« 「世間」との「折り合い」 | トップページ | 日本で「魔女狩り」に相当する事件 »

2008年11月16日 (日)

「声」の「正体」-その幅または多重性

分裂病的状況で知覚される「幻覚」は、「声」であることが多い。そして、その「声」の尋常でない「内容」と、執拗な「攻撃性」によって、翻弄されるというのが、大体の者が(特に初期に)陥る状態と思われる。

だから、この「声とは何か」ということが分かれば、ほぼ分裂病の要点は「理解」できたも同然なのである。しかし、それが容易に適わないということこそが、分裂病の厄介さを物語っている。一般には、それは単なる「幻覚」に過ぎないと解されるのだろうが、そう解したところで、分裂病の問題が何ら分かりやすくなるわけではない。

この点については、これまで、私も様々に説明して来たが、必ずしも、一義的に、明解というわけにはいかなかったかもしれない。

たとえば、これまで、「声」の「正体」については、「捕食者」あるいは「捕食者的な精霊」、「その他の精霊」、「他の人間の内心の声」など、いくつかを挙げて来た。あるいは、場合によっては、「その者自身の内心の声」ということもあるかもしれない。

実際、分裂病者の聞く「声」は、このうちのどれかでなければならないということではなく、どれででもあり得る。あるいは、いくつかが重なる場合も考えられる。実際、それは、決して、単純に一義的なものではない。

しかし、これまで述べて来たことの一つの重要な視点は、「声」がいずれであるにしても、そこに「捕食者」の関与なくして、人が分裂病に陥るまでの「力」を発揮することは考えられない、ということである。必ずしも、「捕食者」そのものが、表に現れる訳ではないが、そこに、何らかの影響をみることができるということである。ただし、状況が進めば、「捕食者」そのものが前面に現れ出ることは考えられる。実際、私の場合は、そうだったのである。

そこで、「声」の「正体」については、あまり、表面的な現れに囚われることに意味はなく、何であれ、そこに「捕食者」の影響をみる、という視点を重視した方が、良いと思われる。そのように、「日常的」または「人間的」なものとは切り離したうえで、これまで述べて来たように、それに囚われることなく、「真に受け」たり、ことさら「恐れ」たりしないことである。もちろん、それには、その「声」を、通常の他者の「声」と区別することが、当然の前提になる。

ただ、それとの関係でも、先に挙げたもののうち、「他者の内心の声」というのは、やはり特別に注意を要する。また、これにはどうしても、「人間的」または「現実的」な意味で、囚われが生じ易く、誤った「妄想」の基になり易い。そこで、これについては、少し重点的に述べておきたい。

実際、特に初期の頃、「声」は、(現に目の前にする)「他者の声」として聞こえるということが多いはずである。それは、物理的な「声」と区別し難いほど、鮮明に響くが、しかし、もちろん、物理的な「声」そのものなのではない。ただし、実際に、それが、その者の「内心の声」である可能性は、十分にある。つまり、「内心の声」が、一種「テレパシー的」に、物理的な「声」と区別し難く、聞こえているということである。

分裂病的状況では、自己と外界の境界は薄まり、感受性が異常に高まることから、そのようなことはいくらでも起こり得る。

それにしても、その「声」は、もちろん、その者が意識的に発したものではない。さらに、「内心」といっても、本人自身も無意識であることが多く、それをその者に確かめることなどは、まずできない。実際、「声」は、異常な攻撃性や否定性、弱点を適格につく狡猾さなどに満ちており、通常人間が、容易に、意図して発し得るようなものではないはずである。それは、「内心」といっても、無意識における、独特の「力」の影響下に発されるもので、まさに、そこにこそ、「捕食者」等の関与の余地があるのである、

だから、「内心の声」といっても、それを、その者の「本心」ということで、一面的に、その者自身に帰してしまうことは、避けるべきである(それも確かに、「一面」の真実には違いないが)。そして、実際、そうすることで、通常はあり得ないはずの「妄想」が、築かれてしまうことにもなる。そのような「声」を、その者自身の「声」として、「そのまま」受け取れば、周りに「秘密」が漏れているとか、何かの「組織」に狙われているなどの解釈が、出て来ざるを得ないからである。

実際、それらの「声」は、どのような他者のものであっても、ある種、判で押したような「類似性」があり、また、互いに「つながり」を感じさせるもののはずである。そこには、ある種、「普遍的」、「非個人的」な「型」のようなものがあるということである。まさに、それが、聞く者に、「グルになって」とか「組織的」などという「実感」をもたらすのである。

これまで、そのような「心」を、カスタネダの師ドンファンの言葉を借りて、「外来の心」と呼んで来た。それは、その者の「心」には違いないが、「外」から来たものであり、「本来の心」とは区別されるということである。端的に言えば、それは、「捕食者」が我々を管理・支配する手段として、我々に与えた心ということである。先にみたような基本的な「型」は、「捕食者」から来るということであり、一種「捕食者の心」の「コピー」のようなものである。もちろん、具体的には、個人的な感情や思考により、彩りはされるにしてもである。

(あるいは、それは端的に、「エゴ」の実質であるともいえる。ただ、それは全く個人的なもののように思われがちだが、実際には、普遍的な「型」があるということである。また、それは、エックハルト・トールのいう「ペインボディ」としてみると、理解しやすいかもしれない。次回は、この点につき、述べてみたい。)

だから、そこには、その「型」の「大元」であり、実際に「つながり」を有する「捕食者」の影響は、いくらでも、入り込む余地がある。それにより、その攻撃性や狡猾さが拡大されたり、通常人間にはあり得ない「力」を発揮することが、可能になるのである。

つまり、「内心の声」といっても、それは、単純に、その者の個人的な「内心」のみに帰してしまうことはできない。そのような「声」は、一種の「幅」ないし「多重性」をもって受け取るべきということである。それは、結局、その者の個人的な「内心の声」から、「捕食者」の「声」そのものの間で、「幅」または「多重性」をもつのである。

「声」の「正体」=個人的な「内心の声」← →「捕食者」そのものの「声」

いずれにしても、「みかけ」に囚われて、「声」を他者の内心の「声」そのものとして受け取ることには、何の「益」もないと思われる。せいぜい、それに囚われることがないならば、「人間とはそういうものである」という認識を深めることにはなる、という程度である。むしろ、そこに入り込む「未知」の要素を率直に認めたうえで、それについて体験的に「学ん」だり、対処していくことを考える方が、現実的と思われる。

« 「世間」との「折り合い」 | トップページ | 日本で「魔女狩り」に相当する事件 »

精神医学」カテゴリの記事

コメント

ティエム様

声の背後にいる存在は、「捕食者」以外の可能性もあるのでしょうか?

私の場合、声(音)が出現したのは、集団ストーカー現象とほぼ同時期であったため、捕食者と何らかの関係があるのは間違ないのですが、記事にあるような攻撃的なニュアンスは含まれず、むしろ指導的なアドバイスに聴こえることが多いのです。

その内容は、日常のささいな事に関するものが多く、人間に例えるなら口うるさい母親のような存在でしょうか。また、読書中に考えを巡らせているような時には、正しい方向へと導く教師(?)のように振る舞うことなどもあります。といっても、人間味のようなものはあまり感じられず、日々淡々と、機械的に、私の思考に対してツッコミを入れてくる存在になります(その意図は、いまもって不明なままです)。

ここからは私の憶測になりますが、声で語りかけるものの狙いは、何かしらの支配的な力を通じて、その人間をある意図した方向へと誘導することにあり、必ずしも恐怖の感情を捕食することには限られない、という考え方もできそうです。それは私の場合だと、好意的なアドバイスを送ることで、声の主に対する依存心を生じさせる…、あるいは日常生活に目を向けさせることで、非日常の世界への過度な傾倒を止めさせる…といった方向への誘導になるでしょうか(捕食者にもバリエーションがある、という解釈もできそうですが)。

とにかく悪意がほとんど感じられないという点で、捕食者のイメージには一致せず、かなり捉えどころない存在といえます。

無害といえば無害なので、「気にしない」という選択もありますが、かれこれ1年以上も進展のない状況を打開する意味でも、この問題にそろそろ決着を付けねばと思っております。お悩み相談のような形となり恐縮ですが、声の背後にいる存在を含めたこうした状況について、簡単なご意見やご感想をいただければ嬉しく思いますm(_ _)m

なお、分裂病的な状況にない私のような者にとって、それは声や幻聴ではなく、物理的な生活音(サイン)として聴こえてきます。具体的には、次のようなかたちで現象化します。

・私の思考や行動に対して、YESまたはNOのサインを送ってくる
・水滴が落ちる音ならYES、機械の動作音ならNO
・サインは一方向的に送られてくる(こちらの質問には無回答)
・サインが人生面で役立ったことはほぼ無い
・何故か、パソコン系のトラブル時には役立つ助言をくれる
・サインではない単なる物理音の場合もある(晴れた日は特にうるさい…)

また、ひとつ気がかりなのが、私の体内から聴こえくる音(腹鳴)という現象があり、これがティエムさんが遭遇された「小悪魔」を何となく彷彿とさせます。ただ、いまのところ断定できるほどの根拠はないため、この先の変化を注意深く見守っていきたいと思います。

まず、「声」あるいは、おっしゃるような、何らかのサインのような形で人間に働きかけて来る存在は、「捕食者」には限らないし、必ずしも背後に「捕食者」が関わるというものでもないことを、はっきりしておきたいと思います。

例えば、霊能者やそうでなくとも、その素質のある人は、人間の霊であったり、自然の霊(精霊)の声をよく聴くでしょうし、最近多い、チャネラーは、宇宙人の声を聴くことが多いでしょう。それらの存在は、特に「捕食者」的ということはない存在であることが多いと思います。「捕食者」というのは、シュタイナー的に言えば、「アーリマン存在」として捉えていいもので、要するに、それらの存在のうち「アーリマン的な性向」をはっきりともった存在で、人間に対して、まさに「捕食者」の位置に立つ(人間の感情エネルギーを食す)存在です。

ところで、統合失調的な状況で、「声」という形で現れてくるものは、文字通り攻撃的、威圧的なものが多く、自己とははっきり区別された、「他者」のものということが明白に感じられる場合が多いのです。そして、それらの多くは、「捕食者」そのものではないにしても、背後に「捕食者」が関わつている場合が多いということです。表に現れている存在は、記事でも書いていますが、「他者のエレメンタル」(生霊)であったり、何らかの自然霊(精霊)的存在だったりします。

統合失調的な状況で聞く声も、誘惑するような感じで、必ずしも、明白に攻撃的、威圧的なものとは限らない場合もありますが、その場合でも、その声には、強烈な威力があり、それにほとんど操られるような感じになります。

要は、普通は、「捕食者」的な存在につきまとわれた場合には、少なくとも初めは、通常の状態でなどいられるものではなく、かなり激しく混乱せざるを得ないのです。周りも、見るからに何かに操られているような、異常な状態にあることをいやでも感じるというものになります。

従って、今回のメールを拝見する限り、アルマジラさんの場合には、少なくとも、「捕食者」的な存在が主導権を握っているような場合とは感じられません。何らかの形で関与するということは、(ある意味で、「捕食者」は常にそうしているとも言えるので)、言えることではあるのですが、特に「捕食者」を意識するという必要はないものと思います。

そして、これは、これまでにもコメントをして来る人によくあるのですが、私が統合失調的状況について書いた記事を、「解離」的な状況にある人が、自分の状況に照らし合わせて、受け止めてしまって、ある程度あてはまると思いつつ、自分の状況とはどこか違うような違和感も感じてしまうということが多くあるようです。

これは、私の推測ですが、恐らく、アルマジラさんの場合も、「統合失調」よりも、「解離」の方と多く関わっているのではないかと思われます。「解離」の場合は、「他者」の声よりも、「自己」から分離(解離)した人格の「声」を聴く、または、まさに「サイン」のようなものを受け取る場合が多く、それは、まさに、「悪意がほとんど感じられない」もの、言いかえると、「自分に近しいところがある」ものと感じられます。

シュタイナーも、このような「解離」というか、自己の「ドッペルゲンガー的」な存在について多くを述べていて、それは、「境域の守護霊」と言います。霊的には、現に表に現れている自分という存在は、全体としての「自己」の一部に過ぎないので、未だ現れざる「自己」の部分という捉え方もできます。(あるいは、自己のうちの、未熟な自己が霊的に実体化した存在でもあります。「境域の守護霊」には両面があるので、後に紹介する記事を読んでもらっても分かる通り、かなりややこしいのですが。)

私も、「境域の守護霊」は一連の体験で、自分の背後の存在として現れ出ていたので、記事の体験のところでも、「背後の存在」として出てきます。どのような働きをするかというのは、あまりにもさまざまな面があって、ある意味で、害を与える場合もあるので、一概には言えないのですが、基本的には、自分という存在を成長に導く存在と考えていいと思います。

アルマジラさんの場合も、自分に関わっている存在について、「捕食者」というよりも、この「境域の守護霊」の線でとらえるということをした方が、実際に適うという気がします。

あるいは、「境域の守護霊」というようなものではなく、いわば、捕食者的でない、中性的な霊的存在のただの「いだすら」というか、「ちょっかい」という可能性もありますが、一応、「境域の守護霊」という線については、考えてみることには意義があると思います。

とりあえず、今回は、そのような「基本的な理解の方向」のアドバイスのようなことしか述べられませんが、記事で、「解離」や「境域の守護霊」についてはかなり述べているので、それを参照にしてもらえばと思います。以下に、あげておきます。

解離について

『「解離」について』 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post-343d.html

『「解離性幻聴」との相違』 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/post-e7a3.html   など

境域の守護霊について

『「境域の守護霊」とは』 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post-2336.html

ブログ『オカルトの基本を学ぶ』の「境域の守護霊」に関する一連の記事
http://tiem-occult.seesaa.net/category/27442398-1.html

お返事のコメント有難うございます。
ご説明いただいた内容について、半日かけて熟考させていただきました…。

「解離」に関するご指摘については、(軽いショックを受けつつも)自身の体験に照らして合致する部分も多くあり、非常に説得力のあるものとして受け止めております。体験に関する記事は、ひと通り読んだつもりでいましたが、解離(精神医学)に関しては、どこか縁遠いものと感じていたため、自分の中で完全な盲点になっていたようです(説明のお手間を取らせて申し訳ありません…!)。

また、声の正体に関するヒントも、大変示唆に富むものでした。候補であった「捕食者」「悪戯」「境域の守護霊」は、いずれも該当しそうな特徴があるため、1つに特定できない歯がゆさがありましたが、「解離」という新たな視点を得たことで、ピント(焦点)が定まった感があります。以後は、本命である「境域の守護霊」というテーマに絞って、認識を深めていきたいと思います。

この度は、貴重なお時間を割いていただき、誠に有難うございましたm(_ _)m
ティエムさんのご考察は、その対象範囲の広さ、洞察の深さもさることながら、
願望に捉われない客観的な姿勢が、霊的なものを考える上で大変参考になっております。
今後とも、興味深く拝見させていただきます。

ありがとうございます。

一つ、補足すると、「解離」とは、必ずしも病理的なものではなく、自己の意識の一部が切り離されるということは、誰にも、普遍的に起こることであるし、「霊的な現象」の起こりやすい変性した意識状態も、「解離」の一つの現われと解されることを追加したいと思います。

また、記事でも述べました(『「実体的意識性」と「オルラ」http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-b854.html 、『実体的意識性-「捕食者」と「境域の守護霊」』 http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-4183.html)が、モーパッサンの怪奇小説『オルラ』は、自己の背後の「境域の守護霊」と解される存在を、「捕食者」的なものと解釈してしまったために、自ら自爆するように自滅してしまった例となります。

「境域の守護霊」は、とても悪戯好きで、たわいもない悪戯を好みますが、こちらとしては、よくわからない霊的な存在がなすものとして、恐怖をもよおすものがありますし、「底知れなさ」のようなものがあって、「捕食者」のような存在を投影してしまいやすいのです。その意味でも、あまり「捕食者」という存在にとらわれない方がいいと思いました。

いろいろと、不可解で、分かりにくい行動をとったり、現象を起こすこともありますが、基本「悪意」「害意」はないので、恐怖をもって接しなければ、精神的に大きな影響を受けることはないと思います。

私自身、「境域の守護霊」との関係は、現在進行中の問題ですが、基本、あまり意識しない、囚われないということで、関わっています。シュタイナーも言うように、境域の守護霊を自ら導くということも、成長のためには必要なことではあるのでしょうが、そのようなことも視野に入れつつ、あまりそれに拘らないのが、正解と感じています。

あくまで、参考のために申し添えます。

補足のコメントありがとうございます。

自分の精神状態をみても、解離によくある「多重人格」のような症状は特になかったため、前回のご指摘には少しばかりショックを受けましたが、今回、「誰にも、普遍的に起こること」というお言葉をいただいたことで、自分の中でかなり受け入れやすいものに変っております。心の不安を取り除いてくださり、ありがとうございました。
精神という領域において、正常と異常の区別に意味がないことは、頭では理解しているつもりだったのですが……、いざ自分の身に付きつけられると揺らいでしまうものなのですね(汗)。

ただ結果的には良い経験になったため、これを機会に、精神医学というテーマにも(先入観や偏見なしに)、少しずつ取り組んでいきたいと思っています。精神の本質を探ることは、自己の正しい認識や、霊的なものの理解を深めるうえでも、大きな意味があると感じています。

また、霊的な現象としてみた場合、自分の状況が「解離」に由来するものと判断することには、かなりの妥当性があることを改めてお伝えしておきます。たとえば、過去記事の『「解離」について』で取りあげられた「幽霊」の目撃や「体外離脱」は、まさに私の過去の体験そのものでした(この他にも、自分の声で語りかける存在など、思い当たること多数です)。

「境域の守護霊」につきましては、捕食者的なものを投影するのではなく、自己を映し出す鏡として接していく…という風に理解させていただきました。これまでは、サインという現象の意味のなさや退屈さに苛立つこともありましたが、それはある意味、自分自身の停滞した状況を反映していたのかもしれません。
これからは、守護霊(≒自己)の成長を楽しむような感覚で、焦らずゆっくり付き合っていきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「声」の「正体」-その幅または多重性:

« 「世間」との「折り合い」 | トップページ | 日本で「魔女狩り」に相当する事件 »

新設ページ

ブログパーツ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントの投稿について

質問の募集について

無料ブログはココログ