、自己が「解離」した「別人格」の場合の、両方があることが分かることである。片岡は、「憑依霊」の場合は、説得し、諭した後、「霊界」に帰す。「別人格」の場合は、説得し、諭した後、「本人」と「統合」させるということで、これらにうまく対処する。さらに、「多重人格性障害」ではなく、表面に「別人格」として現れる訳ではないが、内在的に、このような「別人格」に相当するものが、隠れている場合が多いことも発見する。これは、要するに、誰にでもある「内なる別人格」のことだが、それが、精神的な疾患に大きく作用している場合があるのである。(これは、これまでにみたところでは、トールのいう「ペインボディ」と一番近いだろう。)

そして、このような、「内なる別人格」の場合にも、それを呼び出して、説得や諭すことで、「本人」との「統合」を図ることが、非常に有効であることが分かる。著者も、片岡にならって、その方法を自分なりに習得することで、USPTという治療法を新たに生み出すことになる。これは、「前世療法」にも、応用できるという(「過去生」の自分も、一種の「内なる別人格」なので、当然ともいえる)。これなどは、「霊能者」と「医師」との協力によってこそ、新たに生み出された治療法として、とても興味深い。

「分裂病」との関係について言うと、ウィックランドは、「分裂病」の場合にも、このような「迷える霊」による「憑依」のケースがあるかのような書き方をしていた。が、この著者は、「多重人格性障害」(解離性障害)や「境界性人格障害」などの場合に、限定して述べていて、「分裂病」などの精神病の場合には触れていない。そこには、慎重な姿勢が伺われて、好感がもてる。

恐らく、「分裂病」の場合にも、何らかの「霊的な影響」は予感していることだろうが、今のところ、そこまで踏み込むのは、無理というものである。何度も言うように、それは、「人間的」なものではないし、一般の「霊能者」の自由になるようなものでもないからである。しかし、何しろ、このように、「人間」の「憑依霊」によって、精神的な障害が起こされることがあることを、明らかにするだけでも、大きな一歩である。

さらに、この著者の例は、「霊能者」と「精神科医」との、望ましい連携関係を示してくれているという点でも、貴重と思う。「霊能者」と「精神科医」には、普通、それぞれに、「思惑」や、「縄張り意識」があったりするから、なかなかこのようなことは、適わないはずである。(沖縄では、霊能者であるユタと医師との連携ができているとも言われるが、精神科医との連携となると怪しい。)、それだけに、今後に向けては、一つの模範的なケースになってもらいたいものである。

恐らく、この本は、良くも悪くも、今後かなりの反響をもたらすはずで、その成り行きも見守りたい。

2010年3月12日 (金)

「イニシエーション」と「垂直的方向」

注)「イニシエーシュン」(死と再生)の、特に「死」という「垂直的方向」に着目することは、「統合失調症」の本質に関わることです。

深浅 さまざまなレベルにおける「死と再生」

     ↓
      →→ 「成人儀礼」       /   →水平的方向 「再生」
     ↓
      →→「シャーマンのイニシエーション」
     ↓    
      →→「自我の超越」
     ↓
      →→「自己喪失」

    (虚無)

     ↓

垂直的方向 「死」または「喪失」

前回、前々回みたように、「分裂病的」体験は、「シャーマン」の「イニシエーション」体験や「宇宙人」による「アブダクション」体験から、「悟り」のいき着く先というべき「自己喪失」にまで関わる、多様な側面をもつのであった。

これは、要するに、「分裂病的」体験が、「霊界の境域」における「未知」の存在との接触体験という側面とともに、さらに、その「垂直的方向」として、「虚無」による「喪失」体験という面をもはらんでいることによっている。つまり、「分裂病的状況」そのものは、決して単純なものではなく、あるいは一面的なものではなく、このように、多様な体験をもたらし得る、幅の広い、または奥行きのある状況なのである。

しかし、通常は、「捕食者」の、ある意味一貫した、単純な「戦略」に「引っ掛かっ」てしまうために、ほとんど型にはまった、「病的」反応に陥ってしまう羽目になる。結果として、表面に上るのは、そのような「病的」な場合がほとんどということになる。

しかし、逆に、たとえば「シャーマン」の「イニシーション」体験にしても、やはりそこには、一種の「垂直的方向」として、「喪失」の要素が含まれているのも事実である。これは、「イニシェーション」的な側面を含むすべての場合に言えることで、「宇宙人」による「アブダクション」体験や、もっと一般的な、「成人儀礼」についても言えることである。

つまり、「イニシエーション」が、「イニシエーション」となるのは、それまでにあった「何もの」かが「喪失」されることが必要で、それによって、それまでのあり方に、一種の「断絶」がもたらされる。そして、新たなあり方としての「再生」が、可能ともなるのである。これは、「死と再生」の過程などともいわれる。そして、その「死」には、やはり、何らかの形での、「垂直的方向」の作用があるというべきなのである。

ただ、その場合の「喪失」ないし「死」には、深浅さまざまなレベルのものがある。つまり、「垂直的方向」の「深み」には、深浅さまざまなレベルがあるので、その「深み」に応じた限りでの、「死」があり、またそれに応じた「再生」というものがあるということである。
(冒頭の図参照)

たとえば、「成人儀礼」では、それまでの「子供」としてのあり方が「死」に至る。そして「大人」として「再生」する。「シャーマン」の「イニシエーション」体験では、それまでの「普通の人間」としてのあり方が「死」に至る。そして、「シャーマン」として「再生」する。R.D.レインの取り上げていた「超越」の体験では、通常の「自我」が「喪失」ないし同一化から「外れる」。そして、新たに、「大いなる自己」(「意識」)として、「再生」する。

このように、それぞれのレベルにおける、「死と再生」があるのである。

そうして、最終的には、B.ロバーツのいうように、「大いなる自己」すら「喪失」するに至る。それは、「垂直的方向」の根底である「虚無」の領域で起こり、そこでは、もはや何らの「枠組」ないし「限定」をも失うわけだから、単純な「再生」という理解は受けつけにくい。ただ、そこに、事実上新たな「生」が始まるのは事実であり、それは、「自己なしの生」などともいわれている。要するに、何ものかとして限定づけることのできない、「生」のあり方というしかない。

このような「垂直的方向」の作用そのものは、これまで「分裂病的状況」でみてきたものと、決して異なる訳ではない。つまり、「病的結果」をもたらし得るだけの、「破壊性」をはらんでいる。具体的には、表層レベルには、さまざまな「精霊」的または「宇宙」的存在がおり、それらが、ある種の「破壊的」作用を働くために、「喪失」ないし「死」の体験が起こる。

(ただし、「イニシエーション」的性質の強いものの場合、これらの「存在」そのものが、「再生」をも「導く」場合も多いだろう。いずれにしても、「イニシエーション」の場合、それに対応するレベルにおいて、「再生」という新たな「水平的方向」が、始まるのである。)

そして、その根底には、「虚無」が控えている。「精霊的」または「宇宙的」存在の「破壊性」というのも、それは、根底の「虚無」を媒介する面があるからだ、とみることもできる。そして、ロバーツのいうような「自己喪失」では、その「根底」にある「虚無」が、いわば剥き出しに露わになる。「自己」はその根底そのものである「虚無」に「溶解」することで、「喪失」を遂げるのである。

「分裂病的」体験では、このような「垂直的方向」の、「破壊」ないし「喪失」の面のみが、強く現れ易い。つまり、「イニシエーション」の場合のような、「再生」という方向に至れない場合が、多いということである。

それは、先に見たように、多くの場合、「垂直的方向」の表層にあたる「捕食者」に、「捕まって」しまうためである。しかし、さらには、根底の「虚無」が、何かしら、「かいま見ら」れていることによる場合も、あると思われる。何らかの形で、「根源的」な「破壊性」に、触れてしまっているということである。

やはり、「分裂病的」体験は、もはや通常いう意味での、「再生」ということが、起こりにくい領域にまで、足を突っ込んでしまっているということなのである。

2010年3月 4日 (木)

「分裂病」と「アブダクション体験」

「分裂病(的)」体験というのも、「未知」の存在との「接触体験」の一つとすれば、それに似た体験というのは、他にも多くあり得ることになる。たとえば、これまでにもみて来たように、「シャーマン」の「精霊」による「イニシエーション」体験は、それと酷似する要素が多い。また、最近では、「宇宙人」による「アブダクション(誘拐)」体験とも、似たところが多い。あるいは、もう少し一般的な「一時的体験」(幻覚剤によるものや、偶発的な遭遇体験など)とも、いろいろ重なる部分がある。

「シャーマン」の「イニシエーション」体験との類似や相違については、既にかなり詳しく述べたので、ここでは、「宇宙人」による「アブダクション(誘拐)」体験との類似と相違について述べたい。

「未知」の「存在」と一口に言っても、あるいは、一応同じ「精霊」としてくくれるものとしても、さまざまに多様な「存在」があり得るので、その「接触体験」にも、さまざまな相違があってしかるべきである。しかし、「アブダクション」体験と「分裂病的」体験には、類似点もかなり多いのである。

それはまず、大枠として、どちらも予期しない、「未知の存在」との「接触」体験であり、全体が「恐怖」によって彩られている、という点に現れている。また、その「未知」の「存在」は、体験者に対して、概ね「虐待的」であり、「攻撃的」、「威圧的」であるという点も共通している。だから、結果として、体験者は、何らかの精神的混乱やトラウマを残すことになる。

しかし、その「接触」の状況や「虐待」のあり方には、大分相違があるのも事実である。「分裂病的」体験は、私は「人と人の間」といったが、そのような、少なくとも「みかけ」上、「人間」を巻き込む状況で起こる。だから、体験者本人は、「未知の存在」という認識を得るとは限らず、むしろ、「人間」がらみの出来事として、認識する場合も多い。実際、結果として、「人との関係」でややこしいトラブルを生じることも多い。

一方、「アブダクション」体験は、「未知の存在」によって「宇宙船」その他の場所へ連れて行かれるので、いわば「未知の存在」との、「閉じら」れた空間での個人的体験である。それで、それが「未知の存在」であるという面は、ほとんど明白な形で露わになるが、その分、人間との関係でのややこしい問題はあまり生じない。

「虐待」のあり方も、「分裂病的」体験は、より精神的、または暗示的で、明白性や直接性には欠けることが多い。ただし、その分「想像力」に訴えかける面が強く、「恐怖」もそれに応じて拡大する。また、執拗かつ継続的であり、四六時中、そのような「虐待」から逃れる術がない。だから、その「反応」も、精神的な「混乱」や「錯乱」が主要なものとなり、あるいは、そのような状態から逃れるべく、「妄想」的解釈というのが、防衛的に生じる。

一方、「アブダクション」体験は、 「虐待」のあり方も、身体実験など肉体的なものが多く、より直接的で、明白なものである。「恐怖」もより直接的で、明白なものとして生じる。ただ、それは、その都度の体験であって、数度にまたがることはあるにしても、四六時中継続されるという訳ではない。そこで、その「反応」も、(過去の体験に対する)「精神的トラウマ」といったものとなる。

このような相違については、一見、「分裂病的」体験と「アブダクション」体験とでは、その「未知」の「存在」そのものの性質の違いから生じるということに、帰されそうである。実際、「分裂病」体験では、「精霊」ないし「捕食者」が問題となり、「アブダクション」体験では「宇宙人」が問題となる。

状況としても、「分裂病的」体験は、「人と人の間」、すなわち、人間のすぐ間近の「霊的領域」で起こるのであり、それは「霊的存在」によるものといえる。「アブダクション」体験は、「宇宙」から来て、「宇宙船」のような物理的外見のあるものの中へ誘拐して起こるのであり、それは、「宇宙人」という物質的存在によるものという「みかけ」を有する。

それは、ある程度は、そのとおりといえる。しかし、この両者の違いというのは、また微妙なものでもある。

既にみたように、「分裂病的状況」でも、物理的現象と区別し難い「中間的現象」は起こるし、「物質化現象」そのものも起こり得る。逆に、「アブダクション」体験においても、物理的なものを貫通するなどの、「非物理的現象」は多く起こるし、みかけ上は、「物理的現実」そのものと見えても、実際には、「中間的現象」と解される場合も多いと解される。まさに、「マヨイガ」や「注文の多い料理店」の、「宇宙」バージョンなのである。

さらに、我々が、「精霊」や「捕食者」を「霊的存在」というのは、地球上では、肉体を持った「物理的存在」と「霊的存在」が、あるいは、それらの住む「物理的次元」と「霊的次元」が、一応とも厳然と区分けされるからである。つまり、我々人間が、「物理的存在」として「物理的次元」に住むことを意識するがゆえに、それに相対するものとして、「霊的次元」に住む「霊的存在」ということが、特に意識されるのである。

ところが、「宇宙全体」として、このような地球上の区分けが、有効あるいは現実的である保証はない。むしろ、「物理的次元」と「霊的次元」を包摂するような、ただ一つの「次元」と「存在形態」があるだけという場合も多いと考えられる。その場合には、「宇宙人」とは、「物理的存在」そのものではなく、また通常地球でいう意味の「霊的存在」とも異なることになる。しかし、そのような存在は、我々が、地球上で「物理的存在」であるというあり方からすれば、「物理的な次元を超えた」存在ということであり、むしろ、その限りで、「霊的存在」に近いものであることは、明らかのはずである。

さらに言えば、我々が「精霊」とか「捕食者」と呼んでいる存在も、元々は、そのような「宇宙的存在」だったものが、「地球」にいわば「適応」して、「霊的存在」として住み着いたという可能性もある。

このようにみてくると、「霊的存在」といい、「宇宙人」といっても、その区分けは、ほとんど曖昧とならざるを得ないのである。

ホイットリー・ストリーバーという作家は、自ら「アブダクション」体験を何度かし、その体験を詳細に本にしている(『コミュニオン』扶桑文庫)。そして、やはり、それらを「物理的」な意味の「宇宙人」と解するのは無意味であり、むしろ、広い意味の「異次元的存在」として、「精神」領域に侵入してくる「侵入者」と捉えている。また、それは、現代に特異的なことではなく、伝統的なシャーマンの「イニシエーション」などの延長上にあるものと受け止めている。「イニシエーション」というのは、「異質なもの」を受け止めて行くための、精神的試練ということである。

私も、ほぼストリーパーのいうとおりと思う。恐らく、「アブダクション」体験も、「宇宙人」の性質の違いによって、「イニシェーション」的要素の強いもの、あるいは、まさに「イニシエーション」そのものを意図されたものから、むしろ、「虐待」的、「捕食」的意図の強いものまで、さまざまあるものと思う。そうすると、前者は、「シャーマン」の「イニシエーション」体験に、後者は、「分裂病的」体験に、より近づく訳である。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントの投稿について

無料ブログはココログ