« 「イニシエーション」と「分裂病」 | トップページ | 「つつぬけ」「さとられ」 »

2007年11月20日 (火)

『ぼくのイニシエーション体験』

マリドマ.P.ソメ著 『ぼくのイニシエーション体験』 (築地書館)

この本は、西アフリカのフランス領、ブルキナ=ファソのダガラという部族出身の著者が、自ら受けた、成人儀礼の「イニシエーション」の体験を、記述するものである。研究者が、聞き込みなどを通して、内容を記述するというものはあるだろうが、本人が自らの体験を綴ったものというのは、そうないはずである。その意味で、貴重なものといえる。

本来、このような「秘儀」は公開されるものではないが、その一部を、長老との協議のうえ、公開したということである。断片的で、全体がみえにくい部分もあるが、十分詳しく、その衝撃的な内容が伝えられている。

今や、このような部族の文化の存続自体が危ぶまれているから、文明世界の者に、そのいくらかでも、「理解」してもらおうという意図もあって、公開されたのだろう。

それにしても、その内容には、私も多くの衝撃を受けた。これは、一般に「成人儀礼」とよばれるもののイメージとは違って、形式的な要素は全くなく、非常に実質的で、深い「霊的体験」をさせるものである。成人儀礼というよりも、シャーマンの「イニシエーション」に近いものがある。あるいは、それらの、中間的なものといえるかもしれない。

そこには、近代人の常識からは、とても信じ難いこと、御伽噺や昔話の世界そのままの出来事が、当たり前のように展開されている。近代社会というよりも、「文明」そのものを、改めて問い直すだけのものがあるのである。人によっては、「彼らにとって、<大人>になるとは、<幻覚>を見ることを意味するのか」などと、揶揄したくなる者もいるだろうが。

期間は一カ月にも及び、種々の苦難や、試練、精霊的な存在との交流がなされる。著者は、部族の生れだが、西洋の宣教師に連れられて、15年間西洋文明の教育を受けたものなので、初めは、なかなか儀式に入り込めず、通過できない。が、自分の選んだ木と対面して、それから、何かを「受け取る」という試練で、木との「対話」を心掛けるようになったことから、やっと儀式を通過して行けるようになる。その儀式では、木が、何と「緑色の婦人」に変身して、著者に、さまざまな言葉を授けるのである。

その他にも、泉の底の世界に入って、精霊と交わったり、地下世界で、前世を知るなどの体験をする。また、土の中に体ごと生き埋めになるという、強烈な苦痛の体験をする。それは、本当に壮絶な「苦痛」のようで、成人儀礼に身体的苦痛はつきものとは言っても、改めて、「苦痛」の意味を考えさせられる。

それは、結局、余計な「思考」を遮断させる。「死」を間近なものとして、意識させる。意識の「解離」(変容)を導き、「霊的世界」との交流を起こりやすくさせる。といったことになるだろう。

実際、著者も、苦痛の限界で、「解離」(意識が身体から離れる)が起こって、苦痛をほとんど感じなくなり、その後、意識が霊的世界へと移行していく状況を、よく記している。

地下世界の前世の体験では、面白いものが出てくる。著者は、前世でも、ダガラの部族に生まれたことがあり、何とそこで、「精霊」を奥さんにもらったということである。その精霊から、鳥や動物に「変身」する術を教わって、術を競い合ったりしたという。そして、そのときの「精霊」が、著者は、「その世界のことを多く知ってしまったので、(人間世界の)どこに行っても、なじめないのだ」などと打ち明ける。

以上は、一部であり、公開されたのも一部に過ぎないのだが、要するに、この一連の体験は、通常の成人儀礼のように、単に「死後の世界」、「先祖の世界」をかいまみるといったレベルのものではないのが明白である。「先祖の世界」以外にも、種々の「精霊的世界」があって、人間(部族の者)と、交流をしていることを知ること。また、精霊から、自己にとっての、課題や指針となる言葉を授かること。自己の前世を知り、どのような目的でこの世に生まれて来たかを知ること、などを含むのである。

著者も言っているが、我々の予想以上に、「集団」主義的ではなく、深く「個人」主義的な面が強いのである。

さらには、そのように、多様な世界があることを知る一方で、自己と外界(自然)の霊的本質は、本来「光」として、同一であることを知るといった、「根源的」な体験も含まれている。これは、「神秘家」などの体験する宗教体験とも近いものである。

ただし、これらの多様な体験は、長老などの指導があるにしても、その時点で一気に「消化」し得るはずのものではない。それらは、その後「大人」として生きて行くうえで、解き明かすべき「課題」、あるいは、「内的指針」のようなものとして、暖めていくべきものということになろう

それにしても、このように、内容の濃いものが、成人儀礼として施され、それを超えた者が、初めて、一人前の「男」として認められる、というのはやはり驚きである。そして、当然ともいえるが、この儀式では、毎年何人かの犠牲者が出、今回も、4人の帰らぬ者が出たということである。(現在も、同じような形で執り行われているかは疑問である。)

このような儀式に、近いものとしては、ネイティブ・アメリカンの「ビジョン・クエスト」が浮かぶ。が、これは、むしろ、ドンファンがカスタネダに体験させようとした、多様な「非日常的」世界と、自己と外界の「霊的本質」を知る体験そのままといえるだろう。

また、そこには、これまで述べてきた、「分裂病的状況」とも、重なるものがあることも確かなのである。

著者は、祖父がメディスンマンで、子供の頃には、霊的なものとの接点も多くあったようだが、あくまで、西洋文明に学んだものとして、この儀式には、霊的には、ほとんど白紙(知らない)に近い状態で臨んでいる。(その点でも、カスタネダの場合と近い。)記述も、客観的で、我々にも分かりやすいものである。

だから、同じく、「未知」の状況に直面し、対処しなければならない、「分裂病的状況」にとっても、参考になる点が多いと思う。是非、一読を勧める。

« 「イニシエーション」と「分裂病」 | トップページ | 「つつぬけ」「さとられ」 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575359/51709225

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくのイニシエーション体験』:

« 「イニシエーション」と「分裂病」 | トップページ | 「つつぬけ」「さとられ」 »

新設ページ

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントの投稿について

無料ブログはココログ