« 「虚無」・「闇」あるいは「無限」 | トップページ | 分裂病を通しての「超越」体験の例 »

2008年8月23日 (土)

「虚無」・「闇」との出会われ方-3種

前回、「虚無」の「実体的」な側面としての、「闇」との「接触」について述べた。

「虚無」については、日常性のある瞬間に「かいまみる」という形で、あるいは、間接的に感じ取るという形で、出会われることは、ままあることである。最も日常的には、ふとした瞬間に襲ってくる、「虚無感」というのも、そうである。

しかし、「実体」としての「闇」そのものと、直接、出会われるということは、かなり特殊な状況に限られる。それが、身体的な「接触」まで至るとなれば、なおさらである。「実体」としての「闇」ということが、これまでほとんど取り沙汰されることがなかったのも、そのためと思われる。

体験のところで述べたように、私の場合、この「闇」との「接触」は、「分裂病的状況」が極まって、いわば、行き着くところまで行ったところで起こった。「死」を受け入れたのは当然のこととして、もはや「自己」のみか、「宇宙」すら消滅するというぎりぎりの状況であった。恐らく、「闇」が、身体に「接触」するまでに迫るということは、この場合のように、自己(自我)の「破壊」が極まって、 極限的に「無」に近づくような状況でしか、行われないものと解される。

しかし、実は、それ以前にも、「接触」までは至らないが、この「闇」が、空間に漂うのを「見る」という体験をしたことがある。それは、その時点で、意識されたのではなくて、まさしく、分裂病的状況で、「思い出さ」れたのだが、やはり、「虚無」の実体的側面としての「闇」であることは、間違いないと思われる。

それは、学生のとき、先輩にこっぴどく(といっても直接的にではなく、かなり陰険なやり方で)「やられる」ことを通して、大きなショックを受けて、しばらく放心状態にあったときに起こった。それは、直接には、もちろん、人間に「やられた」のだが、しかし、その背後には、やはり、「補食者」がいたことを、はっきり「覚え」ている。それは、体育館でのことだったが、その時、その天井に「穴」が空き、そこに開いた空間に、巨大な「暗黒」の「実体」が、何か意志のようなものを帯びて、「漂う」のを、放心状態のさ中に「見た」のである。

(といっても、それは、無意識下に「抑圧」されて、意識的な記憶には残らなかった訳だが。そのように、「闇」と出会ってはいるが、意識的な知覚として残らないという例も、多いと思われる。)

いずれにしても、「闇」との出会いは、「自我」という自分の枠組みが、かなり根本から、揺さぶられ、「破壊」されようという瞬間に、起こっている。「虚無」が、実体的な「闇」として現れるのは、まさにそのような時と解されるのである

そして、私の場合、それは、いずれも、「補食者」による「攻撃」がらみであるのが、特徴的である。そして、この点でも、やはり、それを通して「無限」との出会いをなすことになった、カスタネダの場合と通じるものがある。つまり、「闇との出会い」ということに着目する限り、「補食者」の破壊作用は、そのための「媒介」のようなところがあるのである。

しかし、この時の、「破壊」は、「分裂病的状況」でのものに比べれば、まだまだ、根源的ではなく、日常性の中の、ほんの一エピソードのようなものとして、なされたに過ぎなかった。だから、「接触」ということには至らず、ただ、距離をおいて、「見る」ということに止まった。また、意識に残ることもなかったのだと思われる。

それに対して、「分裂病的状況」では、「自我」は徹底して、「破壊」に向けて、さらされ続けたということができる。もはや、「日常性」というものは崩壊し、ただ、すべてが、その「破壊」という一点に向けて、収束していった。それは、はっきり意識化されるものとなったし、自己の内部というだけでなく、「宇宙」という外的なものまで、含み込むものとなった。それで、その極限に、「闇」との「接触」ということが起こったものと解される。

このように、私の場合、これらは、「虚無」そのものというよりも、実体としての「闇」という面が、強く現れている。それに対して、もっと純粋に、「虚無」そのものと出会われたと解されるのが、バーナデッド・ロバーツの『自己喪失の体験』である

ロバーツのいう「虚無」も、まさに「実体」としての「闇」という面を濃厚に含んでいる。しかし、それは、もっと純粋に「虚無」そのもの、「虚無」の全体といったものを思わせる。恐らく、ロバーツの場合、「虚無」は、単に「自我」が、「破壊」される状況で出会われたというのではなく、(完成された)「自己」が、その極点において、そこに溶解するように、出会われているからである。それは、いわば、出会われ方が、「全面的」なのである。それで、「虚無」の側もまた、「全体」としての「顔」をみせている、ということがいえる。

そして、その過程は、全く意識的に、詳細なプロセスとして、明晰に述べられている。
それは、「虚無」との、最も純度の高い出会われ方の、貴重な例ということができる。

« 「虚無」・「闇」あるいは「無限」 | トップページ | 分裂病を通しての「超越」体験の例 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/51691289

この記事へのトラックバック一覧です: 「虚無」・「闇」との出会われ方-3種:

« 「虚無」・「闇」あるいは「無限」 | トップページ | 分裂病を通しての「超越」体験の例 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントの投稿について

無料ブログはココログ