« 人の背後から現れ出ること | トップページ | 「恋愛妄想」 »

2009年6月14日 (日)

「なまはげ」の「鬼」

注)本文にもあるように、「なまはげの鬼」は「捕食者」を見事に集約的に伝えているので、今後も何度も出てきます。

これまでに、分裂病的状況に関して、何度か「なまはげ」の「鬼」に触れた。この行事には、本当に驚くほど、「捕食者」や「人間」に関する深い「事実」が、集約して伝えられていると思う。

これが、現在も「行事」として残っているのは、表面上は、単に「伝統芸能」の保存という意味合いなのだろう。(別に、現在の子供の「しつけ」に有効とみなされているわけでもなかろう。)しかし、そこには、やはり、何ほどかの「真実」が伝えられているという、無意識の直感が働いている、というのも確かと思われる。

そこで、もう一度、この点につき、いくらかまとめて、とりあげてみたい。

1 まずは、何と言っても、「鬼」が、子供を「脅し」、「威圧」する様相が、非常に「リアル」なことである。

これは、既にみたように、「分裂病的状況」で、「捕食者」が、「声」を通して、人を「脅し」たり、「威圧」するあり様と、驚くほどそっくりである。まるで、それを体験した者が、それを元にして、「鬼」の振る舞いを考え出したかのようである。(威圧的な「声」の調子や、有無を言わせず、突然「怒涛」のように襲いかかってくる感じなど)

しかし、本来は、やはり、行事のとおり、子供を「脅し」たり、「威圧」するというのが、原点なのだと思う。実際に、「捕食者」は、多くの子供を、このようにして、「襲う」ことがあるということである。

よく、子供の頃に、「鬼を見た」という人はいるし、私も、子供の頃から、いろいろ「捕食者」に「怖い目に」に会わされたことを思い出している。

ドンファンも、実は、「捕食者」というのは、誰にも「見えない」という訳ではなく、子供の頃には、一度は「目にした」可能性があるが、あまりに「怖い」ために、記憶から消されてしまったのだ、という。

これは、要するに、「捕食者」は、多くの者に、子供の頃、一度は、自分の「恐ろしさ」を、潜在的にでも、植え付けておく、ということである。それが、後々、人間に「影響」を与えるのに、力を及ぼすからである。

「なまはげ」には、様々な要素が含まれるにしても、まずは、「捕食者」の、「子供」に対するそのような行いが、原点として伝えられているもの、と考えられるのである。

2 次に、子供を「しつける」に当たっての、「親」との「共犯関係」が、見事に伝えられている点である。

「なまはげ」の「鬼」は、「悪い子はいねーか」、「泣く子はいねーか」などと言って、親の言うことを聞かない子を、諌める。「親」は、そのことが分かっていて、むしろ、「鬼」を丁重に迎え入れる。「親」は、「手に負えない」子供を、その「恐ろしさ」でもって、手なずけてくれる存在として、「鬼」を歓迎しているのである。もっと言えば、そこには、はっきりと、「共犯関係」がある。

結局、この「鬼」は、子供に「世間」の「恐ろしさ」を教える役目を果たしている。「世間」(とりあえず、それは、「親の言うことを聞く」ことから始まる)から「はみ出す」と、どのような目にあうか、目に物を見せている訳である。

「捕食者」は、単純に人の「敵」などではなく、「世間」を通して、人を支配し、管理する者である。そこから「はみ出る」ことは、「捕食者」にとっても、許し難いことである。だから、人は、子供の頃から、「世間」に従うよう、手なずけておくことが望ましい。その点は、自分に対して、柔順であることを強いる「親」と、完全に利害が一致している。そこで、「子供」に対しては、一種の「共犯関係」が成立する訳である。

実際に、「子供」は、「親」の背後に「鬼」を見るということも、また多いはずである。

また、「分裂病的状況」でも、やはり、「世間」と「捕食者」は、一種の「共犯関係」にあることが実感される。「分裂病者」は、まさに、「世間」からはみ出さんとする者である。だから、「世間」の側もまた、「捕食者」とともに、互いに「グル」になって、その者を「迫害」しようとするのである。

3 最後に、「世間」からはみ出す者を「食う」という、「捕食者」の本質が、示唆されていること。

「なまはげ」の「鬼」が子供を脅す言葉に、「耳を食ってしまうぞー」というのがある。「耳」という限定は、「かわい」くもあるが、元々あったのか、後から付け加えられたのか、分からない。

いずれにしても、この言葉は、「食う」という自らの本質を、はっきりと表している。これは、「世間」からはみ出す子供は、「食ってしまう」という、「脅し」ないし「警告」である。

「世間」の中で、柔順でいる限り、つまり、自らの支配・管理に服している限り、「捕食者」は特に構わない。「世間」を通して、全体として、「食糧」として吸い上げることができるからである。しかし、そこから、「はみ出す」者は、「個別」に「食ってしまう」という。

そして、そのようにして「食われる」者の実例が、「分裂病者」にほかならない。

そのようなことまでをも、この行事は、見事に含みこんで、伝えている。

このようなものを、単に、近代的な意味で、人が子供の「しつけ」のために、想像的に考えついたものに過ぎない、などと考えることはばかげている。

« 人の背後から現れ出ること | トップページ | 「恋愛妄想」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/51682152

この記事へのトラックバック一覧です: 「なまはげ」の「鬼」:

« 人の背後から現れ出ること | トップページ | 「恋愛妄想」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントの投稿について

無料ブログはココログ