« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

「精霊」の「破壊性」とは

「精霊」は、「世界観」や「自己」の「死」をもたらすだけの「破壊性」を有すると言った。その理由は、端的に言えば、次の二つに絞られると思う。

1 それ自体「力」に満ちた存在である。
2 人間の観念的な「枠組」、特に「善悪」の観念によっては捉え切れない。


これは、実際に、接触したときの率直な感想に即して、一言で言えば、「圧倒させる力をもった、<訳の分からない>存在」とでもなるだろう。

1の「力」の面は、これまでにも何度かみたきたが、実際の具体的な感覚として、いくつか例をあげてみる。

a(圧倒されるような)「威圧感」―「声」などを通して、直接それが感じられることもあるし、ただ、側にその存在を感じるだけで、それが滲み出ることもある。今も行われる行事で、この感じをよく伝えているものがある。それは、「まなはげ」の「鬼」である。

b(身体、心ともの)「侵食感」―身体または心の内部に侵入してくる感じである。身体的または心理的に、内部と外部の「境界」が侵される感じともいえる。実際、それに伴って、内部と外部の境界は全体として曖昧になり、「世界」そのものが、安定性を失うことにもなる。シャーマンの「イニシエーション」では、更にこのようなことが、極まった形で体験される。たとえば、身体が「バラバラ」に解体されるという体験をする。

c(心の底から)「見透す感じ」―bの「侵食感」とも重なるが、「声」の内容からしても、「振る舞い」からしても、心の底から、見通されているという感じがする。それは、特に「知られたくない」部分に関わるので、心の「秘部」を暴かれる、という感じになる。

e、(身体、心ともの)「被操作感(被支配感)」―これも、上にあげた他の様々の感覚と併行してこそ、起こるものといえるが、それまでにはあったはずの、「主体性」を剥奪され、操作(支配)されるという感じになる。

その他に、顕著なものとして、
f「幻覚的現象」の「創出力」。さらには、物理的、またはそれに近い次元での、(理解困難な)「現象創出力」。

それらも、我々の「知覚」そのものに、いわば「入り込む」ということで、我々の内部への、「侵食感」を強める。とともに、「知覚」を通して、外的な「世界」そのものが、「侵される」という感覚をも生み出す。つまり、単に「主観的」なものを超えて、「客観的」な「世界」そのものを巻き込んでいる、という強烈な実感を与えるのである。

さらに、次の2とも重なるが、接触を重ねるうちに、必ず感じられるはずの、
g「非人間性(人間的な感情、倫理が欠如した感じ)」。

これは、「未知」の感覚を強めるとともに、上にみたような「力」というものに、人間的な抑制がないこと、いわば、「力」そのものが、剥き出しに現れるといった感じを与える。

これらは、全体としてみると、要するに、「自己」という、それまで「外界」からは一応とも区別され、ある種の「殻」をもって保護されていたはずの領域に、「未知」の何者か(「精霊」)が侵入してくるということ。そして、そこを無遠慮に、「かき乱す」といったことである。それによって、「自己」という、それまで一応とも安定していた基盤は、大きく揺さぶられ、崩されるのである。

さらに、それは、そのような「自己」と互いに依存し合ってこそ存在し、安定していた、「世界」そのものをも、大きく揺さぶり、崩すことになるのである。

そして、そのようなことは、次の2の面によって、さらに加速される。

2の「精霊」が「観念的な<枠組>によっては捉え切れない」というのも、既に何度かみてきたとおりである。

それは、要するに、それを「何者か」として、それまでの既成の観念の「枠組」に収めとろうとしても、必ず、そこからはみ出る部分があるということである。それは、容易に、ある性質のものとして、「限定」または「規定」することができない。そういった、「多様さ」、「混沌としたもの」、「一貫性のなさ」などを示す。それは、当然ながら、「未知」のものなのだが、しかし、それは、「知る」ということによって、決して「既知」とはなり切らず、「未知」であり続けるところがあるのである。

それは、要するに、それまでの「世界観」の「枠組」には、収まらないことが明白である。だからこそ、それまでの「世界観」を、根底から脅かすのである。しかし、それと同時に、結局は、どんな「世界観」によっても、捉え切ることができない、ということをも示している。それは、「世界観」というものによって成り立っている、「世界」の根底そのものを、揺るがす面があるのである。

人間にとって、実際上、特に、そのような「捉え切れなさ」は、「善悪」の観念について現れる。我々は、実際、何らかの「未知」の存在と接触した場合に、まず、「敵か味方か」あるいは「善か悪か」という、2分法的な「発想」をする。それこそが、「自己」にとっての、最も大きな「利害」的関心だからである。

ところが、「精霊」というのは、このような2分法的な「分類」をしようとしても、決して、それに「落ち着く」ということがないのである。

あるいは、上に揚げたような「力」の面だけを表面的に捉えれば、それは「敵」であり、「悪」とみなすことに、躊躇する理由はないようでもある。実際、「分裂病的状況」での「接触」は、多くの場合、そのようにみなされ、だからこそ、それは「迫害」じみた内容となり、時に「悪魔」が登場したりする。確かに、そのように、「自己」を脅かす「敵」であり、「悪」とみなされるからこそ、「恐怖」が拡大するという面はある。

しかし、その場合でも、それは、決して、我々の「敵」とか「悪」とかの観念そのものに、適合するほど、「分かりやすい」ものではない。分裂病者の「妄想」が、一貫性がなく、矛盾と混乱に満ちているのも、実際には、それがそのような「枠組」には、とても収まり切らないからこそである。

むしろ、もし本当に、「敵」そのもの、「悪」そのものと容易に規定できるのであれば、そこには、ある種の「開き直り」や、「対処」の可能性もみえてくる。混乱や恐怖の程度も和らぎ、一過性のもので、済むはずなのである。

それは、たとえ「悪」とか「敵」という、好ましくない「観念」であっても、そのような「規定」ができるということ自体によって、生み出される効果である。「自己」が脅かされる状況であっても、というより、むしろそうである程、そのような「観念」づけができることこそが、ある種の「落ち着き」をもたらすのである。

典型的な「妄想」というのは、まさに、そのように、それをできるだけ、既成の「世界観」の枠組に収め込んで、「観念」づけようという、一種の「悪あがき」である。が、しかし、そこには、結局、それが本来的にもつ「訳の分からなさ」というものが、随所に顔を出して、隠せないものとなってしまう。そこに現れる混乱や矛盾は、自ら、そのような「観念」づけの、不可能なことを、告白しているようなものである。もはや、心の底では、どこかで、そのような「観念づけ」をはみ出す要素が、痛いほど、感知されているのである。

そして、まさに、そうしようとしても、決してうまくいかない、「精霊」の「混沌」そのもののような「捉え難さ」、「訳の分からなさ」こそが、本当の意味で、「恐怖」と「混乱」を生み出し、長引かせている、というべきなのである。

以上は、特に「破壊性」の強いと思われる、「捕食者」的な「精霊」を念頭においてみて来た。が、「精霊」一般について、もう少し少具体的にみてみよう。

「精霊」には、表面上、「力」というよりも、「愛嬌」とか、「和ませる」、「ユーモラス」などの性質をみせるものも多い。それらは、むしろ「敵」や「悪」などとはみなし難く、心を許せる「味方」のように思える。あるいは、「捕食者」的なものにしても、必ずしも、分かりやすく、「敵意」剥き出しに攻撃してくる訳ではなく、こちらの「欲望」にうまく引っかけるような形で、「誘惑」したり、それを「増長」させるものもいる。それらもまた、「自己」にとっては都合の良い、「味方」のようにみなされるだろう。

ところが、そういった「精霊」もまた、決して、一貫した「分かりやすい」存在ではない。必ずどこかで、そのような見方を裏切る、信じ難い面を見せることになる。つまり、それらも、どこかで、多かれ少なかれ、上に見たような、「力」の面や、「攻撃性」、「混沌」とした面を露わにして、「混乱」させることとなるのである。

結局、「精霊」一般についても、「味方または善」、「敵または悪」という2分法的発想は、とこかで通用しなくなる。結局は、そのような、2分法的「発想」そのものが、脅かされるのである。

実際、「精霊」とは、本来的に、そのような両義的な面を持つ、理解しがたい存在としか言いようがないのでもあろう。あるいは、我々が、そのどちらかの側面を、無理に押し付けようとするので、それが常に「裏切られる」ことになるのだ、という見方もできるかもしれない。が、どちらにしても、それは、結局、我々の2分法的発想に「収まり切らない」のである。

その点は、伝統的な文化においても、ある程度伝えられていたことである。たとえば、日本の文化においても、「精霊」あるいは「妖怪」や「神々」というのは、種々の「不思議な力」をもつ存在であると同時に、容易に、「善や悪」と規定できる存在ではなく、多様で、両義的、あるいは「シュール」な存在であったはずである。「カッパ」などは、その典型で、人や馬を水辺に引き込むなどの悪さをするかと思えば、人に簡単に捕まって、「詫び状」を入れたりの、「情けない」行動を取ったりする。不気味で、「恐ろしい」と同時に、憎めない、「ユーモラス」な存在である。

西洋でも、「妖精」というのは、人間に、様々な「いたずら」をするかと思えば、助けになったりもする、両義的な存在である。

2009年4月17日 (金)

「イニシエーション」としての側面

前に取り上げた「宇宙人」による虐待的な事件もそうだし、「分裂病的」な状況もそうだが、これらには表面上、明らかに「否定的」な側面がある。

「宇宙人」による虐待的な事件では、その恐怖やトラウマが、後遺症として残ることは多いだろうし、分裂病の場合は、その病状が後々まで尾を引くことが多いのは言うまでもない。

しかし、これも何度も述べたことだが、これらのことには、一方で、「イニシエーション」としての側面があるのも確かなことである。「イニシエーション」というのは、ここでは、一般的に、「広い」意味で受け取ってもらえばよい。

要するに、それは、これまでその者を規定していた「現実」とは異なる、「未知」または「新た」な「現実」に触れ、あるいは受け入れていくために、くぐり抜けなければならない「試練」というほどの意味である。

前回みたように、どんな文化であれ個人であれ、我々が日常的に抱えている「現実」や「世界」についての見方は、必ず、ある「限定」というか「枠組」を抱えている。それで、それに抵触したり、収まらないような「現実」に触れたり、襲われることは、それとの「葛藤」、あるいはそれが激しい場合には、「崩壊」という問題を引き起こす。そして、その過程では、混乱や抵抗など、様々な「否定的」な現れが生じる。その意味で、それらを乗り越えて、新たな「現実」を受け入れていくことには、必ず、一つの「試練」がつきまとうのである。

だから、前回見たような「異文化の衝撃」、あるいは普通に「カルチャーショック」というのも、ちょっとした「イニシエーション」にはなり得る訳である。かつて行われた、成人儀礼などは廃れたが、変わって今は、「海外旅行」などによる異文化の見聞が、一つの成人としての「イニシエーション」になっているようでもある。

しかし、実際には、一旦、身についた「現実」や「世界」についての「見方」や、「自己」としての「あり方」などは、容易なことでは覆るものではない。それが、文化によって、「集合的」に規定されている場合には、なおさらである。

つまり、実際には、「イニシエーション」というのは、必ずしも「成功」に終わるものではない。むしろ、全く、「イニシエーション」としての意味をなさなかったり、たとえ、それまでの「現実」の「崩壊」ということが起こったとしても、その否定的な現れだけが残るという意味で、「失敗」に終わる場合も多いのである

「イニシエーション」は、「死と再生」の過程といわれることもある。それは、それまでの「世界観」や「自己のあり方」の「崩壊」の側面を「死」として、新たな「現実」や「自己のあり方」の創造の面を、「再生」として捉えたものといえる。

だから、「イニシエーション」というのは、「死」の側面が十分に全うされて、それまでのあり方が根本的に変わる、ということと、「再生」の側面が果たされて、新たな「あり方」が創造される、という面の両面によって成り立っているといえる。そして、その「失敗」というのも、「死」の側面と「再生」の側面の両方にあり得ることになる。

「死」の側面についは、そもそも、「死」ということが、ほとんど起こらなかったり、様々な抵抗のために、十分に全うされないということが、考えられる。その場合は、そもそも、それまでの「自己のあり方」が「清算」されていない訳だから、新たな「あり方」の創造ということも、起こり得ないことになる。

「分裂病」の否定的な現れの多くは、実際、そのようなものといえる。これについては、それまでの自己又は世界の「崩壊」ということで、「死」の側面のみが起こり、「再生」の側面が起こらなかったもの、という捉え方もできるかもしれない。私も、かつては、そう捉えていたが、しかし、むしろ、実際には、上にみたように、「死」の側面がさまさまな抵抗や混乱のために、十分に全うされずに、滞ってしまったもの、とみた方がよさそうである。それは、「崩壊」とはいえても、旧来のものが「一掃」される、「死」とは言えない訳である。

それは、既にみたように、一旦、身についた「現実」や「世界」についての「見方」や、「自己」としての「あり方」などは、そう容易なことでは覆る(「死に切れる」)ものではないということである。後にみるように、それが、より根本的なレベルからの「イニシェーシュン」となるものほど、そのようなことは、起こり難いといえる。

また、それとは逆に、それなりに「死」の側面についてはなされたが、「再生」の側面について、むしろ、より問題のある「世界観」や「あり方」を植え付けられる、ということで、「失敗」とみなされるものもある。

たとえば、「軍隊」や「カルト」、あるいは一部「企業」などの「洗脳」があげられる。それらも、その者にそれまで身についた「見方」や「あり方」を、それなりのレベルでつき崩すとともに、新たな「見方」や「あり方」を植え付けていくものである。その過程で起こる「崩壊」も、広い意味の「イニシエーション」の一種と言ってよいし、実際に、そう呼ばれることもある。

ただ、その場合、新たな「見方」なるものは、結局は、それまでのものとは別の「世界観」というに過ぎず、そこでは、根本的な「変容」というよりも、一種の「取り替え」が起こっているに過ぎない。その場合、「死」の側面がなされたといっても、それは、やはり、そう深いレベルのものではあり得ない。そして、その新たに植え付けられた「世界観」や「あり方」が、より偏狭なもので、問題の多いものであれば、それも、やはり、そう遠からず、「崩壊」することになるに違いない。

これらのことは、、要するに、「イニシエーション」にも、深浅さまざまなレベルがあるということでもある。より根本的なレベルからの「死」と「再生」をもたらすものと、ある一部または一面において、「死」と「再生」をもたらすものということである。当然、前者のものほど、「成功」は起こりにくいものになる

たとえば、「未開社会」でも、「イニシエーション」には、誰もが「大人」になるために受ける「成人儀礼」としての「イニシエーション」と、特別の「シャーマン候補者」だけが受ける、シャーマンになるための「イニシエーション」がある。

前者は、「子供」としての「あり方」において「死」に、新たに「大人」としての「あり方」を身につけさせるものである。それは、根本的な「死」というよりも、一面における「死」を体験させるもの、または、一瞬における「死」をかいま見せるものといえる。

それに対して、後者は、もはや、一般の「人間」としては「死ぬ」ことを要求するもので、「精霊」により近い存在として、人間と関わりつつ、生きるためのものである。それは、より根源的なレベルでの変容をもたらす、「イニシエーション」といえる。そして、それには、「精霊」という存在が、大きく関わっている。

この場合、「精霊」には、「再生」の面、たとえば、「シャーマン」としての新たな「生き方」について、教えるという面もない訳ではないだろう。が、それは、主に、「死」をもたらす、「破壊力」に関わっている。それは、その者の、それまでの「世界観」や「自己」を、根底から解体してしまう「破壊力」を秘めているからこそ、「イニシエーション」の担い手になる、ということである。

初めに述べた、「宇宙人による虐待事件」や、「分裂病的状況」にも、多くの場合、この「精霊」が関わっていることは、何度か述べた。つまり、そのようなものは、「精霊」の強い破壊的な面の現れである、と同時に、それは、より根源的な「イニシエーション」にもなり得る、ということである。その破壊的な面も、ある特定の「見方」や、文化的な「世界観」に関わるというのではなく、シャーマンの場合と同様、ほとんど「人間」としての「あり方」の根本に関わるようなもの、といえる。

もちろん、それは、「成功」した場合のことで、そのようなものは、「失敗」の可能性も高く、その場合には、「破壊的」、「否定的」な現れも、より強烈になる。シャーマンの「イニシエーション」の場合も、恐らく、「失敗」の場合は、事実上、本当の「死」しか残されていないのと、同じである。

しかし、「精霊の破壊力」と言っても、このような「精霊」が、どのような意味で、「世界観」や「自己」の「死」をもたらすことになるのか、一般には、なかなか現実感をもって、受け止めにくいものだろう。そこで、次回は、この点をできるだけ具体的に、分かりやすく述べることにしたい。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントの投稿について

無料ブログはココログ